1.日焼けのメカニズム

UV対策と聞くとどんなイメージがありますが?毎日日焼け止めを塗ったり、暑いのに長袖を着たり、日傘をしたりとめんどうなイメージがありますよね。ヘリオケアは紫外線対策を手軽に行える「飲む日焼け止め」です。ヘリオケアのメカニズムを知る前にまず、日焼けのメカニズムを見ていきましょう。

 

人間の皮膚にはメラノサイトという細胞があります。紫外線を受けるとメラノサイトは「メラニン」という色素を作り出します。メラニンは紫外線を浴びると増える活性酸素から皮膚を守るために必要不可欠なものです。紫外線は人体に有益な働きもしますが、浴びすぎると細胞に対する攻撃性を示します。紫外線による害を防ぐためにメラニンはとても重要なものです。

 

日常生活の中では紫外線を多少浴びたとしても、作られるメラニンは少量です。皮膚がターンオーバーするにつれ、メラニン色素を含む古い皮膚は体外に排出されそこまで日焼けのような状態になることはありません。しかし炎天下の中、長時間、野外にいるような状態が続くとメラニンが大量に生成されて皮膚が黒くなってしまいます。もちろん、日焼けした肌も皮膚がターンオーバーする過程で正常な状態に戻っていきます。

 

しかし、紫外線は肌へのダメージになることには変わりありません。シミやくすみなど気になる肌のトラブルは今までの人生で浴びてきた紫外線の総量が大きく関わっています。紫外線は炎天下の中だけの問題ではありません。曇りの日でも雨の日でも冬でも降り注いでいるので、将来的な肌トラブルを回避する意味でも若いうちからの紫外線対策が必要です。

 

2.ヘリオケアとは?有効成分とメカニズム

ヘリオケアの主成分は「フェーンブロック」というものです。フェーンブロックはシダ科の植物から抽出された成分で、強力な抗酸化作用を持っています。人間の皮膚は紫外線に当たると活性酸素が増えます。活性酸素は有害な物質で、それから肌を守るためにメラニン色素が作られます。

 

フェーンブロックには強力な抗酸化作用があるため、紫外線に当たったことによる活性酸素の発生を抑えます。活性酸素の発生を抑えることで、メラニン色素の生成も抑え紫外線対策効果を発揮します。ヘリオケアに含まれる成分はフェーンブロックだけではなく、美肌・美白作用のあるエラグ酸、抗酸化作用のあるビタミンC、強力な抗酸化作用のあるリコピン、ルテイン、皮膚のターンオーバーに関わるナイアシンアミドなどが含まれています。

 

そのほかヘリオケアには紫外線によるランゲルハンス細胞への害を減らす効果もあります。ランゲルハンス細胞は皮膚の免疫に関わる細胞ですが、紫外線を浴びるとその数が減少してしまいます。肌の免疫を正常に保つことにも役に立っています。

 

またDNAを保護して、日焼けによってダメージを受けた肌の回復を早める効果も期待できます。

 

3.副作用はあるの?

ヘリオケアに含まれているフェーンブロックは欧州で長年利用されてきた成分で、安全性は高いと考えられています。そのほかの成分も珍しいものではなく、長年使用されている成分なので副作用の心配はほとんどないと考えられています。

 

ただしアレルギーなどが生じる可能性は否定できないので、飲んでいる間に何らかの不調が生じたらすぐにやめましょう。なるべく医師に相談するようにすると安心です。

 

なお妊娠中・授乳中の女性は使用を控えたほうがよいでしょう。ヘリオケアは安全性が高いですが、胎児や乳児になんらかの悪影響を与えてしまう可能性もあります。

 

4.より効果的なUV対策にはジェルを併用

ヘリオケア単独でもある程度の紫外線対策にはなります。春、秋、冬など紫外線が少ない時期の多少の外出程度ならば、ヘリオケアだけでも紫外線の害を防ぐ効果が期待できます。しかし、長時間の外出や夏季のレジャーなど紫外線の多い状態で屋外に長くいなければいけないときは、ヘリオケア単独では足りません。

 

なるべく、クリームやジェルタイプの日焼け止めを併用するようにするとよいでしょう。ヘリオケアには飲むサプリメントタイプのものだけではなく、肌に塗るジェルタイプのものもあります。ジェルタイプのものにも有効成分のフェーンブロックが含まれています。

 

5.まとめ

日光に当たることは人間にとって必要なことです。生活リズムを整えたり、ビタミンDを合成したり、精神を安定させたりと様々なよい効果があります。しかし太陽光に含まれる紫外線は浴びすぎると、肌の害になります。

 

ヒリヒリする日焼けもそうですし、将来的なシミやくすみにも繋がります。ヘリオケアは飲むタイプの日焼け止め。毎日クリームやジェルを塗るのが面倒でも飲むだけなら続けられそうですよね。紫外線は一年中、どんな天気でも降り注いでいます。しっかりと通年の紫外線対策をするようにしましょう。