サインバルタの有効成分は「デュロキセチン」

サインバルタの有効成分は「デュロキセチン」です (1)。

数多く存在するうつ病治療の中で「セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 (SNRI)」に分類される薬で、脳の神経伝達物質(脳の神経細胞同士の情報のやり取りに必要な物質)である「セロトニン」と「ノルアドレナリン」を増やすことにより、うつ病を改善させていく薬です。

うつ病を改善させる効果を持つ「サインバルタ(デュロキセチン)」の作用メカニズム

神経伝達物質の働きについて

脳をはじめとした神経は、「ニューロン (神経細胞)」という細胞が集まってできていことをご存知でしょうか?
私たちが味を感じたり、音を聞くことが出来ているのは、外部から受け取った様々な刺激や情報が電気信号として、このニューロンを伝って脳に届けられているからなのです。

ニューロン(神経細胞)は、鉄道の線路のように、いくつも連結され、1本の神経を作り上げています。そして、連結している2つのニューロンは、ピッタリくっついているわけではなく、少し隙間があいて繋がっています。この隙間のことを「シナプス」と呼びます。

神経を伝わっていく電気信号は、ニューロンから次のニューロンへと、バケツリレーのように伝えられていきます。しかし、ニューロン同士の間にはシナプスという隙間があるので、直接電気信号を伝えることができません。

そこで、電気信号を次のニューロンに伝えるために、ニューロンの末端から化学物質をシナプス内に放出します。
このニューロン末端から放出される化学物質を「神経伝達物質」と呼びます。先ほど紹介した、セロトニンやノルアドレナリンは、精神活動や気分のバランスを担う神経伝達物質です。

ニューロンからシナプス内に放出された神経伝達物質が、次のニューロンに届くことで、電気信号が伝達されていきます。つまり、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質は、神経の電気信号を伝える橋渡しの役目を担っているのです。
わかりやすく例えると、神経伝達物質は、ニューロンからニューロンへと情報を伝える手紙のような存在といえます。

うつ病では神経伝達物質に変化が生じている?

うつ病では、脳の働きに変化が生じていることは御存知でしょうか?

数々の研究により、うつ病の人の脳内では、先ほど紹介したセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質に変化が生じていることが分かってきました。

もっとも古い学説では、脳においてこうした神経伝達物質の量が減ることがうつ病の原因ではないかとされていました (2)。神経伝達物質の量が減るということは、ニューロン同士でやり取りをする際の手紙の数が減ることを意味します。
手紙が減ると、受け取れる情報が減ります。それと同じで、脳に伝達できる電気信号が減ってしまいます。
つまり、神経伝達物質の減少が電気信号の減少に繋がり、電気信号の減少がうつ病における気分の変化などを起こすと考えられていました。

しかし、後の研究により、どうもこれだけでは説明がつかないことが明らかになりました。そこで、後に台頭してきたのは次のような仮説です。

先ほど、神経伝達物質を手紙に例えましたが、これを受けとる側のニューロンには、専用の受け取り窓口、つまりポストのようなものがあります。これを「レセプター」と呼ぶのですが、うつ病ではレセプターのはたらきが過剰になっており、これが症状に関係するというものです。
つまり、神経伝達物質という手紙を受け取るポストの役割を果たす、レセプターが頑張り過ぎていることがうつ病の原因の一部ではないか、というのが新しい仮説です。

まとめると、うつ病では、脳内の「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの神経伝達物質の量が減っており、ニューロンにしてみれば、情報を伝えてくれる手紙の量が減ったので、神経伝達物質を受け取るレセプターの働きを活発にして、近くに手紙がやってきたら、無理をしてでもこれをポスト(レセプター)中に入れさせようとしている状況が起こっているといえます。

サインバルタ(デュロキセチン)は、シナプスの神経伝達物質量を増やす

さて、ではなぜサインバルタ(デュロキセチン)がうつ病に効果があるのか、という本題に入っていきましょう。

レセプターのはたらきがおかしくなったのは、もとをただせばシナプスにおける神経伝達物質(手紙)の量が減ったことが原因でした。だからこそ、少しの伝達物質も逃すまい、とレセプター(ポスト)は過剰に意気込む必要があるわけです。

