1. シロップ薬について

お子さんがよく飲むことがあるお薬には、粉薬とともにシロップのタイプがあり、味やにおい、色などは子供が好むように工夫されています。年齢や体重によって、1回に服用するお薬の量が定められています。

基本的には、症状に合わせて複数のお薬が混合されているため、服用する前にはよく振って混ぜる必要があります。

2. お薬を飲むタイミングについて

子供用のお薬は、空腹時に飲んでも副作用や効果に影響が出るようなものは少ないため、必ずしも食後に飲まなければいけないというわけではなく、お薬によっては、授乳前や食前に飲ませることもできます。

食後だと、口を閉じてしまい、薬を飲んでくれないことが多くあります。なかなか嫌がって飲んでもらえない場合は、空腹時を選ぶことをおすすめします。

また、飲ませるタイミングで寝ている場合は、無理やり起こして飲ませようとはせず、起きて機嫌が良いときに飲ませましょう。その場合は、1日3回のお薬の場合は、5-6時間、1日2回のお薬の場合は、9-10時間以上の間隔をあけるようにします。次に、スポイトでの飲ませ方について説明します。

3. スポイトでのシロップ薬の飲ませ方

(1) シロップ薬を良く振って、よく混ぜる

シロップのお薬には、症状に合わせて、いくつかのお薬が混ざって入っていることが多くあります。そのため、飲む前にはよく振って、よく混ぜるようにしましょう。まぜずに飲むと、せっかくお薬を飲んだのに、十分に効果が出ないことがあります。

(2) お薬の量をしっかり測る

次に、指示されたお薬の量を正確に測ります。容器に目盛がついている、若しくは、目盛つきのカップがついていることもありますので、それで測るようにします。目盛を真横から見るようにすると正確に測ることができます。

(3) スポイトを利用する

スポイトは薬局でもらえることがありますし、又、薬局・ドラッグストアで、お薬専用のスポイトが販売されています。

正確に測ったお薬を、スポイトで吸い上げます。飲ませるコツとしては、舌の上に乗せないように、頬の内側を伝わらせてゆっくり垂らすようにします。舌の上は味覚を感じやすく、お薬の苦みを感じ吐き出してしまう可能性があります。又、口の真ん中に、スポイトを差し込んで勢いよく入れると、咳こんでしまい、うまく飲み込めないことがありますので注意しましょう。

(4) スプーンを利用する

離乳食が進んでいる場合、スプーンを利用してお薬を飲ませることも可能です。一度に入れようとすると、むせたり、舌でスプーンを押し出し嫌がって飲まないこともありますので、少しずつゆっくり飲ませるようにしましょう。
また、市販で、シロップ薬を飲ませるための専用のスプーンも販売されており、お薬専用に飲みやすく作られています。

(5) 哺乳びんの乳首を利用する

哺乳びんの乳首に慣れている場合は、お薬を哺乳瓶の乳首に入れて、飲ませる方法もあります。ただ、乳首の穴が狭く、お薬が十分に出なかったり、時間がかかってしまうこともあります。その場合は、お薬専用に、乳首の穴を少し大きくしたものを別で用意しましょう。
28 件