早く効く薬って、いったい何?ポイントは吸収!

毎日パソコンに向かって仕事をしていると急に襲ってくる偏頭痛。
集中力もなくなるし、なにより気分が落ち込みます。

カバンから取り出して、ゴクッと頭痛薬を飲む。
頭痛薬を飲んでから痛みがなくなるまでの時間は、普段の何倍にも長く感じますね。

「薬を飲んでから効果がでるまでの時間を、できるだけ短くしたい」

そんな思いで研究者たちは日夜研究を繰り返しました。
その結果、昔と比べて早く効く薬が開発され、みなさんに届けられています。

さて、早く効く薬というのは何が変わったのでしょうか?
薬が効くために重要なのが、食道から体の中に取り込まれる過程です。
体の中に取り込まれるのが早ければ、効果がでるのも早くなりますからね。
薬が体の中に取り込まれることを、吸収とよんでいます。

では、吸収を早くするにはどうしたら良いのでしょう?
答えは水に溶けやすくするんです。
まとめると、水に溶けやすい→吸収が早い→早く効く となります。

早く効く(吸収が早い)薬を作るための3つの方法

今回は早く効く薬を作るために、研究者たちが発見した3つの方法を紹介します。
1つ目は、塩(えん)を作ること
2つ目は、結晶の形を変えること
3つ目は、非晶質を作ること
この3つの方法で、薬はより早く効くようになります。
それでは1つずつ、詳しく説明していきますね。

1.水と仲良くなるために、積極的に手を伸ばそう

最初に塩(えん)を作って水に溶けやすくする方法を説明します。
水に溶けるというのは、水に受け入れてもらうようなものです。
そして水は、いつでも手を伸ばして色々な物質と仲良くしようとしています。

けれども水に溶けにくい薬は、両手をポケットに入れてすました顔をしています。仲良くなろうと手を伸ばしている水を無視して、1人フヨフヨと浮いています。本当は仲良くなりたいのに。

このような薬でも水に手が伸ばせるようにするのが、「塩(えん)を作る」ということです。
例えば、ナトリウムイオンと一緒なら薬はイオンになって水分子と手をつなぐことができます。薬をナトリウムイオンや塩化物イオン、グルコン酸やリンゴ酸とくっつけて塩(えん)を作ると、水の中でイオン化し、水に溶けやすくなるのです。

親水性と疎水性

少し専門的な話をしますね。

水に溶けやすい性質のことを親水性といい、塩化ナトリウム(食塩)やグルコース(砂糖)が含まれるグループです。親水性のグループに含まれるものは、水の中で+や−に帯電(たいでん)する性質を持ちます。

逆に、水に溶けにくい性質のことを疎水性といい、油や多くの化学物質が含まれるグループです。疎水性のグループに含まれるものは、水の中でも帯電しません。

水分子自体も+や−に帯電しますので、+と−で引き寄せあう親水性グループと相性がいいんです。

塩(えん)を作ることで、疎水性の薬を親水性に変えることができます。
先ほど説明した通り、親水性グループと水は相性がいいので、親水性になった薬は水と手を取り合うことができるようになります。
26 件