この状況を解決するには、当然ながらシナプスの神経伝達物質の量を増やしてやればよいことになります。「じゃあ、神経伝達物質を薬にすればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、残念ながら神経伝達物質そのものを口から飲んでも、脳に届くことはないので、これは解決策になりません。

では、どうするか。実は、シナプスに放出された神経伝達物質は、すべてが次のニューロンのレセプターに受け取られるわけではありません。その一部は、放出された元のニューロンに回収されてしまいます。

これを手紙で例えるなら、手紙を郵便ポストに入れたのに (=シナプスに神経伝達物質が放出されたのに)、宛先に届かずそのまま送り主に返送されるようなものです。郵便においては、宛先の住所を間違えたり、切手を貼り忘れたときにこうなりますが、神経伝達物質では、特別な原因がなくても、一定の確率でこうしたことが起こります。
このように、神経伝達物質が次のニューロンに届かず、元のニューロンに回収される現象を「再取り込み」と呼びます。これが起こると、手紙が届かないのと同じで、次のニューロンに情報が伝わりにくくなります。もちろん、再取り込みは正常なニューロンのはらたきの一部なのですが、度が過ぎると情報の伝達を邪魔してしまうということです。

サインバルタ (デュロキセチン) は、この再取り込みを起こりにくくすることで、シナプスにおける神経伝達物質の量を増やします。その結果、レセプターが過剰にはたらく必要性がなくなりますから、うつ病の症状が改善する仕組みです。

実は、抗うつ薬のほとんどは神経伝達物質の再取り込みを起こりにくくする作用を、共通して持っています。ただし、神経伝達物質にもたくさん種類があるため、薬の種類によってどこに作用して、どの神経伝達物質の再取り込みを起こりにくくするのかが異なっています。

サインバルタ (デュロキセチン) は「セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)」に属すると冒頭で述べました。SNRIの意味は、名前の通り、セロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の再取り込みに影響する薬、という意味です。
つまり、サインバルタは、「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の再取り込みを起こりにくくして、シナプス内のセロトニンとノルアドレリンの量を増やす作用のあるくすりということです。

サインバルタ(デュロキセチン)は、うつ病以外にも使用される

もともと「サインバルタ」は、うつ病の治療薬として開発された薬ですが、その後の調査や研究で、うつ病以外にも痛み止めとしての効果があることが分かり、サインバルタを治療として使用できる病気の範囲が広がりました。

2017年2月現在、サインバルタの適応症は、次の通りとなっています (1)。

●うつ病・うつ状態
●次の疾患に伴う疼痛:糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症

「適応症」とは、簡単にいえば保険上、薬の使用が認められた病気や症状のことです。

先ほど説明した、神経伝達物質の再取り込みを邪魔する作用は、広くいえば神経の情報伝達を調整することになります。ニューロンを通した電気信号は、私たちの五感に関係していることはすでに述べました。
痛みに関しても同様で、痛み刺激が電気信号として神経を伝わり、脳に届けられ、「痛み」を感じます。
セロトニン・ノルアドレナリンは、脳から脊髄、手先足先に向かう痛みを抑える神経(下行性疼痛抑制系神経)の働きを活発にする作用があります。
つまり、サインバルタによって、セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みが邪魔され、シナプス内のセロトニン・ノルアドレナリンの量が増えると、痛みが和らぐというわけです。
実際、サインバルタは、痛み止めとしても使用されており、痛みが緩和されたという報告があります。

サインバルタ(デュロキセチン)の薬価

現在、販売されているのは次の2つの製品です (括弧内は薬価) (3)。

●サインバルタカプセル20mg (173.5円)
●サインバルタカプセル30mg (235.3円)

いずれもジェネリック医薬品はまだ発売されていません。
38 件