お酒の良いところ、悪いところ

昔から「お酒は百薬の長」と言われ、適度に飲むことは健康に良いとされ、その効果としては、食欲増進、ストレスを和らげる、人間関係をスムーズにするなどが挙げられます。ただし、これらはあくまで適量を守り、適切に飲酒した場合に得られる効果です。
お酒の主な成分は、アルコールと水です。お酒を飲むとアルコールは血液に溶け込み、最終的に肝臓へ運ばれ、分解されます。肝臓は絶えずアルコールの処理に追われていると働きが悪くなるため、限度を超えた飲酒や長年の飲酒は、肝臓障害や糖尿病、膵炎などの膵臓の障害、循環器系など様々な障害を起こすと言われています。これらは自覚症状のないままに進行してしまうことが多いので、注意が必要です。

酔うってどういうこと?

胃や小腸で吸収されたアルコールが血液に溶け込んで脳に運ばれ、そのアルコールによって脳が麻痺することが「酔う」ということです。この感覚が気持ち良くてお酒を飲む方も多いと思います。
ただ、楽しくお酒を飲めるのは「ほろ酔い」の段階までで、アルコールの量が増えるにしたがって酔いが進み、脳の麻痺も進みます。知覚や運動機能が鈍り、さらに飲酒が進むと麻痺は脳全体に及び、呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至る危険性もあります。酔いの進み方には個人差があります。自分にとってのほろ酔いの状態を知っておくことも大切です。

適量ってどのくらい?

純アルコールで1日平均20gが、厚生労働省の定めるお酒の適量です。ただし、適量には性別や体重などで個人差があり、この量で酔う人もいれば全く平気な人もいます。また、年齢が高くなるにつれてお酒に弱くなるため、若い頃よりも量を減らす必要があります。必ずしもこの量を飲まないといけないのではなく、適量を上限に、自分に合った量を知ることが大切です。
疾患がある場合は、医師に相談しましょう。

アルコールとの上手な付き合い方

飲み過ぎない

適量を守ることが長くお酒と付き合えるポイントです。

空腹時に飲まない

空腹時に飲むお酒は肝臓を傷める原因になったり、胃壁を傷めてお酒の吸収が
早くなったり悪酔いしたりします。飲む前には何かお腹に入れておきましょう。

食べながら飲む

お酒を飲み始めたら、アルコールの分解に肝機能がフル回転します。肝臓の働きを高めるために、タンパク質が豊富な物や、脂肪の少ない物、ビタミン類が豊富なおつまみを一緒に食べて、肝臓を守りましょう。野菜や大豆製品、海藻類などのおつまみがお勧めです。
また、肝機能を強化する成分(タウリン、ビタミンEなど)の入った食材などもおすすめです。
タウリンはイカやタコ、牡蠣、ホタテ、マグロなどに、ビタミンEはナッツ類やかぼちゃに多く含まれます。

水分をとる

41 件