1.β遮断薬にはどんなお薬があるの?

まずは、どんなお薬があるのか、確認してみましょう!
※ここでは商品名を「新薬(先発医薬品)」の名称で記述していますが、昨今、多くのジェネリック医薬品が出ているため、名称が様々あります。この一覧に該当医薬品がない場合や、ご不明な場合は、薬剤師に相談してみましょう。
一般名(成分名)        商品名
プロプラノロール塩酸塩   インデラル®
カルテオロール塩酸塩     ミケラン®
セリプロロール塩酸塩     セレクトール®
ベタキソロール塩酸塩    ケルロング®
メトプロロール酒石酸塩   セロケン®
ビソプロロールフマル酸塩   メインテート®

2. β遮断薬はどのように体の中ではたらいて、血圧を下げるの?

(1)体のはたらきを調整する交感神経とは??

運動しているときに、心臓の拍動数がはやくなったり、呼吸が激しくなったり、汗がでたりしますよね。逆に寝ているときは、呼吸数が少なく、心臓の拍動数も少なくなります。これは、体の機能のはたらきをコントロールする自律神経という神経のはたらきによるものになります。運動など、体が活発に活動した時にはたらく神経が「交感神経」になります。

(2)β受容体の役割

交感神経を興奮させる神経伝達物質として、「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」があります。これらの伝達物質が受容体に作用することで、運動時のような興奮状態になります。この受容体の1つに「β受容体」があります。β受容体は、心臓、血管、腎臓、気道など体のいろいろなところに存在し、体のはたらきを調整しています。

(3)β遮断薬登場!心臓を休ませ、血圧を下げる

β遮断薬は、主に心臓にあるβ受容体に選択的にはたらきます。β受容体にはたらくと、交感神経の興奮をおさえることにより、血液を体中に送り出している心臓の心拍出量を減らし、収縮力を弱めます。その結果、血圧が下がります。またβ遮断薬の中でもいろいろな種類があり、それによって効果や副作用も異なります。心筋梗塞や心不全の予後の改善として有効なお薬もあります。

3. β遮断薬はどんな副作用があるの?

β遮断薬の種類によっても様々ですが、主な副作用は、「徐脈、めまい、ふらつき、倦怠感」などがあります。ここに記した副作用がすべてではないので、気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に必ず相談しましょう。

4. β遮断薬を服用する際の注意点

<ぜんそくをお持ちの方>
お薬によって気管を狭くする作用があり、ぜんそくを悪化させる可能性があるので注意が必要です。
かかりつけの医師、薬剤師に相談しましょう。

5. おわりに

高血圧のお薬の1つであるβ遮断薬について、どのように体の中で作用しているのか分かりましたでしょうか?おさらいしますと、体が活発に活動したときにはたらく神経が交感神経になります。β遮断薬は、主に心臓のβ受容体に作用し、交感神経のはたらきをおさえることで、心臓の拍動を抑え、血圧を下げます。交感神経の受容体には、β受容体の他に、「α(アルファ)受容体」も存在します。