食事回数は関係ない

「1日3食にしたほうが良いですか?」に関して言えば、実際は「何食でもよい」です。

1日に必要なエネルギーや栄養素が摂れているかどうかが重要なため、1日2食でも5食でも、人によって何食でもよいのです。

重要なのは、必要なものを食べることができているかどうかになります。

あくまで、ダイエットに関して言えば1日に必要な栄養素が摂取できて、それを代謝できるのであれば1日に何食というのは気にする必要はありません。

「朝食を抜くと昼まで空腹で仕事に集中できず間食をしてしまう」とか「朝食を抜くと空腹時間が長すぎて次の食事でドカ食いをしてしまう」などがある場合は、無理に2食にする必要もありませんし、3食でも良いのです。

頻回食にした方が良いケース

また、慢性的なタンパク質不足などで消化吸収能力が低下している場合は、1日4食以上に分けて頻回食にしてみるのも一つになります。

空腹状態でドカ食いをしてしまえば、血糖値が急激に上昇し、その後は大きく下がります。

習慣的にこの血糖値の乱高下が起こってしまうと、インスリン過剰分泌や機能性低血糖、副腎疲労の原因にもなり、太りやすく痩せづらい身体となり、心身ともに疲れやすくなることでイライラしてしまう原因にもなります。

よって、このような場合は朝食を摂ったほうが良いと言えるかもしれません。

朝食を摂るメリット

また、起床して30分前後が、腸の蠕動運動が最も活発的になるとも言われているため、「朝食を食べたほうが便通が良い」とか「朝食を抜くと便秘になりやすい気がする」という方なども、朝食を摂るメリットはあるかと思います。

しかし、朝食を抜くことで上記のようなことが全くない場合は、朝食を摂る必要は必ずしもあるわけではありません。

ここでは例として朝食を挙げましたが、朝食以外のどのタイミングでも同じことです。

このように個人の生活習慣やそれに伴って左右される食習慣、体感や体調などによって、食事回数は一人ひとり調整すれば何回でも問題ありません。

大切なのは食事内容

大切なのは食事回数ではなく「食事内容」です。

ベースとしては、一汁三菜から取り入れてみるのがやりやすいでしょう。

単品料理などに偏ってしまっている方は、注意が必要です。

まとめ

■必ず1日3食が良いということはない
■食事が単品になってしまっている場合は要注意
■食事が充実していない場合は何食であろうと健康に痩せることはできない