目次:レンドルミンとマイスリーの違い

・レンドルミンとマイスリーの名前の由来
・レンドルミン、マイスリーの成分と作用の違い
・向精神薬の処方日数の制限について
・レンドルミンとマイスリーの価格の違い(2016.12時点)
・レンドルミンとマイスリーの副作用の違い

レンドルミンとマイスリーの名前の由来

余談ですが、レンドルミンとマイスリーという名前には、面白い由来があります。

マイスリーは、「MY SLEEP(私の睡眠)」のPをとって、マイスリーと命名。
レンドルミンは、フランス語で眠りにつくことを意味する「l’endormir」に由来します。

不眠症について

ひとくちに、眠れないと言っても、不眠症はいくつかのタイプに分かれます。
入眠障害・・・寝つきが悪く、眠るまでに時間がかかる
中途覚醒・・・途中で目が覚めてしまい、眠れなくなる
早朝覚醒・・・朝早くに目が覚めてしまう
熟眠障害・・・眠りが浅く、熟睡した感じが得られない

環境、心理的、身体的、生活習慣など不眠症の原因は様々です。まずは、お薬に頼るのではなく、不眠症の原因を取り除くことによって、改善させることが大切になります。

どのタイプの不眠症であるかによって、治療法やお薬は変わってきます。

今回は、レンドルミンとマイスリーの特徴について解説していきます。

レンドルミン、マイスリーの成分と作用の違い

睡眠剤のタイプについて

多くの睡眠剤が販売されていますが、代表的な睡眠剤として、「ベンゾジアゼピン系薬」と「非ベンゾジアゼピン系薬」とよばれるタイプの睡眠剤があります。

脳の活動を抑える体内物質として「GABA(γ-アミノ酪酸)」とよばれる脳内神経伝達物質があります。これらのお薬は、脳内の「ベンゾジアゼピン受容体」とよばれる部位に作用し、GABAの作用を強めることによって、脳の活動を抑え、強制的に眠気を催す作用をもたらします。
ベンゾジアゼピン系薬と、非ベンゾジアゼピン系薬では化学構造が違いますが、似た作用機序によって効果を示します。

参考

■代表的なベンゾジアゼピン系薬
・超短時間型・・・ハルシオン
・短時間型・・・レンドルミン、リスミーなど
・中時間型・・・ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、ユーロジンなど
・長時間型・・・ドラール、ダルメートなど
■代表的な非ベンゾジアゼピン系薬
・超短時間型・・・マイスリー、アモバン、ルネスタなど

レンドルミンの成分と作用

レンドルミンの成分は、「ブロチゾラム」です。
レンドルミンは、ベンゾジアゼピン系薬の短時間型タイプに分類される睡眠剤です。
健康な成人の場合、催眠作用は15〜30分で発現し、約1〜1.5時間で最高血中濃度に達し、7〜8時間(半減期)で効果が消失していきます。一般的に作用時間が長いと、翌朝起きたときに、ぼーっとしたり、眠気や不快感を感じることがあります。

レンドルミンは、短時間型タイプで、寝つきが悪くて眠れない入眠障害の方に用いられます。又、持続時間が若干長いことから、夜中に目が覚めてしまうような中途覚醒の方や眠りが浅い熟眠障害の方などにも用いられることがあります。

一般的には、1回0.25mgを就寝前に服用します。
年齢や症状に応じて適宜増減されます。

マイスリーの成分と作用

33 件