睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時に舌を支える筋肉が緩み、重力により下あごが下がり、呼吸の通り道である気道が塞がれ無呼吸の状態となる病気です。
放っておくと強い眠気や倦怠感など日常生活に支障をきたしたり、心筋梗塞や動脈硬化など命に関わる病気も引き起こすこともあります。

○なりやすい人

・あごが小さい人
・舌が大きい人
・首が短い人
・扁桃腺や口蓋垂が大きい人
・口呼吸の傾向がある人

チェックしてみましょう!

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状です。自覚症状の感じ方や程度には個人差があるため、家族やパートナーに聞いてみましょう。

寝ている間

・いびきをかく
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかき始める
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
・むせる
・何度も目が覚める
・寝汗をかく

起きた時、起きている時

・口が渇いている
・頭が痛い
・熟睡感がない
・すっきり起きられない
・体が重いと感じる
・日中に強い眠気がある
・倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある

改善のためには?

①睡眠中の体の向きを工夫しましょう

仰向けで寝ると重力で舌や舌を支える筋肉が下がり、気道が塞がってしまいます。横向きで寝るようにしてみましょう。

②禁煙しましょう

49 件