アレグラとアレグラFXの違い

成分・外観・薬のタイプの違い

医療用医薬品であるアレグラ錠60mgと、市販薬であるアレグラFXの成分は、どちらもフェキソフェナジン塩酸塩を60mg含んでいます。

また、成分量だけでなく、錠剤の大きさ、剤型、添加物も同じです。

異なる点は、錠剤の外観です。医療用のものと区別できるように刻印が違っています。

また、医療用のアレグラでは、OD錠(水なしでも飲めるタイプ)や、アレグラ錠30mg、アレグラドライシロップなど小児でも服用しやすいようなお薬のタイプがありますが、市販薬のアレグラFXでは、現状では錠剤のタイプしかありません。

効能効果・用法用量の違い

医療用と市販薬のアレグラでは、効能・効果の範囲と、服用できる年齢の範囲に違いがあります。

効能効果の違い

市販薬のアレグラFXの効能・効果は、花粉、ハウスダスト(室内塵)などによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状の緩和です。

一方で、医療用のアレグラでは、アレルギー性鼻炎に加え、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状に効果を発揮します。

服用できる年齢の範囲の違い

市販薬のアレグラFXでは15歳未満の小児は服用することができません。服用には慎重になる必要があるため、必ず病院を受診し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。
一方で、医療用のアレグラでは「通常、7歳以上12歳未満の小児には1回30mgを1日2回、12歳以上の小児には1回60mgを1日2回経口投与する。」との記載があります。

成人(15歳以上)の方の飲み方は基本的には同じで、1回1錠(60mg)、1日2回朝夕に服用します。食前・食後などに関係なく、空腹時でも飲むことができます。

選び方の基準

では、処方薬アレグラと市販薬アレグラFXでどちらを利用するか迷ったとき、どのように決定すればいいのでしょうか?ここでは考慮頂きたい4つのポイントを紹介します。

ポイント1:市販薬のメリット

市販薬のメリットとして、病院に行く手間や処方せんを出してもらって薬局に取りに行く手間を省くことができます。そのため、病院に行く時間がないときやすぐにお薬が欲しい場合は市販薬をおすすめします。

ポイント2:症状をチェック

市販薬は、アレルギー性鼻炎に対してしか服用することができません。蕁麻疹や皮膚疾患に対して服用する場合は、必ず医療機関を受診するようにしましょう。
今まで、花粉症などのアレルギー性鼻炎を発症したことがなく、その症状が疑われる場合には、まずは原因を検査してもらうため、病院に行くようにしましょう。アレグラFXを飲めばなんとかなると自己判断で決め、薬を飲んでも改善せず、実はアレグラFXの効果がない病気が原因だった。といったケースもあります。

また、症状がひどい場合も、必ず医療機関を受診するようにしましょう。医師の診断を受けて、適切な治療を受ける必要があります。

ポイント3:コスト面

花粉症のシーズン、長期にわたってお薬を服用する場合は、処方せんで医療用のお薬をもらったほうが、保険が適応できますので、トータルでかかるコストは下がります。一方、臨時で服用したいなど、短期間の服用であれば、病院の診療代なども考慮すると、市販薬を購入したほうが、コストが下がる可能性が高いです。

市販薬のアレグラFXでは、14錠入り(7日分)、28錠入り(14日分)の2パターンがあります。

参考小売価格

・アレグラFX 14錠 1,314円(税別)
・アレグラFX 28錠 1,886円(税別)

ポイント4:服用可能な年齢

市販薬では、15歳未満のお子さんの服用はできません。医師の判断が必要になります。勝手な判断でお薬を服用せず、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

その他の「フェキソフェナジン塩酸塩」を同量含む市販薬

こちらは、参考ですがアレグラFXの他にも、フェキソフェナジンの成分を同量含む市販薬があります。
・アレルビ 14錠/28錠/56錠  皇漢堂製薬
・スパートアレギー 30錠  滋賀県製薬
・フェキソフェナジン錠「ST」 30錠  協和薬品工業

アレグラと名称・メーカーが違うと不安になると思いますが、添加物に違いはありますが、有効成分は同じで、効果は同等とお考えください。

アレグラについてよくある質問

アレグラの他に効果が期待できる市販薬はありますか?

