【ブヨ・蚊に効く薬】薬剤師が特徴と選び方を紹介【2021年】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【ブヨ・蚊に効く薬】薬剤師が特徴と選び方を紹介【2021年】 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【ブヨ・蚊に効く薬】薬剤師が特徴と選び方を紹介【2021年】

虫刺され

2021年6月1日更新
views

ブヨや蚊などの虫に刺された後にくる、我慢できないかゆみ。どうしても我慢できないかゆみを止めるのに便利なのが、虫刺されの薬です。塗るとスーっとかゆみが引いて、楽になりますよね。

ドラッグストアの虫刺されコーナーを見てもらうと分かる通り、虫刺されの薬にはたくさんの種類がありますが、違いは一体何なのでしょうか。

ここでは、市販の虫刺され薬をステロイド剤を使用しているものと不使用のものに大きく分け、それぞれの薬の特徴を説明。また、虫刺されの症状によってどの薬を選べば良いのかもご紹介しています。

虫に刺されると、なぜかゆくなるのか

虫に刺されると強いかゆみを感じますが、なぜかゆみを生じてしまうのでしょうか。

それは、虫が皮膚を刺したり咬んだりすることで、体が異物の侵入を認識するためです。

異物と認識されると、かゆみを引き起こす原因となる物質であるヒスタミンが分泌されます。ヒスタミンが知覚神経を刺激することでかゆみを生じ、また血管透過性を亢進させることで皮膚がぷっくり腫れてしまうのです。

蚊に刺された場合

蚊は、針のような口吻(こうふん)と呼ばれる口器を皮膚に刺して、毛細血管から吸血します。血を吸うのは、産卵期の栄養を必要とする雌だけです。

蚊が皮膚を刺す時に少量の唾液を注入しますが、この唾液には血が固まらずに吸えるように、血液が凝固しづらい成分や麻酔成分が含まれています。これに対して体内で免疫反応が起こり、かゆみが生じます。

アレルギー反応には個人差があり、赤くなったり、腫れる人もいれば、症状があまり出ない人もいます。ブヨの唾液に比べて毒素は弱く、2~3日で症状が良くなることもあります。

ブヨ(ブユ・ブト)に刺された場合

ブヨは、皮膚を食いちぎり、傷つけて出血させた血を吸います。蚊のように針を刺して吸血するのではなく、皮膚をかみ切って吸血します。そのため、ブヨに咬まれるとその場所に紫斑や出血斑、水腫れのような症状が残ります。

ブヨは、咬んだ時に唾液腺から唾液を入れます。ブヨに咬まれた後に痒くなるのは、この唾液線物質へのアレルギー反応のためです。蚊の唾液よりも毒素が強いため、激しいかゆみや痛みが出ることもあります。

ブヨに対してアレルギー反応が強く出る場合には、リンパ系が炎症を起こしたり、最悪はアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。

ステロイド剤不使用の虫刺されの市販薬

市販の虫刺されの薬にはステロイド剤を使用しているものと、不使用のものとがあります。

それぞれの特徴や効果をご紹介します。

こんな方にステロイド剤不使用の市販薬はオススメ

ステロイド剤不使用の薬は、ステロイド剤を使用しているものよりも炎症を抑える効果が弱いか、炎症を抑える効果はありません。そのため、虫に刺されたところに赤みがあまり出ていない方、腫れがひどくない方に向いています。

皮膚が少し盛り上がっている程度の軽いかゆみがある、という場合はステロイド剤不使用のもので十分でしょう。

こんな方にステロイド剤を使用した市販薬はオススメ

ステロイド剤には炎症を抑える働きと、かゆみを抑える働きがあります。虫に刺された傷口にかゆみがあり、搔き壊すことで黄色ブドウ球菌などに感染し「とびひ」に発展することもあるため、炎症やかゆみが比較的強い場合には早めにステロイド剤で治療しましょう。

ただし、とびひと思われる症状が現れた場合には、ステロイド外用剤の単独使用は症状を悪化させることがあるため避けましょう。

このことから、ステロイド剤を含有した薬は、赤みや腫れがひどい方、かゆみが強い方は使用した方が良いです。ステロイド剤の使用がNGの場合は、ジフェンヒドラミン塩酸塩などの抗ヒスタミン成分がかゆみに効果的です。







【比較一覧表】おすすめの市販薬

商品画像 ラナケインS
小林製薬
新ウナコーワクール
興和
ムヒS
池田模範堂
液体ムヒアルファEX
池田模範堂
ムヒアルファSⅡ
池田模範堂
ラカナウPVA8軟膏
万協製薬
商品名 ラナケインS ムヒS 液体ムヒアルファEX ムヒアルファSⅡ ラカナウPVA8軟膏
特長 かゆみ、かぶれにしみないクリーム つめた~いかゆみ止め <長年愛され続ける家庭の常備薬/strong> 効き目を重視したこだわりの虫さされ薬 赤くはれる虫さされ、かぶれにすばやく効く 湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫さされ、蕁麻疹に
即効性 8点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 9点|10点中 8点|10点中 9点|10点中
効き目の強さ 8点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 10点|10点中 8点|10点中 10点|10点中
商品リンク

