目次:保湿剤ヒルドイドの安全性

■ヒルドイドとは?
・[参考]ヒルドイドの効能・効果
■ヒルドイドの種類
・軟膏
・クリーム
・ローション
・スプレー
・ゲル
■ヒルドイドの注意点
・ヒルドイドの安全性と副作用
・(参考)ヒルドイドの副作用
・ヒルドイドの使用に注意が必要
■ヒルドイドのジェネリック医薬品
・(参考)薬価の違い 2017.2時点
■ヒルドイドの成分であるヘパリン類似物質を含む市販薬
・ローションタイプ
・ジェル・ゲルタイプ
・クリームタイプ
■保湿剤ヒルドイドについてよくある質問
・生後間もない赤ちゃんに処方されましたが、使用しても大丈夫ですか?
・子どもがヒルドイドを口の中にいれてしまいました。大丈夫ですか?
・妊娠中、授乳中は使用できる?
・病院や薬局でヒルドイドを頼めばもらえるの?
・ヒルドイドは高級化粧品並みの効果?
・ヒルドイドの使用期限は?
■おわりに

ヒルドイドとは?

ヒルドイドの成分は、「ヘパリン類似物質」です。

ヘパリン類似物質とは、もともとヒトの体内に備わっている「ヘパリン」という物質と似た作用を持っている成分です。ヘパリン類似物質には主に2つの作用があります。

1. 皮膚の乾燥を防ぎ、保湿効果を高める作用
2. 血行をよくする作用

このような作用があるため、皮膚の乾燥や、しもやけ、角皮症などの症状でよく処方されます。また、血液が固まるのを防いだり、鬱血の改善、傷の治りをよくする作用もありますので、捻挫、血栓性静脈炎、痔核などの治療にも使用されることもあります。一般の方にとっては、保湿剤のイメージが強いので、関節痛や捻挫などでヒルドイドが処方されると驚かれる方も多いですね。
通常は、1日1~数回適量を患部に塗布して利用します。

ヒルドイドは、市販では購入できないので医療機関を受診し、症状に応じて処方してもらう必要があります。ただ、ヒルドイドの成分である「ヘパリン類似物質」と同じ成分を含む市販薬は何種類か販売されていますので、薬局・ドラッグストアなどで購入することが可能です。

[参考]ヒルドイドの効能・効果

※添付文書抜粋
皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

ヒルドイドの種類

ヒルドイドには、主に軟膏・クリーム・ローションの3つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

軟膏

油分に薬の成分が含まれており。皮膚を保護する作用が強く、保湿性に優れている反面、べたつき感があります。通常、処方されるヒルドイドの剤型はこちらが多いです。

クリーム

水と油を混ぜ合わせて作った乳剤性基剤です。伸びが良く、軟膏ほどはべたつきがありません。又、皮膚への浸透性が高い反面、刺激性があります。

ローション

水溶性外用剤で、クリームよりも更に使用感がさわやかでべたつきがありません。即効性はありますが、持続力がありません。小さなお子さんの場合や、毛が生えている頭部などの部位に対してよく使用されます。

スプレー

52 件