「アルプラゾラム」の飲み合わせ・副作用は?効果について – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 「アルプラゾラム」の飲み合わせ・副作用は?効果について | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

「アルプラゾラム」の飲み合わせ・副作用は?効果について

参考になった4

2024/4/11
2,653
不安やうつなどのこころの薬として用いられることが多い『アルプラゾラム』。商品名では「ソラナックス」「コンスタン」。病院で処方される薬です。
アルプラゾラムは「ベンゾジアゼピン系」の抗不安薬で、特に強い不安やパニック発作時に使用されることが多い薬です。
今回は、アルプラゾラム(商品名:ソラナックス)の効果や用いられる症状、副作用・してはいけないことについて詳しく解説します。
また、アルプラゾラムと一緒に使用できる市販薬についても紹介しています。いざという時に役立ててください。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品の各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく(アフィリエイトリンクがメーカーサイト、商品公式サイト等である場合を含みます)、特定商品の誘引を企図したものではありません。なお、各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましては、景品表示法上の観点で「PR」等、広告である旨の表記がされることがありますが、当コラム記事におきましては、2.項記載の通りですので、薬機法上の広告に該当するものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は、一切の責任を負うものではありません。

全部見る

アルプラゾラムの効果・副作用について


それでは抗不安薬アルプラゾラムの効果や副作用について詳しく解説していきます。

アルプラゾラムの効果・有効成分・特徴は?

アルプラゾラムの効果・有効成分・特徴は?

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の1つであるアルプラゾラムは、不安や緊張が強く日常生活に支障をきたすような場合に処方されることが多い薬です。
同じ系統の薬でよく知られている「デパス」と比べると、抗不安作用や精神的な不安・緊張による動悸などを和らげて落ち着かせる鎮静作用は強く、筋肉をほぐす作用は弱いです。
そのため、ふらつき・転倒などのリスクがへり、不安などを比較的長く和らげるため、よく用いられる薬の1つとなります。

どんな症状に使われる?使用される症状の簡単な一覧

どんな症状に使われる?使用される症状の簡単な一覧

アルプラゾラムは次のような症状で用いられます。
・心身症(胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における身体症候
心理社会的ストレスの影響で生じる胃痛、下痢、便秘や痛み(頭、腹部、肩、手足など)、胸腹部のもたれ、吐き気、全身倦怠感など
・不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
始めは不安になった時に1錠飲むような頓用や寝つきが悪いなどがある場合は寝る前に1錠で処方されることが多い薬です。
経過や症状に合わせて処方の量は変わることがあります。


アルプラゾラムの飲み合わせ・服用方法などの注意点


アルプラゾラムの飲み合わせや服用方法の注意点についてご紹介いたします。

アルプラゾラムの剤型・服用方法は?

アルプラゾラムの剤型・服用方法は?

薬は錠剤のみで内服になります。頓用か寝る前1日1回の使用から始まることが多いです。
使い方は、1日1.2mg(0.4mg錠3錠)を3回に分けて1回1錠で内服します。添付文書上では、「増量する場合には最高用量を1日2.4mg(6錠)として少しずつ増量して、1日3〜4回に分けて服用します。
高齢者の場合は、1回0.4mg(1錠)の1日1〜2回投与から開始します。増量する場合でも1日1.2mg(3錠)までになります。

アルプラゾラムと飲み合わせの悪い薬

アルプラゾラムと飲み合わせの悪い薬

絶対に避ける薬はないですが、アルプラゾラムを体内で分解するための「薬物代謝酵素」と呼ばれる酵素が同じ薬を飲み合わせると、飲み合わせた薬の効果が強く出る、あるいは分解されて期待する効果が得られない可能性があります。また同じ系統の薬を併用すると相乗効果が見られます。
具体的には、中枢神経系に作用するバルビツール酸系やフェノチアジン系の薬、アルコールは眠気や注意力の低下などが起きることがあります。
リトナビル含有製剤、エンシトレルビル フマル酸、イトラコナゾール、ポサコナゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、シメチジン、イミプラミン、デシプラミンと併用すると、体の中でアルプラゾラム濃度が上がって強く作用する可能性があります。
カルバマゼピンは併用することでアルプラゾラムの分解が進んで血中濃度が下がり効果が弱まって期待される効果が得られない可能性があります。
ジゴキシンは濃度が上がることが報告されています。

今すぐ飲み合わせを確認するには?

