目次:風邪薬「ストナ」シリーズ【成分・効果】

■風邪薬の成分とは?
解熱鎮痛成分
鎮咳去痰成分
抗鼻汁成分
その他の成分
■ストナシリーズ各商品の成分・効果
ストナアイビージェル
ストナアイビー
ストナデイタイム
ストナ葛根湯2
ストナジェルサイナスS
ストナプラスジェル2
ストナプラス2
ストナプラス2顆粒
ストナ三層
ストナ去痰カプセル
ストナ漢方かぜフルー
■ストナシリーズ子供用の成分・効果
ストナメルティ小児用
学童ストナ
ストナシロップA小児用
ストナシロップA「小児用」
■まとめ
■参考文献
まずは、風邪薬の成分について解説いたします。
今まさに調子が悪いという方も、今は健康そのものという方も知識として知っておくとよいでしょう。
ストナシリーズの成分・効果について早く知りたい、という方は【ストナシリーズ各商品の成分・効果】からご覧下さい。

風邪薬の成分とは?

この記事のテーマである「ストナ」シリーズを含めて言えることですが、現在市販されている風邪薬は、複数の成分を混ぜ合わせたものが主流です。

その組み合わせによって、各製品の特徴が決まります。組み合わせパターンは様々ですが、ある程度共通して見られる組み合わせパターンと言うものがあります。
具体的には、解熱鎮痛成分+鎮咳去痰成分+抗鼻汁成分+その他の成分です。
なぜこのような配合パターンが用いられるかと言えば、すでに察しがついている方もいるでしょうが、風邪の時こうした症状が起こるからに他なりません。それぞれの成分について、以下で簡単に解説していきます。

解熱鎮痛成分

■主な成分:アセトアミノフェン、エテンザミド、イブプロフェン

その名の通り、風邪の代表的な症状である熱や痛みを沈める成分です。同時に、この成分がそのまま風邪薬の特徴を決定することもあるほど、重要な成分でもあります。

市販薬の成分としては、上記のうち特に、アセトアミノフェンとイブプロフェンがよく使用されます。しかし、これらの身体に対する働き方はかなり異なっています。具体的には、次の通りです(1)。

アセトアミノフェン

●解熱作用:脳のなかで体温を調整している部位である視床下部に作用して、体の「設定体温」を低下させる。
●鎮痛作用:同じく、脳の中で痛みを感じる部位の働きを鈍らせることで、痛みを自覚しにくくする。

イブプロフェン

非ステロイド系抗炎症薬 (NSAIDs) と呼ばれるグループに属する薬。熱や炎症を起こす物質である「プロスタグランジン (PGs)」が体内で作られる過程をブロックする。結果的に、痛みや発熱が抑制される。

アセトアミノフェンとイブプロフェンの違い

66 件