実は近年、デリーやムンバイなどの都会では、私たちとあまり変わらない感覚でバーやクラブへ飲みに行く若者も増え、国全体のアルコール消費量も右肩上がりの状況です。
ですが、地方や農村地域では事情が大きく変わってくるので、今回はその辺りも含めお話ししていきたいと思います。

インドで人気のお酒

インド産ビールと言えば、「キングフィッシャー」!日本のインド料理屋にも大体このビールが置いてあります。

※キングフィッシャー
また、ラム酒の製造も盛んで、一番有名なのはこの「オールド・モンク」。直訳すると「年老いた僧侶」ですね。

※オールドモンク

93%はウイスキーなどのスピリッツ系

インド人が実際どんなお酒を飲んでいるのかと言うと、2014年に行われたWHOの調査では、インドで消費されているアルコールの種類は93%がウイスキーなどのスピリッツ系、7%がビール、ワインは1%未満と圧倒的にスピリッツ系が多いと報告されています。
お値段はビール大瓶が200円前後、ウィスキーは安いもので650ml約500円、ワインだとボトルで1000円位です。(州によって酒税が異なるのであくまでも目安)

インドの酒屋の様子

酒屋の様子は州や地域によってもかなり違いがあるのですが、例えばヒンドゥー教の聖地バラナシではかなり分かりづらい場所にあり、鉄柵で囲われた店内に夜になると男性が酒を買いに押し寄せます。もちろん女性の姿は見かけず。インド人の友人と一緒でないと怖くていけない雰囲気です。
26 件