夏バテとは

夏バテの原因

生活のポイント

今からの季節、夏になると体がだるくなったり、疲れが溜まりやすくなります。そうすると食欲の低下、睡眠不足になり、いわゆる「夏バテ」を招いてしまいます。
人は高温・多湿な状態では体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、体に負担がかかります。この状態が長引くと、体に溜まった熱を外に出すことができなくなり夏バテの症状がでてきます。夏バテを予防するためにどのような食事、生活をしたらよいかをご紹介します。

のどが渇く前にこまめに水分補給をし、しっかり睡眠をとりましょう

カフェインを含む飲み物は利尿作用があるので、カフェインを含まない水か麦茶がおすすめです。また、スポーツドリンクやジュースは糖分を多く含むので注意が必要です。冷たい飲み物ばかり飲むと、胃が冷えて夏バテしやすくなるため、温かい飲み物も飲むようにしましょう。
また、睡眠不足になると、疲れがとれず体力が落ちて夏バテしやすくなるため、しっかり眠れるような環境をつくることが大切です。人によって部屋の快適な温度は違いますが、環境省が推奨する夏の室内温度は28度といわれています。エアコンはつけっぱなしで寝るのではなく、寝る1時間前にエアコンをかけて冷やしておき、タイマーをかけるか切って寝ましょう。

夏バテ予防の食事のポイント

ビタミンB1をとりましょう

ビタミンB1は水に溶けやすいため、汗や尿から排出されます。夏場は他の季節と比べると汗が2~3倍多く排出されることや、アイスクリームなどの甘いものをとるとそれをエネルギーに変えるためにビタミンB1が消費され、不足しがちになります。ビタミンB1が不足すると疲労感や脱力感を生じ、胃腸の消化・吸収機能が低下し、食欲が低下してしまいます。意識してビタミンB1をとるようにしましょう。

ビタミンB1を効率よくとるために

ビタミンB1は一定以上とると体の外に排出する性質がありますが、アリシンと一緒にとることで吸収率がよくなります。ビタミンB1とアリシンを一緒にとるようにしましょう。

クエン酸をとりましょう

ビタミンB1が不足すると、疲労物質である乳酸がつくられます。乳酸を体の外に排出してくれるのがクエン酸です。

ビタミンCをとりましょう

夏場は暑さでストレスが溜まりやすくなります。ストレスが溜まると胃腸の働きを弱めたり、自律神経の不調につながり、夏バテが起こりやすくなります。ビタミンCはストレスを和らげるホルモンをつくる手助けをする働きがあります。

おすすめ一品料理

■豚ひき肉ときゅうりのドライカレー

■作り方■ 
①玉ねぎと赤パプリカは粗いみじん切りにする。きゅうりは0.5㎝幅の輪切りにし、塩もみ(分量外)をして、水気をしぼる。
②フライパンにオリーブ油、にんにく、しょうがを入れて熱し、香りがでてきたら豚ひき肉①の玉ねぎを炒め、塩、こしょうをふる。肉の色が変わったらカレー粉、濃口しょうゆを入れ炒める。
③②に①のきゅうりと赤パプリカを入れ、軽く炒める。
④器にごはんを盛り③をかける。
★ビタミンB1を多く含む豚肉と、ビタミンCを多く含むパプリカを使った1品です。にんにく、しょうが、カレー粉には食欲を増進させる効果があります。

■モロヘイヤと長いもの梅和え

■作り方■
①モロヘイヤは葉の部分を塩ゆで(分量外)し、水にさらす。水気をしぼってみじん切りにする。
②長いもは皮をむいて1㎝の輪切りにし、5分程度酢水(分量外)につけ、水気をきる。ビニール袋に入れ、すりこぎ等で軽くたたく。
③梅干は種をとり細かく刻む。青しそは千切りにする。
④ボウルに①、②、③とAを入れてよく和えて器に盛る。
★ビタミンCを多く含むモロヘイヤを使っています。モロヘイヤや長いもに含まれる粘り成分のムチンは、胃の粘膜を保護し、たんぱく質の吸収を助けるため、疲労を回復させる効果があります。オクラを入れてもおいしくいただけます。