目次【経口補水液OS1(オーエスワン)の正しい飲み方】

・OS1(オーエスワン)は病者用食品
・OS1は運動時に飲んでも良い?
・OS1(オーエスワン)の成分
・OS1(オーエスワン)とスポーツドリンクの違い
・OS1(オーエスワン)の正しい飲み方
・OS1(オーエスワン)取り扱い上の注意
・夏の脱水症状に注意
・冬にも脱水症状は起きる
・参考)OS1以外の脱水時に効果的な経口補水液
・おわりに

OS1(オーエスワン)は病者用食品

病者用食品って何?

OS1は、脱水状態の方が、水・電解質を補給するために摂取する「病者用食品」です。消費者庁から「個別評価型病者用食品」の表示許可を取得しており、特定の疾病に対する食事療法において効果が栄養学的に期待されます。

病者用食品とは、簡単に説明すると特別な症状に限定しての摂取を推奨する食品のことです。何も気にせずガブガブ飲めるような飲みものとは少し違います。

具体的には、OS1は、
●感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態
●高齢者の経口摂取不足による脱水状態
●過度の発汗による脱水状態
などの「脱水症状」に適しており、体から失われている水分や電解質をOS1によってすみやかに補給することができます。

OS1摂取上の注意

OS1の摂取上の注意には、下記のものがあります。
●医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲み下さい。
●医師、薬剤師、看護師、管理栄養士の指導に従ってお飲み下さい。
●食事療法の素材として適するものであって、多く飲用することによって原疾患が治癒するものではありません。

また、OS1は軽度〜中等度の脱水状態に効果的ですが、症状がひどい場合はすぐに医療機関を受診して下さい。

OS1は食事の代わりになる?

まれに勘違いされている方がいますが、OS1が食事の代わりになることはありません。あくまでも、脱水時などに体から失われている水分や電解質を補給する飲み物です。含まれるカロリーは少なく、食事の代わりにはなりません。そのため、「OS1を飲んだから食事を摂らない」ということがないようにしましょう。

OS1は運動時に飲んでも良い?

OS1は、過度の発汗による脱水状態にも適しています。そのため、激しい運動時などに過度に発汗しており、脱水症状の恐れがある場合に飲むと、すみやかに水分・電解質を摂り入れることができます。通常の運動時の場合はスポーツドリンクで十分です。

OS1(オーエスワン)の成分

製品としては、ペットボトルの液体タイプ(内容量500mL、280mL)とゼリータイプ(内容量200g)のものがあります。

OS1(オーエスワン)の成分

100g当たり
●エネルギー:10kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.5g ●食塩相当量:0.292g(ナトリウム:115mg) ●カリウム:78mg ●マグネシウム:2.4mg ●リン:6.2mg ●ブドウ糖:1.8mg ●塩素:177mg

OS1(オーエスワン)ゼリーの成分

100g当たり
●エネルギー:10kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.5g ●食塩相当量:0.292g(ナトリウム:115mg) ●カリウム:78mg ●マグネシウム:2.4mg ●リン:6.2mg ●ブドウ糖:1.8mg ●塩素:177mg

OS1(オーエスワン)とスポーツドリンクの違い

よく「OS1はスポーツドリンクとどう違うの?」と聞かれることがあります。

成分を見ていただくと分かりますが、OS1はスポーツドリンクよりも電解質濃度が非常に高く、糖質が少ないという特徴があります。OS1を飲むと、ちょっとしょっぱい味がするのは、塩分が多く含まれているためです。

ちょっとした汗をかいたときや運動時などでは、スポーツドリンクで十分ですが、過度の発汗や下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態では、電解質が過剰に不足しています。そういった時は十分な電解質の補給が必要なので、OS-1を飲む方が適しています。

参考)ポカリスエットの栄養成分(100mL当たり)

●エネルギー:25kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:6.2g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg ●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg
※OS1の栄養成分と比較すると、電解質の濃度が高く、糖質が少ないことが分かります。

OS1(オーエスワン)の正しい飲み方

年齢ごとのOS1摂取量の目安

乳児から高齢の方まで幅広く飲むことができます。

●学童〜成人(高齢者を含む):500〜1000ml(g)/日
●幼児:300〜600ml(g)/日
●乳児:体重1kg当たり30〜50ml(g)/日
※ gは、オーエスワンゼリーのみに適用する。

年齢に合わせて、目安量を参考に飲むようにしましょう。

こんな方はOS1の飲み過ぎに注意

OS1には、塩分ナトリウムが500mL中に約1.5g含まれています。
例えば、高血圧で治療している方の場合の目標塩分摂取量は6g未満です。
もし、OS1を1日2本飲んでしまうと、目標値の半分に相当してしまいます。

また、OS1にはカリウムなどの他の電解質も多く含まれています。
そのため、次の方は飲み過ぎに注意が必要です。

●高血圧や腎臓病、糖尿病の方などの疾患で、ナトリウム・カリウム等の電解質、食事制限をされている方
→通常よりも少なく飲むなどの注意が必要な可能性があります。主治医や薬剤師など専門家に必ず相談しましょう。

●健康で電解質を必要としない方
→健康でも飲むことに問題はありませんが、塩分が多く含まれているので、飲み過ぎには注意が必要です。あくまでも脱水症状を改善するもので、健康状態を良くするわけではありません。タウリンなども配合されておらず、滋養強壮などの一般的な栄養ドリンクとは違います。

