アスベリンの効果・効能/飲み合わせ・併用禁忌を解説~一緒に使える市販薬も紹介~ – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 アスベリンの効果・効能/飲み合わせ・併用禁忌を解説~一緒に使える市販薬も紹介~ | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

  • コラムトップ
  • くすり
  • アスベリンの効果・効能/飲み合わせ・併用禁忌を解説~一緒に使える市販薬も紹介~

アスベリンの効果・効能/飲み合わせ・併用禁忌を解説~一緒に使える市販薬も紹介~

参考になった0

2024/6/3
617
風邪を引いて医療機関を受診した際に医師から「アスベリン」が処方されたことはあるでしょうか?アスベリンはさまざまな疾患に伴う咳や痰が出にくい状態に対して使用される医療用医薬品です。この記事ではアスベリンがどのような効果があるのか、使用する際の注意点について解説するとともに市販薬で一緒に使用しても問題ないものについて紹介していきます。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品の各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく(アフィリエイトリンクがメーカーサイト、商品公式サイト等である場合を含みます)、特定商品の誘引を企図したものではありません。なお、各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましては、景品表示法上の観点で「PR」等、広告である旨の表記がされることがありますが、当コラム記事におきましては、2.項記載の通りですので、薬機法上の広告に該当するものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は、一切の責任を負うものではありません。

全部見る

アスベリンの効果・副作用・特徴について


薬剤師

山本恭平さんのコメント

まず最初にアスベリンについて効果、有効成分や副作用の観点から紹介していきます。

アスベリンの効果・有効成分・特徴は?

アスベリンの効果・有効成分・特徴は?

アスベリンは1959年から使用されているとても歴史がある薬です。有効成分としてチペピジンヒベンズ酸塩を含有しています。延髄の咳中枢を抑制して咳を止める作用と気管支腺分泌促進作用により去痰作用を発揮します。2024年5月現在、アスベリンの添付文書(医薬品の公的文書)における効能として以下が挙げられます。

下記疾患に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難
感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)、気管支拡張症


どんな症状に使われる?使用される症状の簡単な一覧

どんな症状に使われる?使用される症状の簡単な一覧

上述したようにアスベリンはさまざまな疾患における咳に対して使用されたり、痰が出にくい状態に対して使用されます。感冒(いわゆる風邪)や急性気管支炎に伴う咳に対して医師から処方されるケースが多いでしょう。

重篤な副作用はある?

重篤な副作用はある?

アスベリンの添付文書を参考にすると頻度不明ですが重大な副作用としてアナフィラキシーが報告されています。
咳や腹痛、嘔吐、発疹、呼吸困難感などが現れることがあるので注意が必要です。その他頻度としては0.1~5%未満と低いですが、眠気や不眠、食欲不振、便秘、かゆみなどが現れることがあります。また過量に服用することにより、眠気、めまい、興奮、意識障害などが現れることがあると報告されているため、必ず医師の処方通り服用するようにしましょう。


アスベリンの飲み合わせ・服用方法などの注意点


ここまでアスベリンの効果や有効成分、副作用について紹介しました。ここからはアスベリンの飲み方や相互作用などについて紹介していきます。

アスベリンの剤型・服用方法は?

アスベリンの剤型・服用方法は?

2024年5月現在、アスベリンの剤形は「錠剤」、「散(粉薬)」、「ドライシロップ(粉薬)」「シロップ」があります。錠剤については成人にのみ適応がありますが、粉薬やシロップ剤については1歳未満から適応がありますので小児でも使用することが可能です。用法としては定められた量を1日3回に分割して服用します。特に食後の規定はありませんが忘れないようにするために毎食後で処方されるケースが多いと思います。


アスベリンと飲み合わせの悪い薬

アスベリンと飲み合わせの悪い薬

アスベリンの添付文書を参考にするとアスベリンと一緒に飲むことが禁止されている薬や一緒に飲むことについて注意する薬については記載されていません。そのため多くの薬が一緒に服用しても問題ないと考えられますが、他の咳止めを併用する場合には注意が必要です。特に咳止めの作用機序が同じようなものは特に注意が必要です。咳止めをすでに服用している方は必ずアスベリンを開始する前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

今すぐ飲み合わせを確認するには?

EPARKお薬手帳 [PR]

飲み合わせの確認はこちら

今すぐ飲み合わせを確認したい方は、EPARKお薬手帳アプリがおすすめ。
病院で処方されたまたはご自身で購入した、今服用しているお薬と市販薬のチェックが可能!

