アレグラとアレグラFXの違い

成分・外観・薬のタイプの違い

医療用医薬品であるアレグラ錠60mgと、市販薬であるアレグラFXの成分は、どちらもフェキソフェナジン塩酸塩を60mg含んでいます。

また、成分量だけでなく、錠剤の大きさ、剤型、添加物も同じです。

異なる点は、錠剤の外観です。医療用のものと区別できるように刻印が違っています。

また、医療用のアレグラでは、OD錠(水なしでも飲めるタイプ)や、アレグラ錠30mg、アレグラドライシロップなど小児でも服用しやすいようなお薬のタイプがありますが、市販薬のアレグラFXでは、現状では錠剤のタイプしかありません。

効能効果・用法用量の違い

医療用と市販薬のアレグラでは、効能・効果の範囲と、服用できる年齢の範囲に違いがあります。

効能効果の違い

市販薬のアレグラFXの効能・効果は、花粉、ハウスダスト(室内塵)などによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状の緩和です。

一方で、医療用のアレグラでは、アレルギー性鼻炎に加え、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状に効果を発揮します。

服用できる年齢の範囲の違い

市販薬のアレグラFXでは15歳未満の小児は服用することができません。服用には慎重になる必要があるため、必ず病院を受診し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。
一方で、医療用のアレグラでは「通常、7歳以上12歳未満の小児には1回30mgを1日2回、12歳以上の小児には1回60mgを1日2回経口投与する。」との記載があります。

成人(15歳以上)の方の飲み方は基本的には同じで、1回1錠(60mg)、1日2回朝夕に服用します。食前・食後などに関係なく、空腹時でも飲むことができます。

選び方の基準

では、処方薬アレグラと市販薬アレグラFXでどちらを利用するか迷ったとき、どのように決定すればいいのでしょうか?ここでは考慮頂きたい4つのポイントを紹介します。

ポイント1:市販薬のメリット

市販薬のメリットとして、病院に行く手間や処方せんを出してもらって薬局に取りに行く手間を省くことができます。そのため、病院に行く時間がないときやすぐにお薬が欲しい場合は市販薬をおすすめします。

ポイント2:症状をチェック

45 件