はじめに、ステロイドの塗り薬の強さについて説明します。

ステロイドの塗り薬は、主に「血管収縮指数」と「臨床の効果」によって評価され、一般的に作用の強さは、5つのランクに分けられています。

●Ⅰ.最も強い(Storongest)
●Ⅱ.非常に強い(Very Strong)
●Ⅲ.強い(Strong)
●Ⅳ.普通(Medium)
●Ⅴ.弱い(Weak)

ステロイドの塗り薬の強さ

購入できる? 市販のステロイド塗り薬の強さ比較 | EPARKくすりの窓口コラム

購入できる? 市販のステロイド塗り薬の強さ比較 | EPARKくすりの窓口コラム
虫さされやかぶれなどで、なかなか病院に行く時間がなく、薬局に駆け込んできた方から、「効果があるステロイドの塗り薬って購入することできますか?」と質問を受けることがあります。実は、病院で処方されるようなステロイドの塗り薬と同じように、市...

リンデロンの名前と種類・効果

リンデロンの塗り薬には、主に4種類があります。

リンデロンDP、リンデロンV、リンデロンVG、リンデロンAになっており、名前の最後のアルファベットに違いがあります。

リンデロンDP

成分は、「ベタメタゾンジプロピオン酸エステル」とよばれる合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)になります。
作用の強さランクは、「Ⅱ.非常に強い(Very Strong)」に該当します。軟膏・クリーム・ゾルのタイプがあります。

通常は、湿疹・皮膚炎、乾癬などの治療に用いられます。一般的には、皮膚が薄い部分や顔には使用せず、手足や体幹など皮膚の厚い部分に使用します。

リンデロンV

成分は、「ベタメタゾン吉草酸エステル」とよばれる合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)になります。
作用の強さランクは、「Ⅲ.強い(Strong)」に該当します。軟膏・クリーム・ローションのタイプがあります。

通常は、湿疹・皮膚炎、乾癬などの治療に用いられます。リンデロンDPと比較すると、ランクがひとつ下なので、より幅広く、手足や体幹などで皮膚が薄い部分にも使用できます。

リンデロンVG

成分は、「ベタメタゾン吉草酸エステル」とよばれる合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)と「ゲンタマイシン硫酸塩」とよばれる抗生物質になります。
作用の強さランクは、「Ⅲ.強い(Strong)」に該当します。軟膏・クリーム・ローションのタイプがあります。

リンデロンVの成分に加えて、抗生物質が配合されており、細菌の感染の可能性がある、又、そのおそれのある湿疹・皮膚炎、乾癬などの治療に使用します。化膿している炎症などで、ステロイドによる抗炎症作用と抗生物質による化膿止めの効果が期待できます。

リンデロンA

成分は、「ベタメタゾン酸エステルナトリウム」とよばれる眼・耳科用の合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)と「フラジオマイシン硫酸塩」とよばれる抗生物質になります。
正式には、作用の強さはランク分けされていませんが、顔まわりに使用できることから、「Ⅴ.弱い(Weak)」に相当する強さだと想定できます。眼・耳科用の軟膏、点眼・点鼻用の液のタイプがあります。

眼や耳、鼻などで、細菌感染の可能性がある、又、そのおそれのある炎症性の疾患に使用します。

リンデロンの副作用

塗り薬は、基本的には局所的に作用するため、長期にわたって大量に使わず、医師の指示どおりに利用していれば、副作用の心配は少なく、全身に対する副作用はほとんど心配ありません。

ただ、長期で使用すると、下記のようなステロイド特有の副作用が出ることがあります。通常、使用の中止や、使用方法を変更することで改善することで症状は良くなりますので、定期的に医療機関を受診し、医師にチェックしてもらうようにしましょう。
21 件