1.口内炎とは?

頬の内側や歯茎など口の中の粘膜に起こる炎症の総称です。
口内炎ができると、口の中に違和感や痛みが生じ食事が困難になることがあります。
口内炎の予防方法や対策方法を知って、辛い症状を上手に乗り切りましょう。

2.口内炎の種類

口内炎には様々な種類がありますが、代表例を3つ紹介します。

3.予防4箇条

①口の中を清潔にしましょう

日頃から食後に歯磨きやうがいをするなどして口の中を清潔に保ちましょう。
また、口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなるため乾燥しないようにすることが大切です。
水分をこまめに摂る、意識して鼻呼吸をする、ストレスをためないようにする(ストレスがたまると唾液の分泌が減るため)などの工夫をしましょう。

②口の中を歯ブラシなどで傷つけないようにしましょう

口の中が傷つくと、そこからバイ菌が入り口内炎になりやすくなります。

③規則正しい生活をしましょう

疲労がたまる、睡眠不足が続くと、体力が低下し抵抗力が弱くなり、胃の不調が現れることもあります。睡眠をしっかりとって疲れをためない元気な体づくりをしましょう。

④栄養バランスのよい食事をしましょう(「予防の食事」参照)

4.予防の食事

口内炎を予防するには、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。その中でも特に、粘膜を正常に保つ働きのあるビタミンA、細胞の再生を助けて粘膜を守る働きのあるビタミンB2、粘膜を丈夫にするビタミンCを積極的に摂りましょう。
41 件