EPARKお薬手帳 [PR]

飲み合わせの確認はこちら

今すぐ飲み合わせを確認したい方は、EPARKお薬手帳アプリがおすすめ。
病院で処方されたまたはご自身で購入した、今服用しているお薬と市販薬のチェックが可能!

他にもお薬と食品の飲み合わせもチェックできます。

アプリに今まで服用していたお薬や服用中のお薬をまとめて登録しておくことで、いつも簡単に飲み合わせチェックができるため、登録しておきましょう

\ 30秒で完了! /
さっそくチェックする


妊婦さん・授乳中は服用できる?

妊婦さん・授乳中は服用できる?

添付文書には、「妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。」と記載があります。
治療上必要な場合は医師の判断の上で使用される場合があります。具体的には、同じ種類の薬で奇形が見られたり、動物では胎児に異常が見られた報告があります。また、薬の作用が新生児に影響して、哺乳困難、嘔吐、呼吸抑制、離脱症状や新生児仮死、黄疸の増強が現れる場合があります。
添付文書では「授乳を避けさせること。ヒト母乳中への移行が報告されている」とあり、授乳中は飲まないか、飲むのであれば授乳を避けましょう。
母乳中に移行して新生児に眠気、体重減少等を起こすことが報告されています(他のベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム))。また、黄疸を増強する可能性があります。

その他の注意事項について

その他の注意事項について

前提として、急性閉塞隅角緑内障の患者、重症筋無力症の患者は使用することができません。緑内障の方は眼科の主治医に確認してください。
その他、一般的な注意事項として、寝つきや不安を改善する薬のため、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあります。アルプラゾラムを服用中は自動車の運転等の危険を伴う機械の操作は避けてください。
また、継続して使用することにより薬物依存を生じることがあると、添付文書上で注意喚起されています。長く継続している場合に不安があるならば、主治医に相談しましょう。


アルプラゾラムの副作用ついて


アルプラゾラムの副作用について、一般的な副作用と重篤な副作用を紹介いたします。

一般的に考えられる副作用は?

一般的に考えられる副作用は?

一般的な副作用は、その薬の作用が望んでいない場面で出た時に現れた時を始め、胃腸や内臓、検査データの変化などがあります。
良く感じられる副作用として、眠気があります。また、ふらつき、転倒、脱力感・倦怠感など筋肉の緊張が低下することによる副作用にはケガの可能性もあるため注意してください。その他、頭痛、不眠、健忘、口の渇き、吐き気、食欲不振、下痢、便秘、肝機能の血液データ値の上昇、過敏症、発疹、光線過敏症などが報告されています。

重篤な副作用はある?

重篤な副作用は5種類報告されています。
1.依存性、離脱症状
連用により薬物依存を生じることがあります。また、連用中に投与量の急激に減らしたり中止をすることによって、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあり、投与を中止する場合には、徐々に減量することが必要です。
2.刺激興奮、錯乱
3.呼吸抑制
慢性気管支炎等の呼吸器疾患の患者に用いる場合に、呼吸抑制が報告されています。
4.アナフィラキシー
そう痒、蕁麻疹、顔面潮紅・腫脹、息切れ等のアナフィラキシーがあらわれることがあります。
5.肝機能障害、黄疸
AST、ALT、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が報告されています。


アルプラゾラムと一緒に使える市販薬はなに?症状別9選


アルプラゾラムと一緒に使うことができる市販薬をご紹介いたします。基本的にお薬を分解するときにお互いを阻害しあわないものから選んでいます。併用する場合も想定して、予め主治医に確認することをおすすめ致します。