アレグラの他に、市販薬で有名なお薬としては、「アレジオン(成分:エピナスチン塩酸塩)」があります。アレグラと同様に、抗ヒスタミン薬であり、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬になります。アレグラは、1日2回の服用ですが、アレジオンは、基本的に1日1回の服用になります。
その他にも、第2世代の抗ヒスタミン薬として、医療用のジルテックと同じ成分である、ストナリニZ(成分:セチリジン)などがあります。

お薬は、効果や副作用には個人差がありますので、いずれのお薬で効果がない場合や、眠気などの副作用が強く出る場合には、別のお薬を飲んで試してみることもよいでしょう。

アレグラと風邪薬を一緒に飲んでも大丈夫ですか?

アレグラの成分は、「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬に分類されます。市販で販売されている風邪薬をみると、鼻炎症状をおさえる効果を期待して、抗ヒスタミン薬の成分が含まれていることが多いため、アレグラと一緒に飲むと、成分が重複し、副作用のリスクが高まりますので飲み合わせに注意が必要となります。

次のような抗ヒスタミン薬の成分が入っていない風邪薬を選びましょう。

市販の風邪薬に含まれている抗ヒスタミン剤の成分例

・マレイン酸クロルフェニラミン
・フマル酸クレマスチン
・マレイン酸カルビノキサミン
・塩酸ジフェンヒドラミン
・塩酸ジフェニルピラリン
・フマル酸ケトチフェン
・メキタジン
など
また、解熱鎮痛薬、便秘薬、胃腸薬などに含まれていることが多い制酸剤(せいさんやく:胃酸を中和する医薬品)である、水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤と一緒に服用すると、アレグラの効果を弱めてしまいます。

アレグラと、市販の風邪薬を一緒に服用する場合には、購入時に薬剤師に相談するようにしましょう。

症状がひどいので、1日2回のところ、3回飲んでも良いですか?

必ず、1日2回の指示を守ってください。
というのも、お薬の飲み方・量は、効果を最大限に、副作用を最小限にするため、体の中のお薬の量(血中濃度)が適量となるように、臨床結果に基づき決められています。多く飲みすぎると副作用などのリスクが高まりますので、必ず指示量を守って服用するようにしましょう。

アレグラのジェネリック医薬品の効果は一緒ですか?

ジェネリック医薬品とは、他の医薬品メーカーが、その特許期間が終了した後に、国(厚生労働大臣)の承認を得て、新薬と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同じものとして販売したお薬になります。開発コストが抑えられることから、お薬の値段が安く設定されています。

アレグラのジェネリック医薬品は、フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「●●」という名称で、「フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg」+「メーカー名」の名称が基本的につけられています。
ジェネリック医薬品は、有効成分が同じで、同等の効果が期待できます。但し、添加物に違いがあるジェネリック医薬品もあるため、効果は同等でも、モノ自体が全く同じというわけではない場合があります。添加物は、飲みやすくするための工夫等を行っている場合があるため、各社違う場合があります。ただ、どの添加物でも、国によって安全性が確認されているものを使用しております。

参考薬価 2017.2時点

・アレグラ60mg 1錠 64.90円
ジェネリック医薬品の場合は、メーカーによって価格が異なりますが、1錠19.4円〜34.4円のお薬があります。

アレグラの眠気の副作用が心配です

アレグラや他の抗ヒスタミン薬では、次のような副作用が出る可能性があります。

・口の渇き
・眠気
・便秘
・下痢
・頭痛

副作用にも個人差があり、人によっては、眠気が強く出てしまう可能性もあります。その他にも、いつもと違うような気になる症状が出た場合には、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。
参考
添付文書記載、アレグラの副作用の頻度<成人> 国内・外の臨床試験において、総症例6,809例(国内1,060例、海外5,749例)中、1,093例(16.1%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められ、主な副作用は頭痛310例(4.6%)、眠気158例(2.3%)、嘔気83例(1.2%)等であった。(効能・効果追加承認時) 使用成績調査及び特別調査において、総症例3,876例中、61例(1.6%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められ、主な副作用は眠気19例(0.5%)、腹痛8例(0.2%)、めまい、けん怠感各5例(各0.1%)等であった。(再審査終了時)

おわりに

病院で処方されるアレグラと、市販で購入できるアレグラFXの違いと選び方、参考になりましたでしょうか?

市販薬は薬局・ドラッグストアで手軽に購入できる反面、自身の判断で服用するため、副作用のリスクなどの心配があります。市販薬を服用していても症状が変わらない、又は症状が悪化する前には、はやめに医療機関を受診するようにしましょう。