乳がん治療と受精卵凍結

乳がんの治療を行うことにより、ほぼ不可能になったと思われた妊娠出産でしたが、ドクターからの提案で、抗がん剤治療を行うまえに、受精卵を凍結保存することになりました。

受精卵を凍結するためのプロセスは、一般的に行われている不妊治療とほぼ同じかと思われますが、乳がんであるからこその難しい面もありました。

タイムリミットは約2ヶ月

受精卵凍結を試みるといっても、いつまでも抗がん剤治療の開始を遅らせるわけにはいきませんでした。私のドクターは、術後の抗がん剤治療は、なるべく早く開始した方が治療効果が高まるという考えだったのです。

ただ、私の乳がんの性質が、ホルモン感受性でゆっくり成長するタイプであったことから、ある程度の猶予期間が考慮され、提示された期間は約2ヶ月でした。

この診察にて、不妊治療クリニックに紹介状を書いて頂き、すぐに予約を入れて、夫婦で受診する運びになりました。

受精卵凍結への道は、次の生理が始まった日からスタートします。よって、生理が来るまでは、何もせずに待機状態となるのです。

これまで、生理不順の経験はほとんどなかったので、順調に行けば、2ヶ月で2周期分、2回の採卵ができるのではないかと思っていました。ところが、待っているとなかなか来ない!女性の生理“あるある話”ですね。

結局、10日ほど遅れてしまい、2周期分の治療は難しくなりました。よって、一回の採卵のみで、受精卵の凍結保存にチャレンジすることになったのです。

無事に、複数の卵子が育つのか。
無事に、成熟した卵子が採れるか。
無事に、夫の精子と受精するのか。
無事に、細胞分裂していくのか。
無事に、凍結できるのか。

一回のチャンスで、乗り越えるべき壁をいくつも超えて、やっと成立する受精卵の凍結保存。

不妊治療を行えば、医療の力技で妊娠できるのかと思っていましたが、その考えは間違いですね。あくまで、妊娠しやすくするための“手助け”をするだけ。妊娠するかどうかは、やっぱり奇跡的なあらゆる確率をパスしなければ、成り立たないものなのです。

あらためて、命の尊さを実感した出来事です。私たちが、今ここにこうして生まれて存在していることは、奇跡的なことなのだと感じずにはいられません。父と母にも感謝ですね!

乳がん先輩からのアドバイス

私の場合は、手術後に猶予期間を与えられましたが、乳がんのタイプや病状によっては、手術の前に抗がん剤をするケース、あるいは、術後すぐにでも抗がん剤を始めるべきと言われるケースもあるかもしれません。

乳がんという病名にショックを受け、抗がん剤治療への不安や恐怖を感じる中、治療後の妊娠出産のことまで考える余裕を持つことは、なかなか難しいことです。

私のように、ドクターから提案があれば、考えるきっかけにもなりますが、別の病院に通う、私の周りの30代の乳がんサバイバーさんの中には、「そういうことができることを知らなかった」、「知っていたらやりたかった」という方もいます。結婚していない方でも、卵子だけを凍結保存することも可能なのです。

また、私の場合は、卵巣機能を抗がん剤のダメージから守るために、あらかじめ卵巣機能をストップさせる注射を、抗がん剤治療中にずっと行っていました。これは、ホルモン療法でも使われる『ゾラデックス』という注射です。

仮に、受精卵や卵子を凍結することができなくても、最大限にダメージを避けながら抗がん剤治療を行い、治療後の妊娠出産の可能性を高めることもできるはずです。

乳がんの治療だけでも大変な時期かもしれませんが、少しでも、妊娠出産のことが頭に浮かんだときは、それをかき消さずに、ドクターに相談してみてくださいね。目の前の選択肢ひとつひとつを丁寧にみつめ、納得しながら進んでいきましょう。

