アレグラとアレジオンの作用の違い

まずは、アレグラとアレジオンの作用について見比べてみましょう。

アレグラの作用

アレグラの成分名は、フェキソフェナジンとなります。「抗ヒスタミン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬に分類されます。アレルギーの原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状を改善します。

抗ヒスタミン薬の中でも、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬で、従来の抗ヒスタミン薬で多くあった副作用、口の乾きや排尿障害、又、眠気症状などが少ないとされています。

飲み方は、1日2回の服用になり、年齢によって、服用量は変わります。

アレジオンの作用

アレジオンの成分名は、エピナスチン塩酸塩となります。アレグラと同様に「抗ヒスタミン薬」であり、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬になります。こちらも副作用が少ないとされており、作用や効果については、実はアレグラとほとんど差はないとされています。

人によっては、眠気症状がアレジオンのほうが少し出やすいと言われる場合もありますが、作用・副作用は個人差がおおきく、一概には言えません。

飲み方は、1日1回の服用になり、年齢によって、服用量は変わります。眠気などの副作用から就寝前に服用することが一般的です。

アレグラとアレジオンの作用の違いまとめ

・アレグラとアレジオンは同じ第2世代抗ヒスタミン薬。作用についてほとんど差がない
・アレグラは1日2回朝・夕、アレジオンは1日1回と飲み方が違う
・作用や副作用には個人差がある

アレグラとアレジオンの市販薬の違い

市販薬のアレグラ

医療用のアレグラには60mgと30mgがあり、通常、成人は1回60mgを服用します。市販薬である「アレグラFX」の成分は、フェキソフェナジン塩酸塩を60mg含んでおり、医療用のアレグラ60mg錠と同じになります。
成分量だけではなく、錠剤の大きさ、剤型、添加物も同じです。外観を区別できるよう、錠剤の刻印が違っています。

市販薬のアレジオン

医療用のアレジオンには、20mgと10mgの規格があり、通常、成人は、症状によって10-20mgを調整して服用します。
市販薬では今まで、エピナスチン塩酸塩10mgを含む「アレジオン10」しかなかったのですが、つい先日2015年末に、20mgの規格の「アレジオン20」が発売され、医療用のアレジオン20mg錠と同じものを購入することができるようになりました。

一方で、市販薬で10mgの規格があるため、副作用症状が心配な場合、量が少なめなアレジオン10を服用するという選択が可能です。

市販薬のアレグラとアレジオンの価格(参考)

■アレグラFX(代表例)
14錠(7日分)  1314円(税別)
28錠(14日分) 1886円(税別)

■アレジオン20(代表例)
6錠(6日分)  1380円(税別)
12錠(12日分) 1980円(税別)
30 件