マルツエキスの作用について

マルツエキスには、成分として、“麦芽糖”が60%以上含まれています。麦芽糖のゆるやかな発酵作用によって腸の活動を活発にし、便を排出させる作用があります。また、“カリウム”や“糖分”の栄養補給剤にもなります。作用が穏やかであるため、乳幼児にも用いることができます。

マルツエキスの飲み方

・1歳以上3歳未満 1回9-15g
・6ヶ月以上1歳未満 1回6-9g
・6ヶ月未満 1回3-6g

1日2-3回の服用になります。効果に個人差があるので、赤ちゃんによっては、少ない量でも効果が強く出てしまうこともあります。そのため、飲む量に幅はありますが、少ない量から様子を見ながら服用するようにしましょう。

マルツエキスは、水あめ状になっており甘く、乳幼児でも飲みやすいようにできています。また、白湯やミルクにも溶けやすく、溶かして飲ませることもできます。1歳未満の場合は白湯やミルクに溶かし、授乳前に飲ませるようにしましょう。

又、缶タイプとスティックタイプがあります。旅行や外出時など持ち運ぶ場合は、スティックタイプを選ぶと良いでしょう。1度分包したものは、開封口を折り返し、クリップなどでとめ、湿気のない涼しいところで保管し、2日以内には使用するようにしましょう。

マルツエキスの副作用について

医療用のマルツエキスの添付文書上にも副作用情報の記載はなく、副作用の心配はほとんどありません。便秘のお薬ですので、下痢を起こしたときは服用を止め、主治医や薬剤師に相談するようにしましょう。

マルツエキスの注意点

次に該当する方は服用前に主治医や薬剤師に相談するようにしましょう

・医師の治療を受けている乳幼児
・1ヶ月未満の乳児(新生児)
・激しい腹痛や嘔吐などがある乳幼児

赤ちゃんが便秘かどうかの判断ができない場合や、便秘が続く場合は、必ず医療機関を受診するようにしましょう。


赤ちゃんに使用できる便秘のお薬は少なく、その中でも、副作用の心配がなく使用できるマルツエキス。ぜひ、今回の記事を参考に正しい使用方法を守って飲んでいただければと思います。
10 件