腸の働き

★小腸

小腸の運動には「空腹期小腸運動」と「食後期小腸運動」があります。食事を摂ると食後期小腸運動に切り替わり、食べ物を消化しながら少しずつ奥へ運び、収縮運動を起こして食べ物を一気に大腸へ送ります。その後再び空腹期小腸運動に切り替わり、空腹期はさらにフェーズ1(腸の休憩タイム)、フェーズ2(不規則な収縮運動)、フェーズ3(腸のお掃除タイム)に分けられ、このサイクルが90~120分おきに繰り返されます。食後期の運動がきちんと行われないと、小腸に食べ物のカスが残って腐敗し、腹痛などの不調を招きやすくなります。空腹状態をある程度持続させることが、腸の健康にはとても大切です。

★大腸

大腸の主な働きは、小腸から送られてきたドロドロの消化物から水分を吸収して便を作ることと、タイミングよく便を排泄することです。

腸内細菌

ヒトの腸内には100兆個もの細菌が生息しているといわれます。腸内細
菌は多種多様で、その種類は100~300と言われ、作用によって「善玉
菌」、「悪玉菌」、「日和見菌(ひよりみきん)」の3つのグループに分類されます。

腸の健康を守る生活習慣

① 腸の健康を守る生活習慣

腸はリラックスしているときに働く副交感神経が活性化することで活発に動きます。夜22時~翌2時頃は副交感神経が活発化するので、交感神経を刺激しないように、十分な睡眠時間を確保しましょう。

② 適度な運動

運動は、腸の働きを改善するだけでなく、気分転換も兼ねたストレスの解消にも有効です。楽しく取り組める運動を生活に取り入れてみましょう。

(例) 1日30分のウォーキング

歩幅を広くして、速く歩く
エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う
テレビを見ながらストレッチ       etc・・・
41 件