ホルモン感受性乳がんと排卵誘発剤

私が受精卵凍結のために行ったのは、『アンタゴニスト法』という治療。

生理が始まって3日目頃から、排卵を誘発するための注射を毎日打ちます。この注射は、女性ホルモンのエストロゲンを高めるためのもので、これを行うことにより、一時的に高エストロゲン状態になります。

それによって危惧されるのが、私の乳がんは女性ホルモンを餌に大きくなる癌細胞であることから、注射をすることで、もしかしたら体のどこかに眠っているかもしれない癌細胞を、成長させてしまうのではないかということです。

これに関して、乳腺のドクターは、「一時的であれば問題ない。」とのことでした。また、不妊治療クリニックのドクターからは、「エストロゲンを上げつつも、必要以上に上がりすぎないように、抑制する薬も併用する。」との説明を受けました。

私自身は、「これのせいで、再発・転移したら…」という考えも頭をよぎりましたが、自分の体内には、もはや癌細胞はないはずだと信じて、進むことに決めました。

受精卵、なるべく多く残すためには?

治療が始まって10日間、おなかに注射を打ち続け、迎えた採卵日。無事に、7個の卵子を採ることができました。

そのうち4個を体外受精へ、3個を顕微受精へと振り分けました。体外受精では2個、顕微受精では3個、合計5個の受精卵をつくることができたのです。

一般的な不妊治療では、この受精卵をさらに5日間培養させた“胚盤胞”と言われる形になってから、凍結や移植をするそうなのですが、すべての受精卵が“胚盤胞”になれるとは限らないのです。途中で細胞分裂が止まってしまうことも少なくないとのこと。

私の場合は、この一回の採卵で、なるべく多くの受精卵を残しておく必要があったので、培養5日目の“胚盤胞”よりも、もっと早い段階、培養3日目の“初期胚”と言われる段階での凍結を勧められました。

胚盤胞まで培養することを試みて、すべてダメだったという結果を避けるためです。

でも、初期胚よりも胚盤胞の方が丈夫な状態であり、凍結環境に耐えやすいということや、妊娠率も胚盤胞の方が高いということもあり、なるべくなら、胚盤胞でも凍結しておきたいという思いもありました。

そこで、私は、3個を初期胚で凍結し、残り2個を胚盤胞までの培養を試みることにしたのです。結果は、2個のうち1個が胚盤胞へと成長。

よって、初期胚で3個、胚盤胞で1個、合計4個の受精卵を凍結保存することができました。

不妊治療のドクターからは、「一回のチャンスで最良の結果だったと思います。これから抗がん剤大変かと思いますが、安心してがんばってきてください。」と声をかけて頂きました。

2年半たった今も、この4個の受精卵たちは眠っています。クリニックのあるビルの近くを通るたびに、「もうしばらく待っててねー!」と心の中で思っています。小さな希望のかけらなのです。

乳がん先輩からのアドバイス

私たち夫婦が、凍結している受精卵を解凍して移植を試みるのは、あと約3年後。ホルモン療法を5年間終えてから、妊活に入ろうと決めています。

ホルモン療法を必要とする乳がんで、妊娠を希望するサバイバーさんの中には、2年や3年でホルモン療法を中断して、妊活にチャレンジする方もいるそうです。

いずれにしても、どれが正しい、どれが良いという、明確な答えはありません。乳がん治療も、不妊治療も、“絶対にうまくいく”なんて保証はどこにもないのです。

どの道を選んでも、それぞれリスクとメリットがあります。大切なのは、自分自身で選び、笑顔で歩んでいける道であるということ。

そして、自分の選択に自信を持ち、ポジティブな気持ちで一歩を踏み出す経験を繰り返すことは、どんな結果をも受け入れられる強い心を育んでくれるのではないかと思っています。

体と心を元気にする、乳がん術後おうちヨガ

猫の伸びのポーズ

主な効果:猫背改善、首・肩・背中の緊張緩和、二の腕・胸回りむくみ改善
27 件