目次:【点鼻薬】アラミストとエリザスの違いを解説

1. 点鼻薬アラミストとエリザスの成分の違い
(1) ステロイドの点鼻薬とは?
(2) アラミストの成分
(3) エリザスの成分
2. 点鼻薬アラミストとエリザスの違い
(1) 液体タイプと粉末タイプの違い
(2) デバイスの違い
(3) 眼の症状への効果の違い
(4) 小児への適用の違い
3. アラミストとエリザスどちらが良いの?
5. アラミストとエリザスの副作用の違い
4. アラミストとエリザスの価格の違い 2017.2時点
6. おわりに

1. 点鼻薬アラミストとエリザスの成分の違い

(1) ステロイドの点鼻薬とは?

アラミストとエリザスは、ともにステロイドの点鼻薬に分類されます。ステロイド点鼻薬は、鼻の粘膜で起こるアレルギー症状に対して、高い抗炎症効果が期待できるお薬です。
かつてのメディアの影響で、「ステロイド=副作用が強い」というイメージをお持ちの方も多く、過度に心配してしまう方もいるかと思います。ただし、点鼻薬においては、局所的に作用するため、全身に対する副作用の心配はほとんどありませんのでご安心下さい。
花粉症の治療法において、ステロイド点鼻薬は、かつては中等症(軽症と重症の中間)以上で用いられることが一般的でしたが、近年では、軽症、初期の段階から用いられるお薬(第一選択薬)と位置付けられるようになりました。初期の、症状が軽いときから使用することで、ピーク時に症状が悪化するのを抑えることができるとされています。
参考)2016年版鼻アレルギー診療ガイドライン

(2) アラミストの成分

アラミストは、2009年に発売された点鼻薬です。
アラミストには、鼻の粘膜の炎症を抑えるステロイド成分である「フルチカゾン フランカルボン酸エステル」が含まれています。従来から使用されていた点鼻薬フルナーゼ(成分:フルチカゾン プロピオン酸エステル)と比較すると、効果が発現する時間が早く、持続時間が長いというのが特徴です。
1日1回各鼻腔に2噴霧ずつ(小児:1噴霧ずつ)の投与で効果が持続します。使用時間帯は決まっていませんが、使い忘れないように毎日同じ時間帯を決めて使うようにしましょう。

(3) エリザスの成分

エリザスは、2009年に専用噴霧器ツインライザーを利用して使用するカプセル剤(利用時にカプセルを充填して使用)が販売され、より利便性を考慮し、2012年にカプセルの充填を必要としない粉末噴霧式タイプのエリザスの点鼻薬が販売されました。
エリザスには、鼻の粘膜の炎症を抑えるステロイド成分である「デキサメタゾンシペシル酸エステル」が含まれています。また、防腐剤や保存剤を含んでいない粉末タイプであることが特徴で、より刺激の少ないタイプのお薬です。
56 件