他にもお薬と食品の飲み合わせもチェックできます。

アプリに今まで服用していたお薬や服用中のお薬をまとめて登録しておくことで、いつも簡単に飲み合わせチェックができるため、登録しておきましょう

\ 30秒で完了! /
さっそくチェックする

妊婦さん・授乳中は服用できる?

妊婦さん・授乳中は服用できる?

アスベリンの添付文書を参考にすると妊婦さんへの投与については治療の有益性が危険性が上回る場合のみ投与するよう記載されており、授乳中の使用については治療の有益性と母乳栄養の有益性を考慮して授乳の継続・中止を考慮するよう記載されています。
そのため、妊娠中、授乳中どちらも使用可能な薬であると解釈できますが、必ず主治医に妊娠中、授乳中であることを伝えるようにしてください。

その他の注意事項について

その他の注意事項について

その他注意事項としてアスベリンの添付文書を参考にすると2つの注意事項があります。
1つ目は、アスベリンを服用することで赤みがかった着色尿がみられることがあることです。尿が赤くなると血尿ではないか?と心配になると思いますが、アスベリンが代謝された成分が尿から排泄されることにより尿が赤くなるだけで副作用ではないので安心してください。もちろん赤い尿が血尿の可能性もありますのでアスベリンの服用が終わっても赤い尿が続いたり、その他にも気になる症状があったりする場合には早めに相談してください。

2つ目はシロップを服用する前に均一になるように振り混ぜて沈殿が生じていないことを確認してから服用することです。沈殿が生じていると有効成分が必要量体内に入らない可能性があります。


アスベリンと一緒に使える市販薬はなに?症状別9選


ここまでアスベリンの効果や有効成分、副作用、使用する上での注意点について紹介しました。ここからはアスベリンと一緒に使用できる市販薬について代表的な区分である解熱鎮痛剤、風邪薬、胃薬について紹介します。

アスベリンと一緒に使える解熱鎮痛剤 3選

アスベリンと一緒に使用できる解熱鎮痛薬についてここでは紹介します。基本的には解熱鎮痛薬の成分とアスベリンとの飲み合わせは問題ないため、ご自身が使い慣れているものや症状に合ったものを選択して頂いて構いません。

PR

第一三共ヘルスケア

ロキソニンS 12錠

最安値 469

医療用医薬品と同じ効果で治療する

有効成分のロキソプロフェンナトリウム水和物が熱や痛みの原因となるプロスタグランジンの合成を抑えて解熱鎮痛効果を発揮します。医療用医薬品と同じ有効成分・含有量であり1回1錠で効果を発揮します。

分類 第1類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1錠中:ロキソプロフェンナトリウム水和物(60mg)
効果・効能 〇頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 1回1錠、1日2回、再度症状が現れたら3回目まで服用可能
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:出産予定12週以内の方は使用不可
授乳中:授乳を避ける
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

大正製薬

ナロンエースT 84錠

最安値 1,296

4つの有効成分が痛みに効く

有効成分のイブプロフェンとエテンザミドは痛みや熱の原因物質を合成を抑えることで痛みや熱をやわらげます。またブロモバレリル尿素と無水カフェインが2つの解熱鎮痛成分の効果を助けます。小型の錠剤であり飲みやすい点も特徴です。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 2錠中:イブプロフェン(144mg)、エテンザミド(84mg)、ブロモバレリル尿素(200mg)、無水カフェイン(50mg)
効果・効能 〇頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・腰痛・肩こり痛・筋肉痛・関節痛・打撲痛・ねんざにともなう痛み(ねんざ痛)・骨折痛・外傷痛・神経痛・咽喉痛(のどの痛み)・耳痛の鎮痛
〇悪寒(発熱によるさむけ)・発熱時の解熱
用法・用量 1回2錠、1日3回まで
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:出産予定12週以内の方は使用不可
授乳中:授乳を避ける
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

アリナミン製薬

タイレノール

最安値 877

アセトアミノフェンが熱や痛みに効く

有効成分であるアセトアミノフェンが主に脳にある体温調節中枢に効くことで熱を下げる作用と痛みを伝える原因物質の合成を抑える作用の2つを併せ持つので熱や痛みに対して効果を発揮します。アセトアミノフェンはインフルエンザの時でも安心して使用できる成分としても知られています。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1錠中:アセトアミノフェン(300mg)
効果・効能 〇頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
〇悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 1回1錠、1日3回まで
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

