『こむら返り』が起こる5大原因

1.栄養素不足

夏は暑さから夏バテしやすく、食欲が落ちやすいです。栄養バランスが乱れ、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルや、ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足すると、筋肉や神経が興奮しやすく、また疲労しやすくなります。その結果、ミネラルのバランスが崩れ、筋肉が異常興奮状
態である痙攣が起こりやすくなります。

2.水分不足

水分が不足すると、筋肉や神経の動きを調整するミネラルの働きが崩れ、その影響で筋肉が収縮してこむら返りが起こることがあります。夏場は汗をかくことが多く、脱水症状を予防するためにも、日頃からしっかりと水分補給することが大切です。

3.運動不足

普段ほとんど使っていない筋肉を急に使うと、その刺激が筋肉の神経へ伝わります。刺激を与えられた神経が異常な緊張をすることで起こることがあります。運動する時は、必ず準備運動を行い、筋肉をほぐしておきましょう。

4.血行不良

冷房が効きすぎた部屋の中にいると、身体が冷えて血行が悪くなります。その影響で筋肉の異常な収縮が起こることがあります。長時間立ちっぱなしの状態が続いても血行が悪くなるので、同じようなことが起こることがあります。

5.病気

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを患っている場合や、動脈硬化症、糖尿病、肝臓病などが影響していることがあります。また薬の副作用で起こることもあるため、このような疑いがある場合は医療機関で相談されることをおすすめします。

●妊娠中の方はご用心●

妊娠後期になるにつれてお腹の赤ちゃんが成長し、重くなります。大きくなったお腹を支えようと普段の歩き方や背中の筋肉の使い方も変わり、その影響で緩んだ骨盤がゆがみやすくなります。骨盤に負担がかかると、間接的につながっている足の筋肉にも影響が出て、足がつりやすくなります。

毎日の食事にちょっとひと工夫!◆ミネラル・水分補給を大切に◆

①ミネラルを補給しましょう

28 件