◆目次◆

肩こりをヨガで解消!
●肩こりに効くポーズ
・まずはウォームアップ
・座位の鷲のポーズで肩甲骨を開く
・うさぎのポーズで眼精疲労も解消
・猫のねじりのポーズでダイレクトに凝りをほぐす
・鋤のポーズで血流を身体ごと改善

簡単!お風呂でできるケアで温浴効果UP

○おわりに

肩こりをヨガで解消!

有酸素運動でありストレス解消にも効果的なヨガのアーサナには、肩こり解消に効果のあるものがたくさんあります。代表的なポーズから見ていきましょう。

肩こりに効くポーズ

まずはウォームアップ

ヨガのレッスンを受けるとき、そのクラスにもよりますが、冒頭でウォームアップを兼ねたポーズや動きを行うことが多いと思います。このウォームアップは身体を動かす前に身体を少し温め、円滑に動きやすくしたりけがを防止する効果があるので欠かせません。
中でも首を回したり、肩を回したりする準備運動は肩周りの血流を促すのに効果的です。

首回し

首を回すときは下半身は安定させ、背骨を伸ばした状態で、頭頂で円を描くようにゆったりと回します。まずは顎を引いた状態から吸って後ろへ、吐いて前に戻る、というように、呼吸をつけて2〜3周回してみましょう。反対周りも同様に行います。

肩回し

次に肩を回します。両手の指先を肩の上に置いて、肘で円を描くように回します。吸って下から上、吐いて下ろす、というように呼吸を付けて、そして意識的に胸を開いたり閉じたりしながら、肩の付け根である肩甲骨から大きく回す事を心がけましょう。反対周りも同様に行います。

肩甲骨ストレッチ

戻ったら今度は胸の前で同じように指を組んで、吐きながら組んだ手を前に伸ばしながら腰と背骨を丸く後ろに引いていきましょう。
肩や首は余分な力を抜いて目線はおへそに落としていきます。頭の重みで首の後ろも自然に伸ばしながら肩甲骨を開いていきましょう。
息を吐くごとに拳は前に突き出して、それと引っ張り合うように背中は後ろに引きながら背中全体を広げるようなイメージで数呼吸繰り返し、吸う息でゆっくりとポーズを解放していきましょう。

肩や首がほぐれたら、今度は背骨全体も使いながら肩甲骨を大きく動かしてみましょう。
正座になり、まずは背中の後ろで掌同士を合わせて指を組んだ状態を作ります。息を吸いながら組んだ手を引き上げ、軽く顎も持ち上げ喉の前面を伸ばしながら胸を大きく開きましょう。
肩甲骨を背中の真ん中にグッと寄せて集めるようにイメージしながら数呼吸キープして、吐きながらゆっくりと戻ります。

42 件