アスベリンと一緒に使える風邪薬 3選

続いてアスベリンと一緒に使用できる風邪薬について紹介します。多くの風邪薬には咳止め成分が含まれているものが多いのでここでは咳止めが含まれていない風邪症状に使用できる市販薬について紹介します。

PR

第一三共ヘルスケア

ペラックT錠 18錠

最安値 935

喉の腫れを2つの有効成分でしっかりカバー

有効成分のトラネキサム酸を市販薬として認められている1日最大量を含んでおり、喉の炎症を緩和することで喉の痛みを中心とした風症状を緩和します。またカンゾウ乾燥エキスに含まれるグリチルリチン酸も抗炎症作用を有し2つの成分で喉の炎症を緩和することで喉の痛みを軽減します。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 6錠中:トラネキサム酸(750mg)、カンゾウ乾燥エキス(198mg)、ビタミンB6(50mg)、ビタミンB2(12mg)、ビタミンCナトリウム(500mg)
効果・効能 咽頭炎・扁桃炎(のどの痛み、のどのはれ)、口内炎
用法・用量 15歳以上:1回2錠、1日3回
7歳以上15歳未満:1回1錠、1日3回
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 7歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

ツムラ

ツムラ漢方 麦門冬湯 エキス顆粒 20包

最安値 1,449

1日2回でコンコンとした咳に効果を発揮

有効成分である麦門冬湯が特にコンコンとした痰が切れにくい咳に対して効果を発揮します。咳以外にも咽頭炎にも適応があるため喉の乾燥感や炎症がある方にも効果が期待できます。妊娠中や授乳中でも使用できるのも特徴です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 2包中:日局バクモンドウ(5.0g)、日局コウベイ(2.5g)、日局ハンゲ(2.5g)、日局タイソウ(1.5g)、日局カンゾウ(1.0g)、日局ニンジン(1.0g)
効果・効能 体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:
からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声
用法・用量 15歳以上:1回1包、1日2回
7歳以上15歳未満:1回2/3包、1日2回
4歳以上7歳未満:1回1/2包、1日2回
2歳以上4歳未満:1回1/3包、1日2回
タイプ 顆粒剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 2歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 該当しない
薬の風味 記載なし
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

PR

第一三共ヘルスケア

カコナ-ル2 45ml×2本

最安値 626

風邪の初期に液体ですぐに対応できる

有効成分の葛根湯が引き始めの風邪に対して効果を発揮します。眠くなる成分は一切入っておらず、液剤のため飲みやすい点が特徴です。肩こりや頭痛を伴うよう風邪を引いた方にもおすすめです。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 2本中:日局カッコン(8g)、日局マオウ(4g)、日局タイソウ(4g)、日局ケイヒ(3g)、日局シャクヤク(3g)、日局カンゾウ(2g)、日局ショウキョウ(1g)
効果・効能 体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み
用法・用量 1回1本、1日2回食前又は食間
タイプ 液剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 該当しない
薬の風味 記載なし
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×

アスベリンと一緒に使える胃薬 3選

最後にアスベリンと一緒に使用できる胃薬について紹介します。基本的には胃薬の成分とアスベリンとの飲み合わせは問題ないため、ご自身が使い慣れているものや症状に合ったものを選択していただいて構いません。

PR

第一三共ヘルスケア

ガスター10 S錠 6錠

最安値 692

口の中ですぐに溶けて速やかに効く

有効成分のファモチジンが胃粘膜のH2受容体に作用し過剰になった胃酸の分泌を抑えることでつらい胃痛に対して速やかに効きます。またガスター10 S錠は口腔内崩壊錠なので口の中ですぐに溶けるため服用しやすい点も特徴です。

分類 第1類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1錠中:ファモチジン(10mg)
効果・効能 胃痛、もたれ、胸やけ、むかつき
用法・用量 1回1錠、1日2回まで
タイプ 口腔内崩壊錠
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 記載なし
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 l-メントール
水なしで使用できるタイプ

PR

ゼリヤ新薬

アシノンZ胃腸内服液 3本

液剤で胃酸分泌をしっかり抑える

有効成分のニザチジンが過剰になった胃酸の分泌を抑えることで、胃の症状に対して素早い効果が期待できます。液剤なので水なしで服用することができますしアセロラ風味で服用しやすいのも特徴です。

分類 第1類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 30mL中:ニザチジン(75mg)
効果・効能 胸やけ、むかつき、胃痛、もたれ
用法・用量 1回30mL、1日2回まで
タイプ 液剤
妊娠中・授乳中の使用 使用不可
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 該当しない
薬の風味 アセロラ風味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 ×
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ

