今回は、よく勘違いされていることを中心に、目薬のさし方についてまとめてみます。

目薬は1回1滴で大丈夫

目薬をさす時、しっかり効果を出そうとして一度に何滴もさしていませんか?

実はそれ、間違いです。

目薬は一度に2滴以上さしても意味がありません。2滴以上さしていると、目薬を無駄に消費してしまいますし、目の周りのかぶれの原因になってしまう可能性もあるんです。

人間の目の中に保持できる液体の量はおよそ30μLくらいと言われています。
それに対して、目薬はだいたい1滴が50μLになるように作られています。
つまり、人間の目の中には目薬1滴分が入りきらないんです。
なので、1滴目がちゃんと入っていれば、2滴目以降はさしてもどんどん溢れていくばっかりです。いっぱいさしても効果が増えるなんて事はなく、さした分だけ目薬が捨てられる、非常にもったいない状態になってしまいます。

溢れた目薬はきちんと拭き取りましょう

また、溢れた目薬は本来効果を発揮する部分でなく、目の周りの皮膚に染み込んでいく可能性もあります。
そうなると目の周りのかぶれの原因になってしまう可能性もあります。ですから、溢れてしまった分はきちんとふき取るようにしましょう。

という事で、何か理由がない限り、目薬は1回1滴で大丈夫って事ですね。

目薬をさす順番ってあるの?

複数の目薬を一緒にさすことってありますよね。

病院で同時に処方された場合、医師や薬剤師から特に何も言われていなければそこまで気にしなくてもいいのですが、目薬の効果を十分発揮するためには、順番を工夫した方がいいと言われています。

ここでは、簡単にまとめておきます。
使う前によく振るように説明される濁った目薬(懸濁性点眼液)は後。
目の中に長期間留まるように工夫されている目薬(ゲル化点眼液)は最後です。
そのほかの目薬 → 懸濁性点眼液 → ゲル化点眼液
の順番ですね。

これについては、竹中先生の記事が詳しいので是非参考にしてください。
https://column.kusurinomadoguchi.com/articles/G7qj0

目薬と目薬の間隔は5分以上あけましょう

忙しいからと言って、二種類以上の目薬を連続でさしていませんか?

上の内容を読めばわかりますよね。
もちろん、そんな事をしてはいけません。

二種類の目薬を1分以内に連続でさした場合、先にさした方の目薬の効果が落ちてしまう事がわかっています。つまり、先にさした方の目薬が溢れてしまって効果が出ないってわけですね。
二種類の目薬を続けて使用する場合、先に片方の目薬をさして5分以上経過してからもう片方の目薬をさすようにしてください。

5分間あれば、先にさした目薬は十分に吸収されています。
34 件