バファリンの効能・効果

バファリンA、バファリンプレミアム、バファリンルナの効能・効果になります。詳しくは、公的文書又は薬剤師に必ず確認するようにしましょう。

<効能・効果>
■鎮痛作用として
頭痛、月経痛(生理痛)、関節の痛み、神経の痛み、腰痛、筋肉痛、肩こり、のどの痛み、歯の痛み、抜歯後の痛み、打撲、ねんざ痛、骨折を伴う痛み、外傷の痛み、耳の痛み

■解熱作用として
熱があるとき

バファリンAの成分

<代表的な成分(1錠中)>

アセチルサリチル酸(アスピリン)・・・330mg

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)・・・100mg

制酸成分であり、胃酸を中和することで、胃の粘膜を保護するお薬です。

胃の中でなかなか溶けにくいアセチルサリチル酸(アスピリン)を胃の中を中和することで溶けやすくし、吸収しやすくしています。そのため、アセチルサリチル酸の胃への負担を軽減します。

バファリンプレミアムの成分

<代表的な成分(2錠中)>

イブプロフェン・・・130mg

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

アセトアミノフェン・・・130mg

脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。副作用が少なく、効果が穏やかだと言われています。

無水カフェイン・・・80mg

鎮痛補助作用。鎮痛作用を助けます。

アリルイソプロピルアセチル尿素・・・60mg

鎮痛補助作用。鎮痛作用を助けます。

乾燥水酸化アルミニウムゲル・・・70mg

制酸剤。胃の粘膜を保護します。胃の荒れを予防します。

バファリンルナiの成分

<代表的な成分(2錠中)>

イブプロフェン・・・130mg

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

アセトアミノフェン・・・130mg

脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。副作用が少なく、効果が穏やかだと言われています。

無水カフェイン・・・80mg

鎮痛補助作用。鎮痛作用を助けます。

乾燥水酸化アルミニウムゲル・・・70mg

制酸剤。胃の粘膜を保護します。胃の荒れを予防します。

年齢にご注意

上記、バファリンA、バファリンプレミアム、バファリンルナiは、15歳以上の方しか服用することができません。

15歳未満の方は、他のバファリンシリーズ、小児用バファリン CII、小児用バファリンチュアブル、バファリンジュニア かぜ薬、バファリン ルナなどを服用するようにしましょう。
 
 
バファリンについていかがでしたでしょうか?バファリンといっても様々なシリーズがあり、お薬の成分や量にも違いがあります。

ご自分の症状に合った、お薬を選択することが大切です。どれを飲んで良いか分からない場合は、医師、薬剤師に相談するようにしましょう。