目次

・大きい筋肉を鍛えることがダイエットの秘訣!
>下半身は全身の筋肉の70%を占める
>股関節を動かして尻もも裏を引き締めよう
・オススメの下半身トレーニング3種目
>お尻ともも裏を引き締める種目「ヒップヒンジ」
>下半身全体を引き締める種目「スクワット」
>お尻の引き締め効果的な種目「スプリットスクワット」
・まとめ

大きい筋肉を鍛えることがダイエットの秘訣!

大きい筋肉を筋トレで破壊することにより、その大きい部位を修復する際に多くのカロリーを消費します。
大きい筋肉は、前もも、お尻、もも裏、背中、胸、肩、腕、腹筋の順番になります。
トレーニングではこの優先順位で種目を実践していくと良いでしょう。

下半身は全身の筋肉の70%を占める

先ほど説明しました通り、大きい筋肉を鍛えることがダイエットの秘訣です。
下半身は大まかに、前もも、お尻、もも裏、内ももで形成されています。
これらの筋肉の総体積は全身の筋肉の70%を占め、また下半身を鍛える動作で腹筋や腰背部や背中の筋肉も補助的に使われますので、下半身を鍛えることでほぼ全身の筋肉を鍛えることが出来ると言っても過言ではありません。

股関節を動かして尻もも裏を引き締めよう

よく、「下半身を鍛えると足が太くなってしまう!」という声を聞きますが、以下の2点の理由からその心配はいりません。

1.太くなってしまう原因は体脂肪にあります。

体脂肪は筋肉に比べて同じ重さでも体積が大きい(写真を参照)ので、体脂肪の割合が多いほど太くなります。
例えるならば、体脂肪は綿、筋肉は鉄のように同じ体重でも筋肉の割合が多いほど引き締まって見えます。

(写真は諏訪中央病院の病院祭のときに撮影したものです)
諏訪中央病院ホームぺージ:http://www.suwachuo.jp/

2.特定の筋肉ばかりを使ってしまう。

柔軟性に支障があると特定の筋肉ばかりを使用するので、異様に発達したり張ったりします。
日常生活において満遍なく筋肉を使って動作することが理想的ですが、例えば、もも裏の筋肉が硬い人は股関節が上手く動作せずに膝関節手動の動きとなってしまい、お尻やもも裏の筋肉を使えずに、前ももの筋肉ばかり使ってしまうので足が太くなってしまいます。
そのような場合はトレーニングとストレッチを平行して実施すると良いでしょう。

今回はトレーニングだけでなくストレッチ要素を加えたトレーニング方法を紹介します。

オススメの下半身トレーニング3種目

沢山の種目を紹介したいところですが、私の経験上と心理学的に人間は3つ以上の事を実施しようとすると億劫になってしまいトレーニングが続かなくなってしまいます。
ですので、今回は優先順位の高い、効果的な下半身トレーニング3種目を紹介します。

動作回数は10-15回、間の休憩は60-90秒挟んでそれを3セット実施していきましょう。
回数や休憩時間は自身の体力やその日の体調を考慮し目標設定して実施していきましょう。
週に1-2回の頻度で実施できると効果的です!
38 件