目次:アクトスを飲むと膀胱がんのリスクは増える?

1.アクトスと膀胱がん発症に因果関係はある?
2.薬の効果・副作用はどのように評価される?
・注目すべきは「人・期間・量・使い方」
3. アクトスの短期的な使用では、基本的に膀胱がんになるリスク増加の心配はない
4. アクトスの使用「期間」と「量」が増えるとリスクは増える
5. 結局、アクトスを飲むことで膀胱がんリスクはどれくらいあるの?
・飲んでいる人と飲んでいない人、年間発症リスクの差はわずか0.0072%
6. その他、アクトスの服用で注意すべき点
7. まとめ
8. 参考文献

1. アクトスと膀胱がん発症に因果関係はある?

まずは、この記事の主役である、アクトスという薬について基礎知識を簡単に整理しましょう。アクトスは、「ピオグリタゾン」という有効成分を含む、2型糖尿病の治療薬です (1)。ご存知の通り、糖尿病では血糖値が高くなるのですが、その原因の1つに、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」が効きにくくなっていることが挙げられます。

アクトス (ピオグリタゾン) は、このインスリンの血糖値を下げる作用を強めるはたらきをする薬です (1)。その結果、膵臓からで分泌されるインスリンの量は同じでも、より血糖値が下がりやすくなるのです。糖尿病の治療に使う飲み薬は、他にもたくさんありますが、アクトス (ピオグリタゾン) はそのなかでも血糖値を下げる効果が比較的高いと考えられており (2)、よく使われています。

こうした特徴を持つアクトス (ピオグリタゾン) ですが、2005年に公表された臨床研究の結果によって、新たな注目を集めることとなります。

その研究は「PROactive試験」と呼ばれるもので、もともとはピオグリタゾンが糖尿病患者の死亡率や心筋梗塞・脳卒中といった病気の発症率を減らす効果があるか検討するためのものでした (3)。

ところが、その試験結果の解析を行う過程で、どうもピオグリタゾンを使っている人は、そうでない人と比べて膀胱がんを発症する確率が異なる様だ、という指摘がなされました。これがきっかけとなって、その後「アクトス (ピオグリタゾン) を使うと、膀胱がんを発症しやすくなるのではないか?」という仮説が生まれたのです。

当時は、こうした仮説は糖尿病治療の専門家や、研究者の間でのみ話題になる程度のものでした。しかし、発端となった試験からすでに10年以上経過していること、また2011年にフランスの規制当局である「Afssaps」がピオグリタゾンを含む医薬品の新規使用をやめるように通達したことがニュースになったなどの経緯から (4)、今では一般の方の間でも、このことがうわさになっているようです。

さて、アクトス (ピオグリタゾン) と膀胱がんの関係については、その後も継続的に研究が行われてきました。
ただし、アクトスと膀胱がん発症に因果関係はあるのか?という質問の結論をいえば、アクトス (ピオグリタゾン) を飲むことと、膀胱がんを発症することの因果関係については、いまだにはっきりしていない、というのが現状です。
しかし、これまでの研究結果として分かったこともたくさんあります。
以降で、現段階で分かっている研究結果について解説します。

2. 薬の効果・副作用はどのように評価される?

注目すべきは「人・期間・量・使い方」

さっそく本題に、と行きたいところですが、これ以降の内容は薬の効果や副作用を評価するうえで、基本となる考え方を知っていないとやや理解が難しくなります。
そこで、まず「薬の効果や副作用を評価するうえで、基本となる考え方」を紹介します。薬の効果や副作用を見るときには、次のポイントに着目するのが常道です。
●使う人はだれか?
●使う期間はどれだけか?
●どのくらいの量を使うのか?
●使い方はどうか?

それぞれ個別に解説します。

使う人はだれか?

例えば、同じ薬でも30歳の人と70歳の人では、効果や副作用の出方が異なることがあります。一般に、高齢者は薬を解毒・排泄する身体の機能が低くなるので、少量の薬でも影響が現れやすくなるのが、1つの理由です。

このほか、ある人にはとてもよく効く治療法でも、特定の持病がある人には逆効果、ということもあります。したがって、薬の評価にあたっては、「使う人はどんな特徴を持っているか?」は重要なファクターです。

使う期間はどれだけか?

薬によっては、1週間も飲めば効果が出るものもあれば、3カ月くらい続けないと意味がないものもあります。このことは副作用についてもいえ、例えば半年の使用では問題なかった副作用が、1年以上続けて使うと問題になることもあるのです。

そのため、「どれだけの期間使った結果なのか?」に注目する必要があります。

どのくらいの量を使うのか?

31 件