軽い症状でも早めの医療機関受診が大切

市販の咳止め薬はあくまでも病院に行く時間がない時などに臨時で購入し、症状が改善されないようでしたら、直ぐに医療機関を受診するようにしましょう。咳が続いている場合、感染症や他の病気が原因で咳が出ている可能性があります。

特に風邪と間違いやすい病気として、インフルエンザ、細菌性肺炎(肺炎球菌、マイコプラズマなどが原因)、気管支・細気管支炎(マイコプラズマ、クラミドフィラ、RSウイルスなどが原因)、喘息、結核などがあります。 その場合は、市販薬では効果がありませんので、早めに医療機関を受診し、治療を少しでも早くはじめることが大切です。

市販薬に含まれている咳止めの成分一覧

市販薬に含まれている咳止めの成分としては、主に去痰薬、麻薬性鎮咳薬、非麻薬性鎮咳薬や気管支拡張薬などがあります。

去痰薬

たんの切れをよくするお薬の成分になります。喉の奥に痰がつまっているような咳の症状に服用するお薬です。

 ・ブロムヘキシン塩酸塩
 ・カルボシステイン
 ・エチルシステイン塩酸塩
 ・グアイフェネシン
など。

麻薬性鎮咳薬

延髄にある咳中枢に作用し、咳を抑えます。主に、一般的な風邪薬や、乾いた咳などに効果を発揮します。麻薬というと驚くかもしれませんが、通常の量で服用する分には心配はいりません。

 ・コデインリン酸水和物
 ・ジヒドロコデインリン酸塩
など。

非麻薬性鎮咳薬

これも延髄にある咳中枢に作用し、咳を抑えます。麻薬ではなく、耐性や依存性、便秘などの副作用の心配がありません。

 ・デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
 ・チペピジンヒペンズ酸塩
 ・ノスカピン
など。

気管支拡張薬

気道が狭くなると、呼吸が苦しくなります。狭くなっている気管支を拡げることで、一部の咳を抑えることが可能です。喘息の治療などで昔用いられていましたが、最近は吸入薬の発達により内服治療はあまり行われていません。

 ・メトキシフェナミン塩酸塩
 ・メチルエフェドリン塩酸塩
 ・ジブロフィリン
 ・テオフィリン
など。
咳止めの市販薬には、今回説明したような成分が含まれており、お薬によっては、複数成分が入っているものもあります。ご自分の咳の症状をみて、それに合った市販薬を購入するのも手かもしれません。

ただし、安易な自己診断は重症化のもと。「何の咳だかよく分からないから市販の薬に走る」のではなく、気になるのであればしっかりと病院で診断をつけてもらいましょう。