このようなときは病院へ

以下のような症状がある場合は、市販薬を使い続けずに皮膚科で診てもらうようにしてください。

・患部が広範囲、または湿潤やただれがひどい
・ハチにさされた場合(ショック症状をきたすこともあるため)
・腫れや赤みがひどく、痛みを感じたり、水疱がある
・虫に刺された後に全身の蕁麻疹や気分の不快感、呼吸困難、血圧低下が見られる
・搔き壊しによる化膿がある
・市販薬を5~6日間使用しても症状が治まらない

他に「いつもの虫刺されと違う」「何か様子がおかしい」と、感じた場合も病院を受診しましょう。

『虫刺され』に関するQ&A


虫に刺された時、どのように対処すればよいか困る時がありますよね。

対処法は、蚊に刺された時と、ブヨに噛まれた時でも異なります。正しい知識を持ち、その状況に遭遇したら冷静に対応しましょう。

Q&A①:ステロイドが入った薬は子どもに使ってもいいの?

目の周りや口の周り、粘膜を避けて保護者の指導監督の下で使用すべきです。例えば、液体ムヒアルファEXであれば生後6カ月以上から使用可能です。

ちょっとした虫刺されなら、ステロイド剤不使用のもので構いませんが、強い赤みや腫れ、かゆみがある場合はステロイド剤を使用した薬を使った方が、速く症状が治まり楽になります。

ただし、l-メントールやdl-カンフルのような清涼感のある成分を含んだ薬は、小さな子どもにとっては「痛み」として感じることも。念のため、清涼成分の入っていない薬を選んであげてください。

Q&A②:リンデロンやロコイドは効果があるの?

リンデロン、ロコイドは外用ステロイドです。これらは、医師の処方により適正に使用されるべき薬剤です。

外用ステロイドは、皮膚から体への吸収の違いにより、ランクが5段階に分れます。同じ薬でも、人によって効果が異なることがあります。

かゆみ・湿疹・皮膚の炎症などに対し、さまざまな働きによって症状を改善する作用がありますが、体の場所や吸収率の違いによってステロイドの強さを変えて使用しますので、自己判断ではなく、医師の指示に従って使いましょう。

Q&A③:ステロイドが手元にない場合の対処法は?

虫に刺された場合は、まずは患部を流水で洗い、傷口から細菌などの侵入を防ぎましょう。

外や水道の無いところで虫に刺された場合は、ペットボトルの水などの清潔な水を使ってください。その後、タオルなどで冷やして、かゆみの神経を抑えてください。虫刺されの部分が痒くても、引っ掻くのは厳禁です。

かゆみや炎症が強くあり、市販のステロイドがない場合は、専門医を受診して適切な薬剤を処方してもらいましょう。

Q&A④:ブヨに噛まれたら放置しても大丈夫?

ブヨに嚙まれた場合は、応急処置として、傷口から毒抜き用のリムーバーで毒素を吸い出しましょう。刺された直後に吸い出すことができれば、毒素の浸透を軽減することが出来ます。

また、できるだけ早めにステロイド含有の薬剤を塗布してください。放置しておくと、炎症が悪化してしまうこともあります。

加えてブヨに対しては、市販の虫刺されの薬が効かないことがあります。そのような場合は、医療機関を受診しましょう。

Q&A⑤:蚊に刺されて痒い時は我慢したほうがいい?

蚊に刺された時のかゆみは、何が何でもぐっと衝動を抑えてください。掻いて炎症や傷口が広かると、感染症や色素沈着の原因になってしまいます。

かゆみをすぐに止めたいときは、掻くのではなく、叩くなどの圧力を加えて見てください。かゆみを脳に伝える「C繊維」という神経に圧力を加えることで、その伝達を抑制させることが期待できます。



まとめ

虫刺されのお薬は非常に数が多く、いまいち違いが分かりにくいものです。しかし、成分を良く見てみると、それぞれに特徴があることが分かります。

腫れや赤み、かゆみがひどい方がステロイド剤の入っていないラナケインSやウナコーワクールを使っても十分な効果は期待できませんので、ご自身の症状に合わせて薬を選んでいきましょう。

また、あまりに虫刺されの症状がひどい場合は病院を受診してください。市販薬にはない強さのステロイド剤での治療が必要なケース、市販の虫刺され薬では対処できないケースもあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

相田 彩
相田 彩 薬剤師・認定薬剤師 このアドバイザの記事をもっと見る
初めまして。相田彩と申します。 私の趣味は、読書と絵を描くことです。今まで、病院と薬局で働いてきましたが、言葉で伝えきれないことを文字や文書でお伝えできたらいいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。