白内障の治療とは?

こんにちは、眼科専門医の平松です。
今日は白内障についてお話ししたいと思います。

白内障の手術治療は年間120~140万件行われているといわれるほど一般的な治療です。私も実際に多くの手術を毎週行っています。ただ、手術の他にも、目薬やレーザー治療などもありますので、今回は手術以外の治療についてもご説明します。

白内障とは?

ちなみに白内障というのは目の玉の中のレンズが白く濁ってくる病気です。年齢が主な原因ですが、それ以外に糖尿病や先天性(生まれながら)、アトピーや飲んでいる薬により起きることがあります。 白く濁ったレンズ越しにモノを見るため、見にくくなり視力が下がってしまいます。人によっては物が二重に見えたり、ぼやっとみえたり、明るく見えたりと感じることがあります。 原因にかかわらず治療法は大きく変わりません。

白内障の治療①手術

内容・効果

白内障手術は目薬の麻酔、または注射による麻酔を追加して使用されますが、局所麻酔で行われるのが一般的です。そのため、「手術は怖い」と思われる方も多いと思いますが、痛みはほとんど感じませんし、痛む場合は麻酔を追加することが可能です。

手術は目の中にある水晶体というレンズを取って代わりに人工のレンズを入れてくるという方法で行われ、10~30分ほどで終了します。(状態によってはもっとかかるような難しい目の人もいます。)

手術の効果としては「視力が上がる」ことがあげられます。今まで汚れを通して見ていたものですが、汚れがなくなるのでその分見やすくなります。視力も手術前よりよくなることが一般的です。

リスク

99%問題ないといわれますが、わずかにはリスクがあります。
まぶたが下がる・目が疲れる・乱視・何となくの不調・黄斑浮腫・虹彩偏位・飛蚊症・まぶしさ・後発白内障・眼内炎・駆逐性出血・眼内レンズ縫着の必要性など、多くのリスクがあります。確率が高いというわけではありませんが、こういったリスクについても頭に入れておく必要があるでしょう。

白内障の治療②薬

薬での治療は、何よりリスク(危険性)が少ないところがポイントです。一方で手術のように根本的に治療ができないという問題点もあります。薬での治療は、あくまで「進行を遅らせる」というイメージが強いです。

薬の効果

白内障の目薬は本当に効くの?効かないの?というのは議論があります。実際にあまり効果がないという意見もある一方、ある程度効果があるという意見もあります。ただ総じて言えることは「ずばりと治る」「全く進まないように予防する」という薬ではないという事です。「少しは進行予防の役に立つ」という程度になってしまいます。

それでも、手術はしたくないという人にとって薬での治療は大切です。しわを見つけたとき、なるべくしわが増えないようにクリームなどを使うのと心情的には近いかもしれません。

白内障を治療する薬(具体的な薬の種類・効果・副作用)

現在一般に使われているのは、タチオン・カタリン(カタリンK)・カリーユニ・ピレノキシンという点眼薬です。そのほか飲み薬としてはチオラ・八味地黄丸・牛車腎気丸があります。

目薬にはあまり明確な副作用はありませんが、目薬で荒れてしまったりアレルギーを生じる事、防腐剤に目がまけてしまうということはあります。
飲み薬の副作用としては、チオラには黄疸・肺炎、八味地黄丸・牛車腎気丸には肝臓の異常や発疹があります。

薬の治療の未来

20 件