アルプラゾラムと一緒に使える解熱鎮痛剤 3選

アルプラゾラムと一緒に使用できる解熱鎮痛剤を3つ選びました。
市販薬として販売されるようになったロキソプロフェンや子どもから使用できるアセトアミノフェン、異なる代謝酵素で分解されるイブプロフェンの3種類を紹介します。


PR

アラクス

ノーシンアセトアミノフェン錠

最安値 395

飲みやすいアセトアミノフェン単剤の錠剤

有効成分の解熱鎮痛剤アセトアミノフェンのみの薬です。7歳以上から服用できます。
小粒でのみやすい錠剤タイプです。
眠気を誘発する成分は入っておらず、またノンカフェインなので眠りを妨げることもありません。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 2錠中
アセトアミノフェン300mg
効果・効能 1.悪寒・発熱時の解熱
2.頭痛・関節痛・咽喉痛・耳痛・筋肉痛・肩こり痛・腰痛・神経痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
用法・用量 次の用量をなるべく空腹時をさけて服用してください。
服用間隔は4時間以上おいてください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
●成人(15歳以上):2錠:3回を限度とする
●7歳以上15歳未満:1錠:3回を限度とする
●7歳未満の乳幼児:服用しないこと
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談
授乳中:記載なし
使用が可能な年齢 7歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

第一三共ヘルスケア

ロキソニンS 12錠

最安値 220

痛みを素早く抑えるロキソニンS

有効成分ロキソプロフェンナトリウム水和物が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、鎮痛効果・解熱効果を発揮します。
眠くなる成分を含みません。1回1錠でよく効きます。15歳以上から使用が可能です。

分類 第1類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1錠中
ロキソプロフェンナトリウム水和物:68.1mg(無水物として60mg)
効果・効能 ●頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
●悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 次の量を、水又はお湯で服用して下さい。
成人(15歳以上)1回量1錠、1日服用回数2回まで。症状があらわれた時、なるべく空腹時をさけて服用して下さい。ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できます。
服用間隔は4時間以上おいて下さい。
15歳未満は服用しないで下さい。
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 使用不可:出産予定日12週以内の妊婦
その他の妊娠中・授乳中:要相談
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 直径約9mm
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

佐藤製薬

リングルアイビー 36P

最安値 1,033

ソフトジェルが飲みやすい解熱鎮痛剤

有効成分イブプロフェンが配合された小粒のジェルカプセルで飲みやすくなっています。液状のため吸収がよく、速く効きます。
他の消炎鎮痛成分でなくイブプロフェンを使用したい方におすすめできます。15歳以上の使用になります。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1カプセル中
イブプロフェン150mg
効果・効能 ●頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
●悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 下記の1回服用量をなるべく空腹時をさけて服用します。服用間隔は4時間以上おいてください。
成人(15才以上)1回服用量1カプセル、1日服用回数3回を限度とします
15才未満・・・服用しないでください
タイプ ソフトカプセル剤
妊娠中・授乳中の使用 使用不可:出産予定日12週以内の妊婦
その他の妊娠中・授乳中:要相談
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

アルプラゾラムと一緒に使える風邪薬 3選

アルプラゾラムと一緒に使える風邪薬については、眠気を起こすような成分が入っていないものから選びました。そのため、漢方薬を3種類ご紹介いたします。葛根湯、香蘇散、桔梗湯をおすすめします。


PR

クラシエ

香蘇散料エキス顆粒「クラシエ」90包

胃腸が弱く風邪が長引きやすい方の風邪薬

香蘇散は、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱い人のかぜの初期、血の道症に効果があります。
女性や高齢者だけでなく、胃腸がよわい子どもの風邪にも使いやすい漢方薬です。この薬で直接眠気を起こすことはありませんが、不眠や不定愁訴などにも用いられることがあります。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 成人1日の服用量3包(1包1.5g)中、次の成分を含んでいます。
香蘇散料エキス 850mg
コウブシ1.75g、チンピ1.5g、ソヨウ0.75g、カンゾウ・ショウキョウ各0.5gより抽出
効果・効能 体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いものの次の諸症:かぜの初期、血の道症
(注)「血の道症」とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状を指します。
用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上) 1回1包
15才未満7才以上 1回2/3包
7才未満4才以上 1回1/2包
4才未満2才以上 1回1/3包
2才未満 服用しないこと

