透析を始めて、やっぱり「体重管理」でしくじりました。心配していた通り糖尿の時と全く一緒で、最初は張り切って頑張るんですが、自己採点で段々緩くなる…。

自炊のために買った「台所用品」が寂しそうだもの。ただね、透析の場合は「週3回」必ず「体重」を計るので、ちょっとでも「暴飲・暴食」すればあっという間に結果が出てしまうんですよ。

増えてもいいのは
1日空き 体重の3%
2日空き 体重の5%
この範囲だったら「優良患者」な訳です。

うちは徐水量のMAXが「時間1kg」なので、どう頑張っても「5kg以上」は引けません。「そんなに体重って増えるもんなの?」と思う方。ボクの最高増え幅は「6.7kg」と言うのが記録です。5時間除水したら、間違いなく血圧が下がるので、4時間半で「2.2kg」お持ち帰り…。

確か「クリスマスからのお正月」の期間だったように記憶しております。さすがにその時は、色んなベッドから「◯◯さん、こんなに増えて…」と言う看護師さんの「呆れた声」が聞こえてきました(笑)やっぱ、この時期は皆んな増えちゃうんですよ…。

この時期に一番厄介だったのが「外転神経麻痺」と「飛蚊症」両方とも眼の症状です。前にも書きましたが「外転神経麻痺」は、眼球を制御する神経が正常に働かず、両目で見ると「焦点がズレる」と言う症状。「飛蚊症」は読んで字のごとく、目の前を「蚊」が飛んでいる様な、小さな「糸くず」の様なものが目の前をウニウニと動く。外転神経麻痺は、一度車を運転している時に出てしまい、センターラインが2本に見えて、とっても怖かったのを覚えている。

「片目で運転すれば…」確かにセンターラインは1本になるんだけど、距離感が全然分からない…。そっちの方が怖かった。

確か仕事で高速をロングドライブだったんだけど、サービスエリアに入ってしばらく眼を休めたら、症状が治まった。疲れると出やすいのかな…。

もう一つあった!眼球の半分くらいを「海苔」が張り付いた様に真っ黒になることがある。右半分だったり下半分だったり…。今の所運転中に出た事はないけど、これが出たら、もう車止めるしかないだろうね…。どうやら僕の場合は糖尿の症状が「眼に出やすい」のかもしれません。確かT医大のある先生に「腎臓なら透析ができるけど、眼に出たらもう何ともしようがありませんよ…」そう言われていたっけ…。結局はその頃から「不良患者」だったんだね(笑)

今回は「目」について書きましたが、次回はある舞台で自分の身に起きた驚愕の出来事を書きます。

乞う!ご期待!