【2022年】風邪と新型コロナウイルスの違いを確認!体調不良で風邪薬を飲んでも大丈夫? – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【2022年】風邪と新型コロナウイルスの違いを確認!体調不良で風邪薬を飲んでも大丈夫? | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【2022年】風邪と新型コロナウイルスの違いを確認!体調不良で風邪薬を飲んでも大丈夫?

参考になった218

2022/9/13
467,174
老若男女、多くの方が新型コロナウイルスに苦しんでおります。咳や発熱といった症状で受診した方も多いのではないでしょうか。

では、この症状を引き起こしている新型コロナウイルスとは、そもそも何か。普通の風邪とどう違うのかを医師である私が解説します。
また、風邪症状が出たときに使用できる風邪薬も紹介していきます。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

新型コロナウイルスと風邪の違いについて

医師

黒川 剛生さんのコメント

そもそも風邪と言われる病気は風邪症候群という様々なウイルスが起こす病気の集まりです。具体的にはアデノウイルス、ライノウイルス、RSウイルスやインフルエンザなどが起こす呼吸器感染症をまとめて風邪症候群と呼んでいます。ここに元々コロナウイルスもここに含まれておりました。

風邪の症状



元々コロナウイルスが起こす感染症も風邪と呼ばれていたので当然現在の新型コロナウイルス感染症も風邪の症状と似ています。

風邪は一般的にくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、せき、のどの痛み、発熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、悪寒などの症状がでますが人によって出たり出なかったりする症状があります。風邪ウイルスが増殖する部位が喉なのか気管支なのか肺なのかでも出る症状が違ってきます。風邪症状と言っても個人差が大きいです。


新型コロナウイルスの症状



新型コロナウイルスも他のアデノウイルスやライノウイルスなどの風邪ウイルス達と同じく感染するとくしゃみ、鼻水、咳などの上気道と発熱、関節痛、悪寒などが出ます。

新型コロナウイルス特有の症状としては味や匂いが全くわからなくなるという嗅覚障害や味覚障害がありますが、新型コロナウイルス感染者全てにこの症状が出るわけではありません。特に初期では症状だけでは新型コロナウイルス感染症と風邪の区別をつけるのは難しいと言えるでしょう。


新型コロナウイルス流行時の体調不良はどう対処すればいい?


それでは今この時期に風邪症状が出たら一体どうしたら良いのでしょうか。
新型コロナウイルス感染症の対策は自治体によって違いますし時期により刻々と変化しております。一番は事前に自治体や厚労省の新型コロナウイルス関連のページを見て参考にするというのが良いと思います。検査場所やどのような症状が出たときに受診すべきなど最新の情報が得られます。

外出や人との接触を控える



それでも体調不良が出た場合はどうすればいいでしょうか。とりあえず体調が悪いのであれば外出や人と会うのは控えましょう。新型コロナウイルスでなくとも感染症であれば人に感染します。人と会うのを避けてとりあえず自宅にいましょう。

症状を確認し、状況に応じて相談センターへ



次に症状を確認しましょう。体温を測って発熱の記録をつけましょう。呼吸困難や発熱などの症状がひどく普段の風邪と違うなと思ったらかかりつけ医や地域の相談センターにご相談ください。
持病があったり、高齢だったり、妊娠している方も一度相談して見てください。また症状が軽くても4日以上症状が続いている場合も同様に相談しましょう。
※感染者数に応じて、すべき対応が変わるため、その時々に推奨されている行動を取るようにしましょう。

水分補給と休息をする



水分と休息を十分とりましょう。
発熱が続くと汗をかいて脱水を起こします。食事も取れない場合はぬるめのスポーツ飲料などを飲みましょう。冷たすぎる飲料は胃腸に負荷がかかります。スポーツ飲料はカロリーやミネラルが含まれているので食欲不振時にも良い栄養源となります。経口補液など脱水時に適した飲料もドラッグストアで販売していたり、作り方がネットで調べられたりするので参考にして見てください。

少し良くなったからといってすぐ日常活動を再開する人がいますが、またぶり返す人も多いです。じっくり休んで完全に治癒させましょう。




そのほか流行する感染症の特徴


医師

黒川 剛生さんのコメント

その他にも風邪症候群に含まれる特徴のある疾患をいくつかご紹介します。

インフルエンザ

インフルエンザは38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、 筋肉痛など全身の症状が強いのが特徴です。冬に流行したときには学級閉鎖を起こすほどの感染力を持ちます。インフルエンザはワクチンや治療薬がありますが高齢者を中心に肺炎や脳炎を中心に重症化して命を落とすこともまれいではありません。ワクチンをうったり、マスクをしたりなど基本的な感染対策をしましょう。



RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は成人はほとんどかかりませんが生まれてから3歳までにほぼ全ての小児がRSウイルスに感染します。
感染した場合は発熱、鼻水、せきなどの普通のかぜの症状だけのこともありますが、3歳までの小児は体力が大人に比べてないため容易に重症化しやすいため注意が必要です。最近までワクチンが存在しませんでしたが近年日本でも心疾患のある小児を中心にRSワクチン接種が可能です。



手足口病

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、コクサッキーウイルスの感染によって起こる感染症です。

子どもを中心に、主に夏に流行します。症状は口の中、手、足に小水疱が出たり発熱が起こったりしますが数日間のうちに治ることがほとんどです。しかし学校や家族間で感染が連鎖することも多いので、手洗い、換気などに気をつけて十分に感染対策をしましょう。手足口病に関わらず手洗い、換気、マスクなどの基本的な感染対策は多くの感染症に有効です。



新型コロナウイルス流行時でも服用できる市販薬9選


医師

黒川 剛生さんのコメント

市販薬でも新型コロナウイルスを含む風邪症状に対して有効なものが多々あります。夜間など急に受診などができないときに対しても常備しておくと良いかもしれません。

高熱を抑えたいときに服用できる市販薬 3選

市販薬で解熱鎮痛剤は多く出ておりますが現在のところアセトアミノフェン製剤が比較的副作用が少ないとされています。市販薬でアセトアミノフェン製剤の解熱鎮痛剤をご紹介いたします。

アクセス数1位

皇漢堂製薬

アセトアミノフェン錠クニヒロ 20錠

最安値 298 (税込)

比較的副作用の少ない解熱鎮痛剤

有効成分が小腸から吸収され素早く解熱鎮痛作用を持ちます。NSAIDsなどの他の解熱鎮痛剤とは違い胃腸障害は起きにくいです。さまざまな痛み、発熱にも他剤に比べて副作用を気にせず使用できます。 比較的に安価なのが特長です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン
含量:300mg
効果・効能 解熱鎮痛薬
頭痛、生理痛に
薬・サプリメント・食品のタイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊婦は要相談
使用が可能な年齢 15歳以上
1回の使用あたりのコスト(目安) 約60円
アリナミン製薬

タイレノールA

最安値 497 (税込)

アセトアミノフェンの解熱鎮痛剤

こちらも同じアセトアミノフェン製剤。有効成分が小腸から吸収され素早く解熱鎮痛作用を持ちます。NSAIDsなどの他の解熱鎮痛剤とは違い胃腸障害は起きにくいです。さまざまな痛み、発熱にも他剤に比べて副作用を気にせず使用できます。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン
含量:300mg
効果・効能 頭痛 生理痛 痛み止め 常備薬 歯痛 関節痛 悪寒 発熱 解熱
薬・サプリメント・食品のタイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 妊婦は要相談
使用が可能な年齢 15歳以上
1回の使用あたりのコスト(目安) 約50円
ライオン

小児用バファリンチュアブル 12錠

最安値 518 (税込)

小児も使用できる解熱鎮痛剤

小児用のアセトアミノフェン製剤です。年齢に合わせて3歳児から14歳までの子どもに使用できます。さまざまな痛み、発熱にも他剤に比べ副作用を気にせず使用可能です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン・・・50mg
効果・効能 子どもの熱、痛みに
薬・サプリメント・食品のタイプ チュアブル
妊娠中・授乳中の使用 妊婦は要相談
使用が可能な年齢 3歳以上
1回の使用あたりのコスト(目安) 1錠約30円

総合的な風邪症状に効果のある市販薬 3選

新型コロナウイルスは熱だけでなく咳、鼻水、痰、喉の痛みなどさまざまな症状を引き起こします。新型コロナウイルス感染症でも使用できる総合感冒薬をご紹介いたします。

第一三共

新ルルAs錠 100錠

最安値 1,378 (税込)

幅広い風邪症状に効果的な風邪薬

咳、発熱、痰などさまざまな風邪症状に対する成分を含んでおり解熱鎮痛作用はアセトアミノフェン。咳成分「ノスカピン」と「ジヒドロコデインリン酸塩」がダブルの効果でせきをしずめます薬の苦手な方でも服用しやすい苦味のない小粒の糖衣錠です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン・・・900mg
クレマスチンフマル酸塩・・・1.34mg
ジヒドロコデインリン酸塩・・・24mg
ノスカピン・・・48mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩・・・60mg 
グアヤコールスルホン酸カリウム・・・240mg
無水カフェイン・・・75mg
ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)・・・24mg
効果・効能 のどの痛み、発熱、鼻水に
薬・サプリメント・食品のタイプ 錠剤
妊娠中・授乳中の使用 授乳中は避ける、妊婦は要相談
使用が可能な年齢 12歳以上
1回の使用あたりのコスト(目安) 約20円
米田薬品工業

ビタトレールゴールドA 微粒

最安値 1,200 (税込)

