今回は、世界の栄養不良問題と、私がインドで実際に感じている食と栄養摂取の状況をお伝えしていきます。

発展途上国で不足しがちな栄養素

栄養不良と言えば、あばらが浮き出るほど痩せ細り、お腹だけ出ているアフリカやアジアの子どもを連想する方が多いと思います。

では、その原因は何なのでしょう。栄養不良は食べる量が少ない事が原因で起こると思われがちですが、ただ単に量だけではなく、生きるために必要な栄養素が不足している事で深刻な問題となるのです。

発展途上国の栄養不良問題

発展途上国では、主に以下の栄養素の不足が問題となっています。

エネルギー

飢饉、紛争、貧困などで食べ物自体の摂取量が少なくなり、十分なカロリーが摂取できなくなると、エネルギー不足により体重が減少して全身衰弱、筋萎縮などが起こります。

たんぱく質

十分な食べ物とカロリーが摂取できていても、体を作るのに必要なたんぱく質が不足すると、発育障害や浮腫、肝臓の肥大化などが起こります。たんぱく質不足による栄養不良では、お腹が大きく膨れ体重減少はあまり認められないのが特徴です。

ビタミン、ミネラル

ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素の不足も、健康に重大な影響を及ぼします。発展途上国で特に多く見られるのが、ビタミンA、ヨウ素、鉄分の不足です。

ビタミンAが不足すると免疫力が低下し、感染症や下痢になりやすくなります。また、子どもが失明する一番の原因にもなっています。

妊娠中のお母さんがヨウ素を十分に摂取できないと、知的障害を持った子どもが産まれやすくなります。ヨウ素は主に海藻類から摂取できる栄養素なので、海藻を食べる習慣がない国では、市販の塩にヨウ素を添加するなどして不足を補っています。

鉄分の不足は女性と子どもに多く見られ、貧血や心身の発育障害を引き起こします。

栄養不良の深刻な問題点

必要な栄養素が不足して全身衰弱や免疫力低下が起こることにより、感染症にかかりやすくなり、風邪や下痢などの軽い病気が重症化しやすくなります。その結果、障害が残ってしまうことや、最悪の場合命を落としてしまうことがあります。
31 件