PR

エーザイ

新セルベール整胃(細粒) 12包

1回1錠で胃粘膜を守り胃もたれなどに効く

有効成分のテプレノンが胃粘膜を保護するので胃酸により攻撃を受けた胃粘膜を守ることで胃痛に対して効果があります。また脂肪消化酵素であるリパーゼを配合しているので胃での消化を助けて胃もたれにも効果があります。1回1錠で効果があるので服用しやすい点も特徴です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 3錠中:テプレノン(150mg)、ソウジュツ乾燥エキス(150mg)、コウボク乾燥エキス(83.4mg)、リパーゼAP6(14.7mg)
効果・効能 胃もたれ、食べすぎ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸やけ、飲みすぎ、はきけ(むかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、胸つかえ
用法・用量 1回1錠、1日3回
タイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 15歳以上
錠剤・タブレットの大きさ 記載なし
薬の風味 無味
眠くなる成分 ×
胃の粘膜を保護する成分 テプレノン
スーッとする成分 ×
水なしで使用できるタイプ ×


【比較一覧表】この記事で紹介している商品


商品名

第一三共ヘルスケアロキソニンS 12錠

大正製薬ナロンエースT 84錠

アリナミン製薬タイレノール

第一三共ヘルスケアペラックT錠 18錠

ツムラツムラ漢方 麦門冬湯 エキス顆粒 20包

第一三共ヘルスケアカコナ-ル2 45ml×2本

第一三共ヘルスケアガスター10 S錠 6錠

ゼリヤ新薬アシノンZ胃腸内服液 3本

エーザイ新セルベール整胃(細粒) 12包

最安値

【PR】

※外部サイトが開きます

469

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,296

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

877

送料:要確認 楽天 詳細を見る

935

送料:要確認 楽天 詳細を見る

1,449

送料:要確認 楽天 詳細を見る

626

送料:要確認 楽天 詳細を見る

692

送料:別 Yahoo! 詳細を見る
特徴 医療用医薬品と同じ効果で治療する 4つの有効成分が痛みに効く アセトアミノフェンが熱や痛みに効く 喉の腫れを2つの有効成分でしっかりカバー 1日2回でコンコンとした咳に効果を発揮 風邪の初期に液体ですぐに対応できる 口の中ですぐに溶けて速やかに効く 液剤で胃酸分泌をしっかり抑える 1回1錠で胃粘膜を守り胃もたれなどに効く
商品リンク

【PR】

※外部サイトが開きます

「アスベリン」に関するQ&A


「アスベリン」に関するQ&A

最後にアスベリンに関して質問される項目についてQ&A形式で紹介します。
喉の痛みに対してアスベリンは有効ですか?
アスベリン自体に喉の炎症を抑えたり痛みを抑える作用はありません。しかしながら咳をすることでのどの痛みや炎症が悪化する可能性は高いため、咳を止めることで喉を休ませることができ、結果的に喉の痛みが緩和される可能性はあると思います。喉の痛みが強い場合はアスベリンと一緒に服用できる喉の炎症を抑える薬(トラネキサム酸など)を処方いただけるように主治医に相談してみてください。
アスベリンを服用していても咳が止まらないです。どうしたらいいですか?
アスベリンは延髄の咳中枢を抑制して咳を止める作用を持ちますが、医療用医薬品には別の機序で咳を止める成分もあります。アスベリンを数日服用しても咳が改善しない、悪化する場合は我慢せずに速やかに医療機関を受診し、咳の原因となっている疾患がないか確認して頂いたり、他の咳止めに変えてもらったりなどの対応をしてもらうことが重要であると考えます。
アスベリンと一緒にカロナールとカルボシステインが処方されました。飲み合わせは問題ないですか?
アスベリンは主に咳止めとして使用されるので、痰を切りやすくするために去痰薬としてカルボシステインが、また解熱鎮痛薬としてカロナールが処方されたのだと思います。アスベリンとカルボシステイン、カロナールについては飲み合わせは問題ありませんので、症状を緩和させるために医師の指示通りにアスベリン、カルボシステイン、カロナールを服用して頂ければと思います。

まとめ


まとめ

ここまでアスベリンの効果・有効成分や副作用、注意事項や一緒に使用できる市販薬について紹介しました。咳は日常生活に与える影響が大きく、また夜間に咳が出ると睡眠にも影響が出る可能性もあり治したい症状かと思います。この記事がアスベリンを使用する上で少しでも皆様のお役に立てると幸いです。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

のどの症状
  1. のどの痛み
  2. 喘息
  3. 気管支炎

特集