目次

① 希少糖について
◆希少糖の定義
◆自然界に存在量が少ないってどういうこと?
◆希少糖にも種類がある
② D-プシコースについて
◆なぜ最近よく目にするようになったのか
◆D-プシコースの研究
◆D-プシコースのはたらき
③ 希少糖と他の甘味料との違い
◆血糖上昇抑制効果がある
◆安全性が高い
④ 最後に

① 希少糖について

希少糖の定義

まず希少糖の定義ですが、国際希少糖学会により
「自然界にその存在量が少ない単糖及びその誘導体」
と定義されています。

自然界に存在量が少ないってどういうこと?

自然界の糖は、
D-グルコース(ブドウ糖)
D-フルクトース(果糖)
D-ガラクトース
D-マンノース
D-リボース
D-キシロース
L-アラビノース
この7種類の単糖(それ以上加水分解されない糖類)でおよそ9割を占めており、それ以外の存在量が少ない単糖のことを希少糖といいます。

希少糖にも種類がある

実は希少糖もすでに50種類近く発見されており、
キシリトール
エリスリトール
D-プシコース
D-アロース
などが有名です。

キシリトールはすでにガムなどに配合されており、聞いたことがある人も多いと思います。エリスリトールも、スーパーやドラッグストアで販売されている「ラカント」などの甘味料に含まれています。

② D-プシコースについて

なぜ最近よく目にするようになったのか

ここ最近「希少糖」という言葉を目にする機会が増えた理由としては、希少糖の中でもD-プシコースの研究が進んでいることが挙げられます。実際に「希少糖入り」と書かれている商品に使われている希少糖の多くはD-プシコースです。

D-プシコースの研究

もともとD-プシコースは、四国・九州に分布するズイナと呼ばれる植物からごく微量取れる糖で、1gあたり1万円もするような高級品でした。しかし、1994年に香川大学の教授によって、自然界に豊富に存在するD-フルクトースからD-プシコースに変換する酵素D-タガトース-3-エピメラーゼの発見に成功しました。これにより、希少糖を体系的に生産するシステム(イズモリング)が考案され、大量生産の道が拓かれました。またこれ以降、香川県は希少糖に関するプロジェクトを重点施策に位置づけ、希少糖の普及などに積極的に取り組んでいます。

D-プシコースのはたらき

30 件