今回は、市販薬の睡眠薬についてご紹介します。

市販薬と処方薬の違い

処方薬の多くは、脳内のGABA受容体に存在するベンゾジアゼピン結合部位に作用することでCl-の流入を促し、脳の働きを抑えることで催眠作用を引き起こします。

中には、向精神薬として管理が必要なものも含まれており、厳重に管理が必要な睡眠薬が多いのです。処方制限があるものもあるため、医師からも大量処方ができないのです。

そんな理由もあり、ドラッグストアでは、処方薬と同様の作用機序の睡眠薬を販売することができません。

ではどのような薬が、市販薬として販売されているのでしょうか。

3種類の市販薬

ジフェンヒドラミン(ドリエル)

特徴・効果

抗アレルギー薬の代表でもある抗ヒスタミン作用による副作用を主作用として、睡眠を改善いたします。

皆さんも、花粉症の時期に薬を飲んで眠気が出たことがあると思います。それと同じことを起こす薬です。

注意点

副作用は、抗アレルギー薬と同じで口渇があります。

ブロモバレリル尿素(ウット)

特徴・効果

現在の睡眠薬の機序が出る前は、処方薬として使っていた睡眠薬です。

脳内のCl-を化合物中のBr-と入れ替わることで脳内の興奮を和らげて、鎮静・催眠作用を誘導します。

注意点

ただし、連用により薬物依存が生じやすいと言われています。過量投与によって四肢の不全マヒ、深部反射消失、呼吸抑制があるため注意して使う必要があります。

レスティ錠

特徴・効果

甘草(カンゾウ)、柴胡(サイコ)、蒼朮(ソウジュツ)などのイライラや不安などを抑える作用のある9種類のハーブエキスが含まれる、生薬を主成分としております。

主の漢方処方である抑肝散加芍薬黄連水製乾燥エキスが自律神経の乱れを整え、良い眠りをもたらします。眠りが浅い、寝つきが悪い、めざめ易いなどの症状をお持ちで、生薬による自然な効き目を望まれる方に最適です。日中眠くなるということもありません。

注意点

注意しなければいけないのが、他にも漢方を服用していると甘草が重複されて投与されることとなります。それにより、偽アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパシーなどの症状を起こす可能性があります。化粧品にも最近は、グリチルリチン酸が含まれているものもございますので注意が必要です。

最後に

いかがでしたか。

睡眠の原因の多くは生活習慣で改善するものばかりです。

寝る前にコーヒーを飲んでいないか、パソコンやスマートフォンのブルーライトを見ていないか、お風呂でしっかりと湯船に浸かっているか、お昼休憩だけでも日の光を浴びるなど、改善できることはたくさんあります。しっかりと客観視し、薬だけに頼るのではない健康管理をしていきましょう。