クエストラン[コレスチラミン]、コレパイン[コレスチミド]など

小腸コレステロールトランスポーター阻害薬

コレステロールは、体内で合成されると同時に、食事としても小腸から吸収することによって蓄積されます。こちらのお薬は、食事由来のコレステロールの吸収を小腸で阻害します。
また、それに加え、体内の胆汁酸として排泄されようとしていたコレステロールの再吸収も阻害するため、結果的にコレステロールを低下させることができます。
副作用としては、便秘、腹痛などの胃腸症状があります。

主な小腸コレステロールトランスポーター阻害薬医薬品

ゼチーア[エゼチミブ]など

ニコチン酸誘導体

トコフェロールニコチン酸は、ビタミンE製剤とニコチン酸がくっついたお薬です。
脂質代謝を改善させる働きがあり、脂肪組織からトリグリセライド(=中性脂肪)の元になる物質を作らないように働き、血液中の中性脂肪を低下させる効果が期待できます。
また、末梢の血管を広げ、血液の流れを改善させる効果もあります。

主なニコチン酸誘導体医薬品

ユベラN[トコフェロールニコチン酸]など

プロプコール

コレステロールは、胆汁酸として消化管に排泄されます。
その胆汁酸の量を増やすことで、コレステロールの排泄を促し、血中のLDLコレステロール(=悪玉コレステロール)を低下させる効果があります。

主なプロプコール医薬品

ロレルコ[プロブコール]、シンレスタール[プロブコール]など

多価不飽和脂肪酸

魚の油成分に含まれる不飽和脂肪酸です。エパデールはイコサペント酸(EPA)、ロトリガは、イコサペント酸エチル(EPA-E)と、ドコサヘキサエン酸(DHA-E)を主にした複数の成分から作られています。
これらの成分には、トリグリセライド(=中性脂肪)を低下させる作用と、血液中の血小板の働きを抑え、血液が固まるのを防ぐ効果などが期待できます。
35 件