目次:メトグルコが2型糖尿病に一番効く!といえる理由

1. メトグルコは2型糖尿病にもっとも効果の高い薬である
・糖尿病治療の「真の目的」とは?
・メトグルコ (メトホルミン) は死亡率などを減らす効果が証明されている
2. メトグルコが使えない条件とは?
3. メトホルミンの副作用
・乳酸アシドーシスは、本当にごく稀
・その他、よくある副作用
4. 1型糖尿病にもメトホルミンを使う?
5. まとめ
6. 参考文献

1. メトグルコは2型糖尿病にもっとも効果の高い薬である

糖尿病は、日本において300万人以上の患者さんがいるありふれた病気で (1)、大きく1型と2型に分けることができます。膵臓からは、「インスリン」という唯一の血糖値を下げる効果を持つホルモンが分泌されます。簡単にいえば、1型糖尿病はこのインスリンが膵臓から出なくなったもの、2型糖尿病はインスリンの分泌能力はあるものの、量が足りなかったり効きが悪くなったりしたものを指します。
どうして糖尿病を1型と2型に分けるのかといえば、治療方法が異なるから です。1型の場合は、膵臓からインスリンが出ないので、外から薬としてインスリンを補充してあげる必要があります。これがよく耳にする「インスリン注射」です。したがって1型糖尿病では、治療薬はインスリンしかありません。 言い換えると、1型糖尿病の患者さんは、インスリンが出ない点を除けば健常者と何ら変わるところがありません。そのため、インスリンさえ補充していればOKともいえ、治療は非常に単純です。
一方の2型ですが、頻度はこちらが圧倒的に高く、食べ過ぎや運動不足による肥満などが一因となっている、「生活習慣病」に分類されます。2型糖尿病では、膵臓がインスリンを分泌する能力がまだ残っているので、必ずしもインスリン注射は必要ありません。その代わりに、食事や運動などの生活習慣を改善することが求められます。
それでもダメなら、血糖値を下げる効果がある薬を使うことになります。こうした薬には、一部インスリンと同じように自己注射が必要なタイプもありますが、大部分は飲み薬です。また、薬の種類も多いため、どの患者さんにどの薬をどのくらい使うか?という、選択の問題が生じます。
ところが、これまでの数多くの臨床研究の成果として、2型糖尿病にもっとも効果の高い薬が何であるかは、すでにほぼ確定的となっています。それが他ならぬ、メトグルコです。 ちなみに、「メトグルコ」は薬の商品名で、有効成分は「メトホルミン 」といいます (2)。最近では、薬の名前は成分名で記載されるケースもありますから、両方を目にする機会があるでしょうが、これらは同じものと考えて問題ありません。
さて、メトグルコ (メトホルミン) がどうして2型糖尿病の治療薬としてもっともすぐれているといえるのか、その理由をまずは説明していきましょう。

糖尿病治療の「真の目的」とは?

突然ですが、糖尿病を治療するのはいったいなぜか 、考えたことがあるでしょうか?
「もちろん、血糖値を下げることでしょう」と即答されるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?確かに、例えば食事療法によって、前回の受診時と比較して血糖値が下がっていたなら、主治医に褒められるでしょう。それはそれで嬉しいに違いありませんが、よく考えてみれば、「血糖値そのもの」が目的ではないはずです。
つまり、高い血糖値を放置しておくと、何か悪いことが起きる、または血糖値を下げると、何かよいことがあるはずです。だからこそ、手間をかけてまで治療を受けようとし、我々医療者はそれを勧めるわけです。血糖値そのものはあくまでも「仮の目的」に過ぎず、その背後にはもっと重要な「真の目的」があります 。では、その「真の目的」とは何か?次に問題になるのはこの点です。
結論をいってしまえば、それは死亡率や心筋梗塞・脳卒中などの命にかかわる病気の発症率を低下させること です (3)。血液中で過剰になった糖分は、血管にダメージを与え、この結果として血管が固くなる「動脈硬化」という状態になりやすくなります。動脈硬化が進行した血管は、詰まりやすくなり、こうなるとその血管が通っている臓器や組織に大きなダメージとなります。糖尿病の「三大合併症」と呼ばれるものに、腎臓・末梢神経・眼の病変が挙げられます が、これらはすべて血管の損傷がそのベースにあるのです。
これらだけでも十分に深刻ですが、もっと直接的に命にかかわる血管があります。それが心臓と脳の血管で、これらが詰まるのがそれぞれ心筋梗塞と脳卒中 (厳密には脳梗塞) です。これらの病気は何としても避ける必要があり、そのためには動脈硬化を進行させないことが重要です。
47 件