私(くすりの窓口の編集者)が「コミュニティデザイン」という言葉を知ったのは、先月のことでした。
くすりの窓口でコラムを執筆していただいている家庭医の田中公孝さんに「コミュニティデザインの第一人者である、山崎亮さんをお招きして講演会を開催するので、参加しませんか?」 とお声掛けいただいたのがきっかけです。

日本の介護を考える若者たち

田中さんは「HEISEI KAIGO LEADERS」というコミュニティの運営をされており、今回の講演もその活動の一環だということ。そもそも、失礼ながら「HEISEI KAIGO LEADERS」がどういった団体か分かっていなかったので調べてみると…
HEISEI KAIGO LEADERSとは
介護に志を持つ20代を中心とする若手世代が活躍できる環境づくりに取り組む団体。 超高齢社会を担う20代に向けてイベントの定期開催や教育プログラムの実施している。
この団体をたちあげたのは、秋本可愛さんという現在若干26歳の女性だということ。

HEISEI KAIGO LEADERS 発起人の秋本可愛さん
秋本可愛さん 専修大学在学中に起業サークル「For Success」で認知症予防を目的とするフリーペーパーを企画・編集・発行。デイサービスのアルバイトをする中で直面した問題に違和感を抱き、解決に向け大学卒業と同時に起業。
…世の中には志の高い若者がいるものですね。
あまりにも志が高かったので、少し落ち込みました。私は「誰かのためになる仕事がしたい」と真剣に考えたことはないな…と。その志の高さに惹かれると同時に、介護領域の方とはあまり接点がありませんでしたし、勉強のために講演会に参加させていただくことにしました。

コミュニティデザインって何?

ただし、ひとつ問題が。この「コミュニティデザイン」「山崎亮さん」について不勉強ながら全く存じ上げなかったのです。そこで事前に少しリサーチしたわけですが、そこで私が感じたのは、「コミュニティデザインって、これからの医療分野においても必要な概念なんじゃないかな?」ということです。これはますます参加しなければいけないと感じました。

これを読んでいる方の中には、私と同じように「コミュニティデザインって何?」という方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明しておきます。
コミュニティデザインとは
地域にある課題を地域の人たち自身が発見し、それを自分たちの手で解決していけるようサポートすること。人がつながる仕組みをデザインすること。
「地域のつながりを作り出すこと」がコミュニティデザインなんですね。
コミュニティデザイナーというのは、このコミュニティデザインを生業としている方のことです。

「コミュニティのつながりを作り出す」なんて、よそから来ていきなりできるものなのかな?という疑問を抱きつつ、講演会当日を迎えました。

コミュニティデザイナー山崎亮さん講演会開催

38 件