喘息の薬「シムビコート」の成分と効果

まず、シムビコートには、2つの主成分が配合されており、1つのお薬で2つの効果を期待することができます。

■ホルモテロールフマル酸塩水和物

こちらは、気管支を拡張する働きをもつβ2刺激薬の成分になります。気管支に存在しているβ2受容体をお薬で刺激することで、気管支を拡げて空気を通りやすくし、咳を抑える働きをもちます。効果は長く続きませんが、今、生じている発作に対して効果があります。

こちらは持続的に作用を示す長時間型のβ2刺激薬になります。

■ブデソニド

こちらは、気管支の炎症をおさえるステロイド薬の成分になります。強い抗炎症作用をもち、吸入を続けることで、喘息の発作を起こりにくくします。主に、発作を予防するお薬になります。

ステロイドというと副作用を心配する方も多いですが、吸入なので直接気道にとどき(局所作用)、飲み薬と比較すると、含まれている量が非常に少ないため、全身への副作用のリスクはほとんどありません。

喘息の薬「シムビコート」の効能効果

添付文書上では、下記2点の記載になります。

◆気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
◆慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

シムビコートは、気管支の炎症を抑える効果と、気管支を拡張させ咳を抑える効果があるため、「気管支喘息」と「慢性閉塞性肺疾患」の治療に利用されます。

気管支拡張薬の副作用!喘息のお薬での注意症状をわかりやすく説明 | EPARKくすりの窓口コラム

気管支拡張薬の副作用!喘息のお薬での注意症状をわかりやすく説明 | EPARKくすりの窓口コラム
喘息の治療で主に使われる気管支を広げるお薬のことを“気管支拡張薬”と言います。気管支拡張薬は、飲み薬や吸入薬で処方されたり、咳止めの市販薬で薬局・ドラッグストアで購入することもできます。今回は、気管支拡張薬でも代表的な「β2受容体刺激...

喘息の薬「シムビコート」の副作用・注意点

シムビコートは、稀に副作用がでる可能性があります。ここで挙げているものは一例ですので、いつもと違うような気になる症状が出た場合は、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。

主な副作用

副作用としては、

・声がかすれる、喉がイガイガする
・筋けいれん
・手のふるえ
・動悸
・口腔咽頭の不快感
・口腔ガンジタ症(口の中に白いものができる)

などがあります。

その他の副作用

主な副作用の他にも下記の症状が出ることがあります。

■精神神経系症状
しびれ、頭痛等
■口腔・呼吸器症状
味覚症状、肺炎、気管支痙攣
■循環器系症状
頻脈、血圧上昇等
■消化器症状
吐き気等
■その他
過敏症(発疹、かゆみ等)、アナフィラキシー、血清カリウム値の低下等

が見られる場合があります。
30 件