目次

●ヨガに適しているのはどんな場所?
 >その場所の空気感
 >どちらかは押さえたい!「集中」か「リラックス」
 >『1/fのゆらぎ』って何?外界との繋がりを感じるために
★実践!屋外ヨガ★
 >例えばどんな場所で
  ○パークヨガ 芝生の上で
  ○ビーチヨガ 水平線が見える場所で
  ○ナイトヨガ 星空の下で地球に生きている実感を
  ○スカイヨガ 屋上で空を広く感じてみよう
 >屋外ヨガのお勧めポーズ
  ○太陽礼拝で格別の呼吸を味わう
  ○月礼拝で大地に根を張る安定感を
  ○じっくりキープしやすいポーズで呼吸を深める
●まとめ

ヨガに適しているのはどんな場所?

その場所の空気感

『ヨガ』とはサンスクリット語で「繋ぐ」という意味の言葉です。
ヨガで呼吸を重んじる理由は、呼吸が自分の心と身体を繋ぎ、外界と自分自身を繋ぐために必要な行為であるからです。
アーサナ(ポーズ)をとるにしてもじっくり瞑想するにしても、呼吸に意識を向ける事はヨガを深めるための入り口であり、深い呼吸を味わう事はヨガの醍醐味でもあります。
ですので、ヨガを行うときにその場所の空気がどんな空気であるかはとても重要。

澱んだ空気や濁った空気はもっての他ですし、その場にいる人の精神性も大いに影響してきます。
屋内であれば、清潔感があり照明や音楽、アロマなどでリラックスしやすく整えられた空間を想像してみてください。
そこに気持ちよくヨガを行おうという共通の目的を持った人達が集えば、理想的な空気感の中でヨガを行う事が出来ます。

屋外、とくに自然の中は普段通りに呼吸をするだけでも常に新鮮な空気を取り込むことができるので、心も身体も浄化されてリラックスすることができます。
つまり、空気が澄んでいる自然の中は、それだけでヨガを行う理想的な環境が整っていると言えるでしょう。

どちらかは押さえたい!「集中」か「リラックス」

スタジオなどでヨガを行う場合は静かで集中しやすい環境であることが多いでしょう。
しかし、ヨガを行う場所は必ずしも静かでなければいけないわけではありません。
もし騒々しくて集中するには向かない環境であったとしても、その人がリラックスして心地よくヨガを行えるのであれば、それはそれでOKなのです。

例えば親子で行う親子ヨガ。
小さなお子様が静かに過ごすのはなかなか難しいものですし、親子ヨガの場はどうしても騒々しくなりがちです。
しかし、自分の子供(もしくは親)が近くに居て安心できる状況で行うヨガはある意味リラックスしやすく、結果としてときには集中力も高まります。
「集中」と「リラックス」はどちらも成立するのが一番理想的ではありますが、必ずしも完璧な状況でなくても構いません。
ただし、集中できるかリラックスできるか、少なくともどちらかの条件は押さえる事が、有益なヨガのためには必須条件となります。

『1/fのゆらぎ』って何?外界との繋がりを感じるために

前述しましたが、ヨガでは自分の心と身体、そして外界と自分自身、つまり全と個の繋がりを感じる事が大切な目的のひとつです。
そのため屋内であっても屋外であっても、自分と外界との境界線の感覚が重要になります。
床や地面との接地面、空気と肌の境界線、これらが心地よく感じられる環境はヨガに適していると言えます。

自然の中でヨガを行う場合、風の音や小川などの水の流れの音、小鳥の声や子供の声など、様々な自然音が耳に入ってくる事でしょう。
こういった自然音は独特のゆらぎを持つ不規則なリズムであり、高周波成分を多く含んでいます。
そしてその高周波音は『1/fのゆらぎ』と呼ばれ、心身に抜群のヒーリング効果があることが分かっています。
私達の身体も自然の一部であり、呼吸や臓器ひとつひとつの働きが1/fのゆらぎを刻んでいます。
自然音の中に居ると身体が共鳴するように外界との繋がることができ、リラックスできるというわけです。

自然の中は、その空気や音までもがヨガをするのにとても理想的な環境なのです。

★実践!屋外ヨガ★

例えば、どんな場所で

さて、屋外ヨガを行うのであれば、どんな場所が理想的なのでしょうか?幾つか例を挙げてみましょう。

パークヨガ 芝生の上で

公園の広々としたい芝生の上は、気候が良い春や秋に特にお勧めしたい場所です。
芝生の上にマットを敷いて行うのも良いですが、湿気や感触が不快で無い場合は直で行ってみるのも気持ちが良く、普段とはまた違ったヨガが出来る事でしょう。
芝生の上で行う場合、特に味わいたいのはやはり地面の感触です。
大地の柔らかさは寝転んでみるだけでも全身で感じ取る事が出来ますし、土と草の香りは日頃の疲れを優しく癒してくれるはずです。

ビーチヨガ 水平線が見える場所で

36 件