タイプ 顆粒
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談
授乳中:記載なし
使用が可能な年齢 2歳以上
錠剤・タブレットの大きさ ×
薬の風味 甘くて辛い
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

ツムラ

ツムラ漢方 葛根湯 エキス顆粒A 20包

最安値 1,687

寒気を感じるような風邪のひきはじめに

眠気を起こす成分を含みません。
ゾクゾクと寒気を感じるような風邪のひきはじめに適している漢方薬です。
体を温めて熱を発散させ、かぜのひきはじめ、肩こり、鼻かぜ、頭痛、筋肉痛、手や肩の痛みに効果を発揮します。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 本品2包(5.0g)中、下記の割合の葛根湯エキス(2/3量)2.5gを含有します。
日局カッコン 2.68g、日局ケイヒ 1.34g、日局タイソウ 2.01g、日局シャクヤク 1.34g、日局マオウ 2.01g、日局ショウキョウ 1.34g、日局カンゾウ 1.34g
効果・効能 体力中等度以上のものの次の諸症:
感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み
用法・用量 次の量を、1日2回食前に水またはお湯で服用してください。
年齢:成人(15歳以上)1回量:1包(2.5g)
年齢:7歳以上15歳未満1回量:2/3包
年齢:4歳以上7歳未満1回量:1/2包
年齢:2歳以上4歳未満1回量:1/3包
年齢:2歳未満1回量:服用しないでください
タイプ 顆粒
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談
授乳中:記載なし
使用が可能な年齢 2歳以上
錠剤・タブレットの大きさ ×
薬の風味 苦くて甘い
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

ツムラ

ツムラ漢方桔梗湯エキス顆粒

最安値 1,690

のどの痛みに素早く効く漢方薬

のどの痛みや風邪の初期で咳が出るようなときにおすすめです。
かぜや乾燥、声の出し過ぎなどで、のどが痛む方におすすめです。
のどの炎症を抑える漢方薬で、飲むときに口の中にとどめてゆっくりと飲んでいくことでより効果を発揮します。
2歳以上から使用できます。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 本品2包(3.75g)中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス0.625gを含有します。
日局カンゾウ 1.5g、日局キキョウ 1.0g
効果・効能 体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛み、ときにせきがでるものの次の諸症:
扁桃炎、扁桃周囲炎
用法・用量 次の量を、1日2回少しずつ口中に含み、水またはお湯で、徐々に溶かし服用してください。
成人(15歳以上):1包(1.875g)       
7歳以上15歳未満  :2/3包
4歳以上 7歳未満  :1/2包
2歳以上 4歳未満:1/3包
2歳未満  :服用しないでください
タイプ 顆粒
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談、授乳中:可能
使用が可能な年齢 2歳以上
錠剤・タブレットの大きさ ×
薬の風味 甘い
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

アルプラゾラムと一緒に使える胃薬 3選

アルプラゾラムと一緒に用いられる胃薬は、漢方成分が主成分の薬、漢方薬、生薬配合の3つを選びました。病院で処方される胃薬の中には、併用に注意が必要な薬もあるので、今回ご紹介する薬だけでなく他科で処方された場合も主治医や保険薬局の薬剤師に飲み合わせの確認をしてください。


