原因

はっきりとは解明されていませんが、頭の中の血管が広がり炎症を起こすことで起こると考えられています。ストレスや疲労の他、女性に多いことから女性ホルモンが何らかの形で関わっていると見られています。

主な症状

ズキズキと脈打つような強い痛みで、光や音に敏感になったり吐き気などを伴うこともあります。また、頭や体を動かすと、頭に響いてさらにひどくなる傾向があります。
頭痛の前兆として、視野の中に光が表れる人もいます。しかし、痛みがおさま
ると健康な人と全く同じように生活や行動ができ、片頭痛自体が命にかかわる
ことはありません。

対策1:生活での対処法

頭痛が起きている時は、血管を広げてしまう入浴や運動、マッサージなどは厳禁です。
痛む部分を冷やし、静かな部屋で休むことがおすすめです。できれば横になりましょう。
また、我慢できないほど症状がひどい場合は、かかりつけ医や専門医に相談しましょう。

対策2:食べ物の上手な選び方

片頭痛を起こしにくくする栄養素として、マグネシウム、ビタミンB2などが知られています。積極的に摂取すると、片頭痛の頻度を減らす効果があるとされています。

マグネシウム

マグネシウムは、血管の行き過ぎた拡張を予防し、片頭痛の原因である、急激な血管収縮を抑える働きをします。また、血管を広げて血圧を下げたりする働きもあります。

多く含む食品

大豆製品、ごま、ナッツ類、玄米、海藻類、緑黄色野菜など

ビタミンB2

体内で過酸化脂質を分解する働きがあるため、毛細血管の流れがスムーズになり、脳へ酸素や栄養が供給できます。これにより頭痛が改善されます。
41 件