1. ワーファリン(一般名:ワルファリン)服用中に、納豆を食べてはいけない理由

1)納豆って血液サラサラにするから、相乗効果で良いんじゃないの?

実際、納豆には、ナットウキナーゼという酵素が含まれており、この成分に血栓を溶かす作用があると言われています。
そのため、一般の方が納豆を食べると、心筋梗塞や、脳血栓の予防効果が期待できる可能性があるようです。一時期、テレビや本でよくとりあげられていました。
しかし、ワーファリン服用中の患者さんには、納豆の予防効果が当てはまりませんので注意が必要です。

2)納豆に含まれる“ビタミンK”がワーファリンの作用を減弱させる

わら入り納豆1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

“ビタミンK”は血液凝固に必要な成分の一つで、血液を固める作用を促進させる働きがあります。
ワーファリンは、ビタミンK拮抗薬とよばれており、血液を固めるときに必要なビタミンKの働きを抑え、血栓(血液の塊)ができないようにするお薬です。
そのため、ビタミンKを大量に摂ると、ワーファリンの作用と逆に働いてしまい、ワーファリンの作用が弱まってしまうのです。

納豆には、ビタミンKが大量に含まれているのに加え、腸内では、納豆菌がビタミンKを作り出します。
そのため、納豆を食べてしまうと、ビタミンKの働きが活発になり、ワーファリンの作用が著しく低下してしまいます。

3)ワーファリンの作用が弱まるとどんなことが起きる?

ワーファリンは高い効果が期待できますが、量の微調整が非常に重要になります。量が少ないと効かず、量が多すぎると副作用で出血を起こしやすくします。

そのため、ワーファリン服用時には、こまめに医療機関を受診し、検査を行い、量の微調整が必要となります。
そのような中で、ワーファリンの作用を弱める納豆などビタミンKを含む食品をとってしまうと、正しい効果が出ず、血栓ができる可能性を高めることや、適正なワーファリンの量を判断できなくなってしまうことがあります。

2. ワーファリンと納豆に関してよくある質問

時間をおけば、納豆食べても良いですか?

前述のとおり、納豆菌は、腸内でもビタミンKを産生しつづけます。長時間に渡って産生しつづけ、ワーファリンの作用を低下させます。
そのため、納豆大好きの方には本当に残念ですが、時間をおく・おかないにかかわらず、納豆は控えるようにしましょう。

他の豆は大丈夫?

納豆がビタミンKを多く含むといわれているのは、納豆菌がビタミンKを腸内で産生するためと言われています。
他の大豆や大豆が原料となる食品に関しては、問題になるほどのビタミンKを含んでいないため、食べても問題ありません。

納豆以外に、ビタミンKを多く含む食品

ワーファリン服用中は、納豆以外にも注意が必要な食品があります。ビタミンKは、主に緑色の野菜や、海藻類などに含まれています。
特に青汁、緑色の野菜ジュース、クロレラなどはビタミンKを多く含んでいますので、納豆同様に控えるようにしましょう。
一般的な、ビタミンKが含まれている緑色の野菜だと、ホウレンソウ、ブロッコリー、キャベツなどがあります。ただ、こちらは、一度に大量に食べない限り、問題はないとされているので、そこまで神経質になる必要はありません。
その他、オクラや長芋などの他の粘り気のある食品に関しても問題ありません。
サプリメントなどを別で飲まれている方は、ビタミンKに注意するようにしましょう。

また、食品ではありませんが、お酒も、ワーファリンの作用に影響を及ぼす可能性がありますので、注意しましょう。禁酒がどうしてもできない場合は、お薬を飲むタイミングなど医師に相談するようにしましょう。

4. もう一生、納豆は食べられないの??

ワーファリンを服用中は、納豆を控えることが必要です。
しかし、納豆が大好きで耐えられない方に朗報もあります。
近年、ワーファリン以外にも、血栓を溶かす作用がある新しいお薬がでてきました。
新しいお薬は、納豆を食べても作用に影響がなく、効果もしっかりと認められています。
どうしても納豆が食べたい方は、その旨を伝え、医師に代替薬があるか相談することをお勧めします。

納豆に影響されない抗凝固薬例

・プラザキサ(成分名:ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩)
・リクシアナ(成分名:エドキサバントシル酸塩水和物)
・イグザレルト(成分名:リバーロキサバン)
・エリキュース(成分名:アピキサバン)

5. 納豆だけでなく、他の薬との飲み合わせにも注意

ワーファリンには、飲み合わせが悪く、相互作用を起こすお薬が多数あります。一緒に服用することで作用を弱めたり、効果を強め、出血を起こしやすくする可能性もあります。いつもと違う病院や歯科、又ドラッグストアで市販薬を購入する際にも、必ず、ワーファリンを服用していることを伝えるようにしましょう。

6. ワーファリンが効きすぎているサイン・注意点

血栓を溶かす作用があるワーファリンですが、その反面、出血という副作用があります。食べ物、他のお薬との飲み合わせや体調などの変化により、副作用が起こることがあります。下記のような症状が出ている場合は、効果が強く出ている可能性があるため、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

症状

・いつもは出ないようなあざが出ている、あざが広がっている
・歯ぐきからの出血
・鼻血が止まらない
・おしっこの色が濃くなる
・目の充血
など

おわりに

私自身も、納豆が好きで、毎朝納豆を食べていますので、お薬によって、納豆が食べられなくなる患者さんのお気持ちをお察しします。
ただ、ワーファリンは、服用に大変注意が必要なお薬で、服用量も検査結果に合わせ、細かな調整が必要になります。

急に服用をやめたり、減らしたり、納豆を食べたりするなど、自己判断でしてしまうと、一大事になりかねません。

服用のリスクをしっかりと理解し、治療に専念しましょう。