OS1(オーエスワン)取り扱い上の注意

・OS1には、賞味期限があります。製造日から12ヶ月となっており、薬局・ドラッグストア等で購入した際、賞味期限を確認するようにしましょう。

・開封後は、しっかりとキャップをし、冷蔵庫に保管するようにしましょう。開封した後は、衛生面を考慮して、できるだけ早め(24時間以内)に飲みきるようにしましょう。

・夏場など、冷えたほうが飲みやすいからといって、凍らせないようにしましょう。凍らせてしまうと、液が膨張し、容器が破損してしまう場合があります。逆に、容器から中身をうつし、温めて飲むことは問題ありませんが、沸騰させたり、長い時間保温したりしないようにしましょう。

夏の脱水症状に注意

脱水症状を招きやすい食中毒や猛暑による熱中症が起こるのは「夏」です。

特にご高齢の方や、小さなお子さまは注意が必要です。ご高齢の方は、体内の水分量が少なく、普段より少し多く汗をかくだけで脱水状態になりやすいです。また、小さなお子さまは体の水分量は多いですが、水分量を調節する機能が発達していないため、病気や運動などで水分を奪われ脱水症状になりやすいです。

脱水の症状には、おしっこが少ない・出ていない、のどが渇く、くちびるが乾いている、顔色が悪い、ぐったりしているなどがあります。

このような脱水症状の予防として、軽症で経口摂取が可能な場合に、OS1が効果的です。脱水症状に備えて、ご家庭にOS1を用意しておくと安心です。

ただし、具合が悪く嘔吐がひどい場合など、経口摂取が難しい場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。適切な治療や輸液により、水分・栄養補給をしてもらう必要があります。

冬にも脱水症状は起きる

意外かと思われるかもしれませんが、冬にも脱水症状は起こる可能性があります。

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎やインフルエンザなどが原因で、高熱や嘔吐、下痢などが続くき、脱水症状になる危険があります。

OS1などの経口補水液を薬局等で事前に購入しておき、こまめに水分・栄養を補給することを心がけるようにしましょう。

参考)OS1以外の脱水時に効果的な経口補水液

OS1以外にも、市販で購入可能な経口補水液があります。代表的なものを次に紹介します。

明治アクアサポート / 明治

100g当たりの栄養成分
●エネルギー:9kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.3g ●食塩相当量:0.292g(ナトリウム:115mg) ●カリウム:78mg ●マグネシウム:1.2mg ●リン:13mg ●ブドウ糖:2.0mg ●塩素:177mg

OS1と同等のナトリウム・カリウムが含まれており、栄養成分としてはOS1と近いものになります。リンゴ風味が特徴です。

Newからだ浸透補水液 / 武田薬品工業

100g当たりの栄養成分
●エネルギー:9kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.3g ●ナトリウム:44.7mg ●カリウム:1.6mg ●マグネシウム:5.1mg ●カルシウム:1.5mg ●ビタミンB1 : 2.5mg

ナトリウム・カリウム量はOS1と比較すると少ないですが、他の経口補水液にはないビタミンB1を含んでいます。

経口補水液 / 日本薬剤

100g当たりの栄養成分
●エネルギー:10kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:2.5g ●ナトリウム:100mg ●カリウム:80mg ●マグネシウム:2.6mg ●リン:6.1mg

OS1と比較すると、若干ナトリウムが少ないものの、栄養成分としては非常に似ています。価格がOS1と比較すると安価です。

アクアソリタ / 味の素

100g当たりの栄養成分
●エネルギー:7kcal
●タンパク質・脂質:0g ●炭水化物:1.8g ●食塩相当量:0.2g(ナトリウム:80mg) ●カリウム:78mg ●マグネシウム:3.6mg ●リン:15mg ●カルシウム:10mg ●塩素:117mg

OS1と比較すると、7kcalとより低カロリーです。ナトリウム量はやや低めですが、マグネシウムやリンは多く含まれています。りんご風味やゆず風味のものもあります。

アクアライトORS / 和光堂

消費者庁許可 個別評価型病者用食品
100g当たりの栄養成分
●エネルギー:16kcal
●タンパク質・脂質:0g ●糖質:4.0g ●食塩相当量:0.2g(ナトリウム:80mg)

OS1と同様に個別評価型病者用食品の表示許可を取得しております。りんご風味で、赤ちゃんなど小さなお子さん向けの経口補水液としておすすめです。その他、アクアライトシリーズは小さなお子様向けに、りんご味、白ぶどう味、粉末タイプなど充実しています。

OS1以外にも、様々な種類の経口補水液が販売されている

上記で説明しましたとおり、脱水症状の予防に効果的な経口補水液としては、OS1以外にも様々なものが販売されています。それぞれに特徴があり、栄養成分に違いはあるものの、どの飲料水でも脱水症状の予防には効果的です。味の好みもあるため、ご自身でどの経口補水液が良いか選ぶことをおすすめします。
どの経口補水液が適しているか分からない場合は、店頭のスタッフに相談してみましょう。

おわりに

脱水時に経口補水液として効果的なOS1(オーエスワン)について参考になりましたでしょうか?

OS1の特徴をしっかりと理解して正しく飲めば、脱水症状の予防にとても効果的です。

ただ、脱水症状でも、いつもと様子が違う、症状がひどい、経口摂取ができない場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。病院で、正しい処置を受け、輸液の点滴などにより、水分・栄養補給をしてもらうことが大切です。