夏バテとは

夏バテの原因

生活のポイント

今からの季節、夏になると体がだるくなったり、疲れが溜まりやすくなります。そうすると食欲の低下、睡眠不足になり、いわゆる「夏バテ」を招いてしまいます。
人は高温・多湿な状態では体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、体に負担がかかります。この状態が長引くと、体に溜まった熱を外に出すことができなくなり夏バテの症状がでてきます。夏バテを予防するためにどのような食事、生活をしたらよいかをご紹介します。

のどが渇く前にこまめに水分補給をし、しっかり睡眠をとりましょう

カフェインを含む飲み物は利尿作用があるので、カフェインを含まない水か麦茶がおすすめです。また、スポーツドリンクやジュースは糖分を多く含むので注意が必要です。冷たい飲み物ばかり飲むと、胃が冷えて夏バテしやすくなるため、温かい飲み物も飲むようにしましょう。
また、睡眠不足になると、疲れがとれず体力が落ちて夏バテしやすくなるため、しっかり眠れるような環境をつくることが大切です。人によって部屋の快適な温度は違いますが、環境省が推奨する夏の室内温度は28度といわれています。エアコンはつけっぱなしで寝るのではなく、寝る1時間前にエアコンをかけて冷やしておき、タイマーをかけるか切って寝ましょう。

夏バテ予防の食事のポイント

ビタミンB1をとりましょう

ビタミンB1は水に溶けやすいため、汗や尿から排出されます。夏場は他の季節と比べると汗が2~3倍多く排出されることや、アイスクリームなどの甘いものをとるとそれをエネルギーに変えるためにビタミンB1が消費され、不足しがちになります。ビタミンB1が不足すると疲労感や脱力感を生じ、胃腸の消化・吸収機能が低下し、食欲が低下してしまいます。意識してビタミンB1をとるようにしましょう。

ビタミンB1を効率よくとるために

ビタミンB1は一定以上とると体の外に排出する性質がありますが、アリシンと一緒にとることで吸収率がよくなります。ビタミンB1とアリシンを一緒にとるようにしましょう。

クエン酸をとりましょう

ビタミンB1が不足すると、疲労物質である乳酸がつくられます。乳酸を体の外に排出してくれるのがクエン酸です。

ビタミンCをとりましょう

25 件