目次

・何故身体は固くなる?柔軟性を左右する要素とは
・身体が固い人にヨガをお勧めする理由3つ
 >身体の変化を感じやすい
 >身体に色んな広がりを!運動不足解消
 >柔軟性が高まるにつれて改善する色々
・実践!身体が固くてもヨガ
 >体が固い人がヨガをやる注意点
  ○人と比べない
  ○力を抜くこと
  ○柔らかい呼吸をしよう
  ○頑張りすぎない
 >ポーズ例
  ○前屈では腰を立てることを優先
  ○体側を伸ばす時は胸を開こう
  ○補助器具を使って無理無くポーズを深める
・おわりに

何故身体は固くなる?柔軟性を左右する要素とは

誰しも赤ちゃんのときには高い柔軟性があるのに、大人になると身体が固くなってしまうのは何故でしょう?
原因は色々ありますが、まずは運動不足。毎日、仕事で長時間同じ姿勢で過ごしている方も多いことでしょう。
そうでなくても子供の頃のように公園を駆け回る事も無くなり、日常生活での身体の動きがパターン化することにより使わない筋肉や関節は滞り、柔軟性の低下を招きます。

大人になってからも定期的に運動を行っている人の方が、高い柔軟性を保つ傾向があるのも納得ですね。

柔軟性を左右する要素は、まずは筋肉の柔らかさ、そして関節の柔らかさです。
筋肉は運動不足や冷えによって硬くなり伸縮性を損ないますが、実は精神的な要素も大きく影響すると言われています。
心がリラックスできていないときは筋肉も緊張し、その状態が長く続くと柔軟性が低下してしまうのです。

筋肉の柔らかさを維持するためにはやはり、定期的に動かして伸縮性を高める事、そして精神的にもゆったりした時間を作り、筋肉を弛緩させる事が大切です。
無駄な力を抜いてリラックスすることは、柔軟性を高めるためのストレッチを効果的に行うために最も重要な条件になります。

では、関節の可動域はどんな条件に左右されるのでしょう?
それは、関節を取り巻く靱帯、腱、筋肉、関節包の柔軟性によって決まります。
それらの組織の長期間の緊張は関節の可動域を狭くしてしまいますので、適度な運動やストレッチで可動域を意識的に広く使い、関節の柔軟性を保つように心がけてみましょう。
ただし、靭帯や腱の長さや付き方は個人差が大きく、無理に伸ばしても筋肉のように目に見えて柔軟性が向上しない部分です。
また、元々靭帯や腱が短く関節が固い人は、柔らかい人に比べて骨格に安定感がある場合もあるので、自分自身の身体に合った柔軟ストレッチを行う必要があります。

身体が固い人にヨガをお勧めする理由3つ

さて、身体が固い人にぜひヨガをお勧めしたい理由は幾つかありますが、その代表的なものを挙げてみましょう。

身体の変化を感じやすい

柔軟性が高い方が、かなり高度なアーサナ(ポーズ)を取ることができ、呼吸に意識を向ける余裕を持ちやすいことは事実です。
ヨガで大切なのは、アーサナを取っているときの身体の感覚に意識を向け、呼吸を深めること。
しかし、アーサナは本来その型に正解はありません。そのポーズのポイントさえ押さえていれば、個人個人の柔軟性に合わせて理解を深めていけば良いのです。
身体が固い方はその分、柔軟性を高めていく伸びしろが大きく、少しの動きでもその感覚の違いを感じやすいという特典があります。
ですから、柔軟性に関係なくそれぞれの身体に合わせて行えばよいのです。

身体に色んな広がりを!運動不足解消

前述しました通り、柔軟性の高さは普段の生活に定期的に運動を取り入れているかどうかによっても変わってきます。
柔軟性の低い方は運動不足であったり日常生活での身体の動きがパターン化しているせいで、使っていない筋肉や関節が固くなってしまっていることが多いということです。
また、忙しさや仕事のプレッシャーなど、精神的なストレスが身体の緊張を招き、柔軟性の低下の原因になっている事もあります。

ヨガで色々なポーズに取り組むと普段は意識していない箇所や使っていない関節・筋肉を使うことになるので、身体の本来の伸びやかさを取り戻す事ができ、自分の感覚と向き合う時間を作る事でストレス解消になりリラックスすることができます。
つまり、ヨガは身体だけではなく、心の疲れも癒し、気持ちを柔和にする事にも繋がります。

柔軟性が高まるにつれて改善する色々

そもそも、身体の柔軟性が高まるとどんないい事があるのでしょう?
色々ありますがまずは血行やリンパの流れが良くなる事。固い筋肉は血の巡りも滞りやすく、冷えや凝り、腰痛等、様々な不調の原因となります。
柔軟性を高め、筋肉を柔らかく保つ事で冷えや凝りが改善され、身体の末端にまで酸素が行き渡るので、シミやくすみなど肌トラブルの改善も期待出来ます。
また、柔軟性が高いと同じ動きをしても筋肉がより大きく動く事になるので、基礎代謝が上がり太りにくい体質になります。
さらに、筋肉が柔軟な状態で負荷をかける方が筋力も付きやすいので、柔軟性を高める事でしなやかで疲れにくい身体に近づける事が出来るのです。

体が固いと衝撃に耐えにくく怪我をしやすくなります。アスリートなどが怪我の予防のためにストレッチを欠かさず行うように、柔軟性は身体のパフォーマンスを高め、衝撃から守ってくれます。
ヨガを継続的に行っていると、身体は少しずつですが確実に変化していきます。無理無く生活に取り入れて、しなやかで動きやすい身体に整えていきたいですね。

実践!身体が固くてもヨガ

さて、身体が固い人がヨガを行うには幾つかの注意点があります。
安全に、そして効果的に行うためには何に気をつければよいのでしょうか

体が固い人がヨガをやる注意点

人と比べない

42 件