老眼とは

目の老化現象を「老眼」と言い、一般的には40歳前後から症状が出始めます。
目でものを見る時には、水晶体というレンズの厚みを調節することで焦点を合わせています。
遠くのものを見る時は薄く、近くのものを見る時は厚くなることで水晶体はピントの調節を行います。
ところが以下の2つの要因によって、目のピント調節機能がうまく働かなくなってしまいます。

① 加齢による水晶体の柔軟性の低下
② 水晶体の伸縮をコントロールする毛様体筋の筋力の衰え
これが、老眼になるメカニズムです。

食事から「老眼」を回復&予防しましょう。

食事について

栄養素

主な働き

ビタミンA

抗酸化作用の強い栄養素で、老眼回復や予防に効果があります。また、網膜や角膜の健康を維持し、明るさを認識するのに欠かせない栄養素です。

不足すると涙の分泌量が減るのでドライアイに

なります。

人参、小松菜、ほうれん草、うなぎ、

鶏レバーなど

ビタミンC

抗酸化作用の強い栄養素で、老眼回復や予防に効果があります。また、水晶体の健康を保ち、白内障を予防することができます。

ピーマン、

果物、

ブロッコリーなど

 

 

ビタミンE

抗酸化作用の強い栄養素で、老化を防ぎ、老眼回復や予防に効果があります。また、血行を促進する働きがあるので、疲れ目の解消にも効果があり

ます。ビタミンCと一緒に摂取することでより効果的になります。

ナッツ類、

アボカド、

鮭、鰯、

うなぎなど

 

ビタミンB

老眼を進行させる原因となる目の疲れを回復する働きがあります。

豚肉、うな

ぎ、レバー、

豆類、など

ビタミンB

角膜や網膜などの健康を維持する働きがあります。

レバー、卵、

納豆、乳製品

など

ビタミンB

老眼の原因となる毛様体筋や水晶体の代謝を助ける働きがあり、“見えにくい”を解消するのに欠かせない栄養素です。

サンマ、カツ

オ、レバー、

バナナなど

ルテイン

抗酸化作用の強い栄養素で、体内に吸収されると網膜と水晶体に蓄積され、活性酸素を除去します。

ほうれん草、

ブロッコリー

など

 

※糖質の摂り過ぎに注意しましょう
糖質の摂り過ぎは、老化を進行させる「糖化」という反応が体内で起こる原因
になります。その結果、老眼が進んでしまいます。

老眼を予防するトレーニング

年齢と共に、体と同じように目の周囲の筋肉も衰えてきます。
まずは目の運動をして、目の周りの筋肉をほぐして血行を良くするようにしましょう。
その場で簡単に出来る、目のトレーニングを紹介します。

☆8か所ぐるぐるトレーニング

上下左右斜めの8か所に、眼球をグルッと順番に動かし一周させます。
右回り、左回りを1セットとして3~5セットが目安です。
血液の循環が良くなり、普段焦点を合わせない場所に焦点を合わせる
ことで目のトレーニングになります。

☆グーパーまばたきトレーニング

目をギュッと閉じた状態からパッと開き2秒キープします。
3~5セットが目安です。
目の周りの筋肉を使うことで血液の循環を良くします。

おすすめ一品料理

ほうれん草とツナのクリームパスタ

作り方

31 件