PR

エーザイ

新セルベール整胃プレミアム<錠> 18錠

最安値 737

胃を保護し、消化を助ける錠剤タイプ

胃粘膜保護成分テプレノンが従来に比べて増量されました。
また、生薬成分コウボク・ソウジュツが胃に鬱滞した水分の調節をして胃の動きを活発にし、消化酵素リパーゼが脂肪を分解して、消化を助けます。
1回1錠、1日3回の飲みやすい錠剤です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 成人1日量3錠中
テプレノン150mg
ソウジュツ乾燥エキス
(原生薬としてソウジュツ)150mg(1.5g)
コウボク乾燥エキス
(原生薬としてコウボク)83.4mg
(1.0g)
リパーゼAP6 14.7mg
効果・効能 胃もたれ、食べすぎ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸やけ、飲みすぎ、はきけ
(むかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、胸つかえ
用法・用量 次の量を食後に水またはお湯で服用してください。
成人(15歳以上)1回量1錠、服用回数1日3回
小児(15歳未満)服用しないこと
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談、授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 テプレノン
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

大正製薬

大正漢方胃腸薬 48包

最安値 1,669

漢方薬処方が2種類配合された胃腸薬

弱った胃の働きを活発にする安中散と筋肉のけいれんを抑え胃痛などに効果がある芍薬甘草湯を配合した胃腸薬です。
胃腸が弱い方に、胃腸の働きを整えて胃痛などを改善します。
香り・風味を良くしてあり、微粒タイプですので、漢方薬として販売されているものに比べると飲みやすくなっています。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1包(1.02g)中
安中散(下記生薬の混合粉末)700mg
ケイヒ(桂皮)200mg
エンゴサク(延胡索)150mg
ボレイ(牡蠣)150mg
ウイキョウ(茴香)75mg
シュクシャ(縮砂)50mg
カンゾウ(甘草)50mg
リョウキョウ(良姜)25mg
芍薬甘草湯エキス末(下記生薬の抽出乾燥エキス末)140mg
シャクヤク(芍薬)280mg
カンゾウ(甘草)280mg
効果・効能 胃のもたれ、胃部不快感、胃炎、胃痛、げっぷ、食欲不振、腹部膨満感、胸つかえ、胸やけ、胃酸過多、腹痛、はきけ(むかつき、悪心)
用法・用量 次の量を食前又は食間に水又はぬるま湯で服用してください。
15才以上:1回1包 1日3回
5~14才:1回1/2包 1日3回
5才未満:服用しないこと
タイプ 細粒・顆粒剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能:念のため相談を
使用が可能な年齢 5歳以上
錠剤・タブレットの大きさ ×
薬の風味 わずかに苦く甘い
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 カンゾウ等
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

クラシエ薬品

六君子湯 24H

最安値 1,499

冷え症の方の胃痛や胃もたれを改善する

六君子湯(りっくんしとう)は、体のエネルギーが滞り(気滞)、胃腸の働きが鈍っているときに「気」を補い巡りをよくし、胃腸のはたらきを高めて、胃痛や胃もたれを改善します。
体が冷え症気味で疲労感が強い方の胃の不調におすすめです。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 成人1日の服用量3包(1包1.2g)中、次の成分を含んでいます。
六君子湯エキス(1/2量)2,050mg
ニンジン・ビャクジュツ・ブクリョウ・ハンゲ各2.0g、チンピ・タイソウ各1.0g、カンゾウ0.5g、ショウキョウ0.25gより抽出
効果・効能 体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
用法・用量 1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上) 1回1包
15才未満7才以上 1回2/3包
7才未満4才以上 1回1/2包
4才未満2才以上 1回1/3包
2才未満    1回1/4包    3ヶ月未満の乳児には服用させないこと。1才未満の乳児には医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
タイプ 顆粒剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:要相談
授乳中:記載なし
使用が可能な年齢 3ヶ月以上
錠剤・タブレットの大きさ ×
薬の風味 わずかに甘く苦い
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 カンゾウ等
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×


