口内炎ができた時の食事

おすすめ一品料理

トマトリゾット

作り方
① サバ缶は軽く汁気をきる。
② 玉ねぎとにんじんはみじん切りにする。
③ 鍋にオリーブ油を入れて熱し、②を炒める。
  玉ねぎが透き通ってきたら、トマトジュースと水100cc(分量外)、コンソメ顆粒を入れる。
④ ③が沸騰してきたらごはんと①を入れて、汁気が少なくなるまで煮る。塩、こしょうで味を調え、チーズを入れて全体を混ぜて器に盛り、パセリをかける。
サバ缶や乳製品に含まれるビタミンB2には、口の中の粘膜を守る働きがあります。また、にんじんに含まれるビタミンAには粘膜を正常に保つ働きがあります。抗酸化作用のあるトマトと一緒に摂ることで、体の免疫力を高め口内炎になりにくくする効果もあります。

ゆで鶏と野菜のサラダ

作り方
① 鶏胸肉は酒少々(分量外)を入れた湯でゆでる。鍋の中でゆで汁ごと冷まし、冷めたら薄くスライスす  る。
② かぼちゃは0.5cm幅のくし形切り、ブロッコリーは小房に分け、赤・黄パプリカは1cmの千切りにす  る。
③ ②を重ならないように耐熱皿に並べ、ラップをかけて、電子レンジ(500w)で約5分加熱する。
④ ①と③を器に並べ、Aを合わせたドレッシングをかける。
ブロッコリーや赤・黄パプリカに多く含まれるビタミンCを摂ることで口の中の粘膜を丈夫にします。また、免疫力を高める効果があるたんぱく質を多く含む鶏胸肉を摂ることで、口内炎の予防にもなります。

【薬剤師からのミニ情報】~プール熱~

プール熱とは?

咽頭結膜熱のことでアデノウイルスが原因で、プールの水を介して人
から人へ感染するため、プール熱と呼ばれます。主に6月末から夏季
にかけて流行し、子供がかかりやすい病気です。
41 件