乳酸菌とは、乳酸を作り出す細菌の総称です。乳酸を生産することで腸内を弱酸性に保ち、腸に程よい刺激を与えて便を押し流す「蠕動運動」を活発にします。ビフィズス菌は、乳酸の産生量が少なく、酢酸など乳酸以外も生産する菌です。

乳酸菌、ビフィズス菌を含む整腸剤の種類と特徴

【ビフィズス菌製剤】

ビオフェルミン錠(ビフィズス菌)

ビフィズス菌が腸内バランスを整え、乳酸と酢酸を産生します。酢酸は殺菌作用があるため、病原菌などの産生を抑えます。

ラックビー微粒N・錠(ビフィズス菌ロンガム種)

ビフィズス菌の中でも酸に強い種類の菌で、生きて腸に届きやすいと言われています。

ビオスミン散(ラクトミン+ビフィズス菌)

大腸で働くビフィズス菌に小腸で働く乳酸菌を加えることで、より広い範囲で効果を発揮します。さらに増殖力もアップします。

【乳酸菌製剤】

ミヤBM細粒・錠(酪酸菌)

自分自身を守る殻を持つ菌で、消化液の影響をほとんど受けずに腸に届き、その後腸内で整腸作用を示します。病原菌などの生成を抑え、抗生物質を一緒に服用しても死滅しにくいという特徴があります。

ビオフェルミン配合散(ラクトミン+糖化菌)

腸内で増殖して乳酸を作り出します。糖化菌が腸内の炭水化物を分解して、乳酸菌のエサとなる糖を作り出し乳酸菌の成長を助けます。

ビオスリー配合散・配合錠(ラクトミン+酪酸菌+糖化菌)

20 件