今回は、ゲンタシン軟膏の成分についてと、期待できる効果や副作用について説明します。

ゲンタシンの効果

ゲンタシンの成分と効果

ゲンタシンには、軟膏とクリームタイプがあります。

ゲンタシンの成分は「ゲンタマイシン硫酸塩」になります。
アミノグリコシド系とよばれるタイプの抗生物質で、「細菌のタンパク質合成を阻害することで、細菌の増殖を阻害する」ことで効果が期待できます。

ステロイドの成分を含んでいるわけではないため、炎症を直接おさえるような効果はありません。皮膚感染症や外傷などの傷口の細菌の増殖をおさえることによって、治りを早めたり、感染が拡がり症状がひどくなるのをおさえることができます。

ゲンタシンは、伸びが良く塗りやすく、色や匂いはなく刺激などもありません。

ちなみに、医療用のお薬として、ゲンタマイシン硫酸塩にステロイド成分を加えたお薬もあります。代表的なものには、リンデロンVGなどがあります。抗生物質が配合されており、細菌の感染の可能性がある、又、そのおそれのある湿疹・皮膚炎、乾癬などの治療に使用します。化膿している炎症などで、ステロイドによる抗炎症作用と抗生物質による化膿止めの効果が期待できます。

擦り傷に対して

擦り傷や火傷などの外傷に対して、化膿(二次感染)しないように塗布したり、化膿してしまった場合においても効果的なため、幅広く使用されます。

肌荒れに対して

たんなる肌荒れの場合では通常は使用しません。また、広範囲にわたって塗ることもおすすめできません。
通常は、肌が荒れて、かきむしってしまって化膿してしまったときなどに局所に対して使用します。

ニキビに対して

ニキビの原因となる菌に対しても効果を示すことから、ニキビ治療に使用されることもあります。

特に、赤く炎症を起こしている赤ニキビや化膿しているニキビに効果があります。できたての白ニキビや黒ニキビに対してはあまり効果がないとされています。

【ニキビに効く市販薬】ペアアクネクリームWの成分・効果と副作用 | EPARKくすりの窓口コラム

【ニキビに効く市販薬】ペアアクネクリームWの成分・効果と副作用 | EPARKくすりの窓口コラム
急に出来たニキビ、来週、大切な人と予定があるから何とかして治したいと思いつつも、病院に行く時間はない。そんなときのニキビの治療に使われる市販薬、ペクアアクネクリームWがあります。 今回は、ペアアクネクリームWの成分・効果と気になる副作...

ゲンタシンの使い方

通常は、1日1回〜数回、患部に塗布します。又は、ガーゼにのばしたものを患部に貼るようにします。

塗布する回数については医師の指示を守るようにしましょう。塗り忘れた場合には、気付いたときに塗るようにしましょう。塗るタイミングとしては、入浴後や起床後などをおすすめします。

また、早く効かせたいと思って、大量に塗っても効果は変わりませんので、必ず適量を塗布するようにしましょう。

ゲンタシンの副作用と注意点

ゲンタシンの知っておくべき副作用

副作用はほとんどありませんが、まれに、お薬の成分に対するアレルギー症状である発疹・発赤、はれ、かぶれなどの副作用が出ることがあります。かゆみなどの兆候が見られた際は、使用しないようにしましょう。

また、広範囲に渡って使用したり、長い期間使用すると、アミノグリコシド系の抗生剤の副作用である、「腎障害」や「難聴」を引き起こすことがあります。
このような症状が現れた場合はすぐに使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

次に該当する方は使用しないでください

塗り薬で副作用は少なく安全なので、乳幼児から高齢の方まで幅広く処方されることがあります。ただ、下記の方は注意が必要です。

・過去にゲンタマイシン、また、他のアミノグリコシド系の抗生剤やパシトラシン(抗生剤)で、アレルギー症状を起こしたことがある方
・目に対して使用を考えている方(目に使用はできません)

ゲンタマイシンと同じ成分の市販薬はある?

残念ながら、現状では、ゲンタマイシンの成分であるゲンタマイシン硫酸塩を含む市販薬は販売されておりません。病院で医師の診断を受け、処方箋でのみお薬を手にいれることができます。

ただ、ゲンタマイシンと同じように、種類は違いますが抗生物質を含む塗り薬、市販薬は販売されております。代表例を紹介します。

フルコートf 第2類医薬品

成分:フルオシノロンアセトニド(ステロイド)、フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質)
抗生物質と、抗炎症作用のあるステロイドの成分が含まれており、化膿を伴っているような患部の細菌の増殖を防ぎ、炎症をおさえる効果が期待できます。

ドルマイシン軟膏 第2類医薬品

成分:パシトラシン(抗生物質)、フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質)、ヒドロコルチゾン酢酸エステル(ステロイド)
2つの抗生物質と、ステロイドの成分を含んでおり、細菌の感染と炎症に両方に効果が期待できます。

テラマイシン軟膏a 第2類医薬品

成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩(抗生物質)、ポリミキシンB硫酸塩(抗生物質)
2つの抗生物質が含まれており、効果がある菌の範囲が広く、幅広く効果が期待できます。

おわりに

ゲンタシン軟膏の成分についてと、期待できる効果や副作用について参考になりましたでしょうか?

ゲンタシン軟膏が抗生物質を含んでいるために皮膚感染症や二次感染の予防に使用されるということを覚えておけば、どんな症状の場合にゲンタシン軟膏が有効であるか理解できるかと思います。

幅広く使用され有効なゲンタシンですが、お薬を塗っても、症状が改善しない、ひどくなっている場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。