飲みやすい顆粒の総合感冒薬

含有成分が鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。解熱鎮痛作用はアセトアミノフェン。かぜの時に消耗しやすいビタミンB2を配合した総合かぜ薬です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン 900mg ジビドロコデインリン酸塩 24mg クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg 無水カフェイン 75mg
リボフラビン 12mg
効果・効能 風邪の諸症状の緩和
薬・サプリメント・食品のタイプ
妊娠中・授乳中の使用 授乳中は避ける、妊婦は要相談
使用が可能な年齢 15歳以上
1回の使用あたりのコスト(目安) 約30円
オール薬品工業

小児用新オムニンA

最安値 438 (税込)

生後3ヶ月から使用できる総合感冒薬

生後3ヶ月から使用できる総合感冒薬。鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛みに効果があり、甘くて飲みやすいシロップ剤ですから、子どもの服用に適しています。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン・・・300mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・2.5mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物・・・15mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩・・・10mg
グアヤコールスルフォン酸カリウム・・・80mg
無水カフェイン・・・50mg
効果・効能 風邪の諸症状の緩和
薬・サプリメント・食品のタイプ シロップ
妊娠中・授乳中の使用 授乳中は避ける、妊婦は要相談
使用が可能な年齢 生後3ヶ月から使用可能だが2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合のみ服用させてください。
1回の使用あたりのコスト(目安) 年齢による

【比較一覧表】この記事で紹介している商品


商品名

皇漢堂製薬アセトアミノフェン錠クニヒロ 20錠

アクセス数1位

アリナミン製薬タイレノールA

ライオン小児用バファリンチュアブル 12錠

第一三共新ルルAs錠 100錠

米田薬品工業ビタトレールゴールドA 微粒

オール薬品工業小児用新オムニンA

最安値

298円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

497円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

518円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

1,378円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

1,200円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

438円(税込)

送料:490円 Yahoo! 詳細を見る
特徴 比較的副作用の少ない解熱鎮痛剤 アセトアミノフェンの解熱鎮痛剤 小児も使用できる解熱鎮痛剤 幅広い風邪症状に効果的な風邪薬 飲みやすい顆粒の総合感冒薬 生後3ヶ月から使用できる総合感冒薬
商品リンク

総合風邪薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、総合風邪薬のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。





こんな場合は病院へ


こんな時は病院へ

以下のような場合はかかりつけ医や相談センターに相談して受診してください。
 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかが ある場合、糖尿病や心不全、COPDなどの疾患がある方透析中の方や免疫抑制剤など服用している場合や高齢者の方、また症状が軽くても4日以上続く場合などは相談の上、病院を受診することをおすすめします。


「新型コロナウイルス」「風邪薬」に関するQ&A


Q&A

ここで新型コロナウイルス関連でよくある質問に答えてみようと思います。

自宅療養しているときに気を付けることはある?
脱水にならないように水分はまめにとりましょう。家族に感染させないように手洗いや換気も極力行ってください。感染者の家族は可能な限り患者と接触しないように気をつけましょう。
新型コロナウイルスを感染させる可能性のある期間は?
発熱、咳などの症状が出始めた日の2日前から、発症後10日間が感染可能期間と考えられています。ただし、発症後10日経っても症状が続く場合は、症状が軽快して72時間経つまでが感染可能期間となります。感染者の中には症状が出ない方もいますが、7日間症状が出ずに経過すれば、感染させる可能性はないと考えられています。
療養中に悪化した場合はどうすればいい?
かかりつけ医や相談センターに電話してください。適切な処置を受ける必要があります。
もし同居している家族などが呼吸困難を訴えていたり顔色が悪かったり緊急性の高そうな場合は救急車を呼んでください。
換気はどうのようにすれば良いですか?
可能であれば風の流れができるようにできるなら二方向の窓かドアを開けて数分間程度、毎時二回以上やりましょう。扇風機や換気扇などを利用すればさらに効率は上がります。


どのような人が新型コロナウイルスが悪化しやすいですか?
65歳以上の高齢者、悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、慢性腎臓病、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満 (BMI30以上)、喫煙、固形臓器移植後の免疫不全、妊娠後期などの人が重症化しやすいと言われています。

まとめ


風邪は冬流行るものという意味のことわざが意味をなさなくなるほど、今年の夏は風邪症状の患者さんがとても多いです。この流行は夏だけでなく冬にも第8、第9波と続く可能性が高いと思います。

ワクチンをうたれた方は症状が軽症で終わることも多く市販薬で乗り切れることも多いとは思いますが、急変することもありますので油断せず基本的な感染対策をしながら極力新型コロナウイルスにかからないように気をつけましょう。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

身体全体の症状
  1. こころ
  2. 乗り物酔い
  3. 二日酔い
  4. 発熱
  5. 眠気・不眠
  6. 神経痛
  7. 禁煙補助
  8. 糖尿病
  9. 貧血
  10. 風邪
  11. 高コレステロール
  12. 高血圧

特集