【比較一覧表】この記事で紹介している商品


商品名

アラクスノーシンアセトアミノフェン錠

第一三共ヘルスケアロキソニンS 12錠

佐藤製薬リングルアイビー 36P

クラシエ香蘇散料エキス顆粒「クラシエ」90包

ツムラツムラ漢方 葛根湯 エキス顆粒A 20包

ツムラツムラ漢方桔梗湯エキス顆粒

エーザイ新セルベール整胃プレミアム<錠> 18錠

大正製薬大正漢方胃腸薬 48包

クラシエ薬品六君子湯 24H

最安値

【PR】

※外部サイトが開きます

395

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

220

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,033

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,687

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,690

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

737

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,669

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,499

送料:要確認 Amazon 詳細を見る
特徴 飲みやすいアセトアミノフェン単剤の錠剤 痛みを素早く抑えるロキソニンS ソフトジェルが飲みやすい解熱鎮痛剤 胃腸が弱く風邪が長引きやすい方の風邪薬 寒気を感じるような風邪のひきはじめに のどの痛みに素早く効く漢方薬 胃を保護し、消化を助ける錠剤タイプ 漢方薬処方が2種類配合された胃腸薬 冷え症の方の胃痛や胃もたれを改善する
商品リンク

【PR】

※外部サイトが開きます


『アルプラゾラム』に関するQ&A


『アルプラゾラム』に関するQ&A

アルプラゾラムに関してよくある質問をまとめています。アルプラゾラムに関しての質問は、副作用を懸念する声が多くあったので、その中からいくつか質問をまとめました。


パニック障害でアルプラゾラム錠を処方されました。特に飛行機や新幹線などが怖くて頓用の指示で出してもらいました。乗った後と乗る前とどちらに飲むとよいのでしょうか?
乗り物に乗った後ですと、効き目が表れる前に症状が出てしまう可能性もあります。そのため、飛行機や新幹線などに乗る前に前もって飲んでおくとよいでしょう。個人差はありますが、30分から1時間程度で効果が発揮されるとされています。飛行機ならチェックイン後に、新幹線なら自宅を出る前~新幹線待合室にいる頃などが良いでしょう。
今までデパスを処方されていたのですが、効き目が薄いと言ったらアルプラゾラム錠に変わりました。強いのではないかと不安です。アルプラゾラムは強いのでしょうか?
強いか弱いかというと、不安や緊張などに対する効果については、デパスよりも強い、作用時間はより長いといわれています。しかし、デパスに比べて筋肉への作用が小さいのでふらつきや転倒などのリスクが低くなるといわれています。
私はシングルマザーで1歳の子がいます。アルプラゾラムを処方されたのですが、副作用や離脱症状が怖くて飲むことができません。特に副作用を調べたら妄想というのがあり、怖くて仕方がなく、飲んでいないので医師にも言えません。この薬について教えてください。
まずは医師への相談をしていただく方が良いでしょう。また子どもが1歳ということで、まだ授乳をされているのであれば、授乳中は適さない薬になります。そのあたりも相談していただく方が良いでしょう。離脱症状に関しては、適切に低用量から使用していく、中止の際に徐々に減らしていくことで避けることができるといわれています。ただ、どうしても不安でしたら、漢方薬を使用する方もいるようなので医師に相談して納得の上治療を開始することをおすすめいたします。

まとめ


まとめ

アルプラゾラムは、若い人から高齢者まで筋肉への作用が小さいためよく用いられています。

薬についての様々な情報があふれているため、治療において必要な薬である反面、不安を感じている人も多いようです。
不安や恐れを感じる場合は、主治医に相談しましょう。医師と自分の治療に関してのコミュニケーションを取ることも大切です。不安のままでいることなく、納得して治療を受けることは大切なことです。
この記事が少しでも役に立って治療を応援できれば幸いです。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

身体全体の症状
  1. こころ
  2. 乗り物酔い
  3. 二日酔い
  4. 発熱
  5. 眠気・不眠
  6. 神経痛
  7. 禁煙補助
  8. 糖尿病
  9. 貧血
  10. 風邪
  11. 高コレステロール
  12. 高血圧

特集